教育情報コーナーからのお知らせ 1月号

 kadomatu.gif新年あけましておめでとうございます。
本年も教育情報コーナーを、よろしくお願いいたします。
 kadomatu.gif
今年の干支は『寅』。関西では、おなじみの“虎”今年に期待いたしましょう。
どんなときにも、積極的で、元気な一年でありたいですね。
恒例、今年の干支の『寅』にちなんで、トラの出てくる世界のことわざをご紹介します。

 『虎穴に入らずんば虎児を得ず』
<日本>のことわざ
 虎の住む穴に入らないと虎の子を得ることはできないように、思い切った危険を冒さないと大きな成果は得られないということ。『後漢書』に見える句。

 『凶悪な虎も身中の蛇には手を焼く』
<中国>のことわざ
 勇猛な人物でも、内部に入り込んだ敵はなかなか始末しにくい「獅子、身中の虫」にちかい。

 『こっちに虎、あっちに大河』
<インド>のことわざ
 絶対絶命のピンチのこと。

 『負けた賭博師は虎と同じ』
<インド>のことわざ
 賭博で負けると、人はいきり立つ。そしてさらに勝負を挑みたがり、断られるとますますいきり立つ。

 『虎が大きければ足跡も大きい』
<ビルマ>のことわざ
 地位があがれば、それだけ物いりになる。

 『虎の跳梁せるところに行き不運なりと嘆くなかれ』
<ビルマ>のことわざ
 「君子は危うきに近寄らず」
 自分の愚鈍、むこうみずを省みずに運のせいにしてはいけない。

 『水は舟に依り森は虎に依る』
<タイ>のことわざ
 逆説的な言い方だが、舟があるために水の有難さがわかり、虎がいるために森は踏み荒らされずに守られる。人は実は意外なものにも助けられているのだ、ということ。

 『虎を恐れず、虎の糞を恐れる』
<カンボジア>のことわざ
 物事の本質を間違えている、という意味の成句であるが、本質を間違えるな、ということわざとしても使われる。

 『虎の縞模様は表にあり人の姿は内にある』
<チベット>のことわざ
 外見からは人の真の姿は判断できない。

 『生きた虎の前に出られぬ者が、死んだ虎のひげをひっぱる』
<ネパール>のことわざ
 強い者に対して媚びへつらう者は、相手が弱いと見ると痛めつける。

 『虎は年をとっても、斑点は失わない』
<スリナム>のことわざ
 生まれつきの性質は一生消えることはないの意味か。腐っても鯛か。

 『虎を画がきて成らず、かえって狗に類す』
<中国古典>のことわざ
 高望みをして他人のやり方をまね、失敗して笑いものになる。『後漢書』馬授伝。

 『龍が欲する青き水は、いつか尽きる 虎が跳躍する黒山は、いつかくずれる』
<シルクロード・西夏>のことわざ
 「龍は青海の水を望んで天降ってくるが、その水はいつかはつきてしまうだろう。黒山を虎は跳びはねて暴れているが、それもいつかはくずれてしまうだろう。」
 栄枯盛衰、盛者必衰、いつまでも同じ状態はつづかない、因果はまわる。
 

月別 アーカイブ

サイト内検索