平成26年度 幼児教育研修講座(3) (7月25日)

 関西国際大学の音楽室をお借りして、研修講座を実施しました。1人1台のピアノやたくさんの楽器が備わっていたので、しっかり楽器に触れることができました。演習「音楽づくり」でストーリーを絵で描き、それに音楽をつける活動があったのですが、受講された先生方が即興で創りあげていたことに驚きました。すごいです!

講話・演習 「関西国際大学で学ぼう~音感を楽しみ感性を育てる~」
        関西国際大学 准教授  島川 香織 氏 
 
 

 1 幼児にとって音楽とは

 2 幼児期の音楽教育

 3 幼児期の音楽教育の将来性

 4 音楽にとっての子ども

 5 幼児にとってのわらべうた

 6 音楽と感性

 7 子どもの感性と音楽

 8 子どもと音楽の鼓動

 9 乳幼児期の音感

10 乳幼児の摸唱と音楽反応

11 年齢別での摸唱

12 絶対音感について

13 コダーイ・メソッド

14 ダルクローズ・ユーリーズミックス

15 サウンド・エデュケーション


演習

  1. サウンド・エデュケーション
  2. 音楽づくり
  3. わらべうたによるソルフェージュ「ほたるこい」
  4. 音楽に合わせて音感を高めよう
  5. 音感と身体の動き・カノン・オスティナート 
     
 h260725youji3_1.jpg
 h260725youji3_2.jpg
 h260725youji3_3.jpg

【アンケートより】
  •  ドレミで教えるのではなく、高低差を身体で表現するなどのワークショップがあり、楽しめました。
  • ワークショップは楽しく身についたと思います。保育で実践できる内容で良いと思いました。
  • 子どもたちの自由な感性を大切にし、音楽に親しむこと、音楽を楽しむことを心がけて実践していきたいと思います。

 

 

月別 アーカイブ

サイト内検索