教育情報コーナーからのお知らせ 9月号

 

夏休みが終わり、学校は子どもたちの元気なあいさつと明るい笑顔でいっぱいですね。

でもおや、いつもとちょっとちがうぞ?いろんなかたちで表れる子どもたちの変化。

チェックし、早めの対処でのりきっていきましょう。

『心を育てる学級経営2008.10より』kokuban.gif

 

(1)当たり前が少し崩れる
席に着くのが遅い子が増える
忘れ物をする子が増える


 

(2)子どもと教師の関係が少し崩れる
言うことに反発してみせる子が増える
指示に従わない子が増える


 

(3)子どもと子どもの関係が少し崩れる
乱暴な言葉遣いが広がり、喧嘩が増える
遊びの固定グループが増える

 

(4)授業中の態度・様子が少し崩れる
学習の準備をしない、ノートをとらない子が増える
私語をする子が増える

  早めの対処で、楽しい学校へ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 教師が全面ではたらき掛ける
ほめる・叱るの基準が一貫し公平か(タイミングと場。感情に流されない演技。)
一人も残さず好意感情を伝えているか(この子はいない方がいいと思ったら負け)
小さなよい事実を大きく光らせているか
子どもへの指示は一時一事で、明瞭か
自信の得意技を披露し生かしているか

 子どもが子どもにはたらき掛ける
学級で楽しいことをやる機会はあるか(子どもがやりたいと思い、仕切る。)
話合いでルールを決める体験はあるか(お互いの思い、願いを伝え合う。)
様々なグループの活動を進めているか
父母参加の大きめのイベントをしたか
子どもの遊びの中に入り遊んでいるか

 

undoukai.gif

 

月別 アーカイブ

サイト内検索