平成26年度 技術科教育研修講座

平成26年7月28日(月)に産業技術短期大学にて、産業技術短期大学教授 福田 芳行 氏、同大学講師 久保田 憲司 氏を講師として研修を行いました。午前は講話と施設見学を通して、午後からは実際に製作活動を通して「ものづくり」の楽しさについて考える機会を持ちました。

午前と午後の二部に分けて、産業技術短期大学において行った研修であった。
 


【午前の部】 8号館 講義室

  講話および見学
   「風車に込めたものづくりへの思い」
  講師
   機械工学科 教授 福田 芳行 氏


 1 尼崎市における風力の活用実現へ

 2 風車の開発について
   都市型風車の条件
   (安全性・静粛性・美観性・効率より効果)

 3 風車の活用事例紹介
   デモ機1号:滋賀県大津市
   デモ機2号:神戸市兵庫区

 4 施設見学


【午後の部】 ものづくり工作センター

  演習
   「金属加工によるブックエンド製作」
  講師
   ものづくり工作センター 久保田 憲司 氏


 1 ものづくりについて 

 2 製作作業
   金属板から手作業で、ブックエンド(1組)を製作
 

h260728gijutuka1.jpg

h260728gijutuka2.jpg

h260728gijutuka3.jpg

【アンケートより】

☆ 想像力が創造力を育み、人の思いこそがそれを成すことができるということを強く感じることができました。尼崎発信の技術が世界へと広がりを見せるためには、学校教育の中でも思いを大切した指導が必要であると改めて考えることができました。
☆ 昨年も楽しくものづくりができたので、今回も参加しましたが、本当に楽しく学ぶことができました。実際に作ってみることの大切さ、おもしろさをもっと他の教員にも知ってもらいたいと感じました。
 

月別 アーカイブ

サイト内検索