平成27年度 教科に向けての外国語活動研修Ⅰ(1)(2)

教科化に向けての外国語活動研修Ⅰ―(1)(2)
【英語教育の教科化を踏まえた国の動向と英語教育の考え方】

  
7月24日(金)と7月29日(水)
関西大学 教授 今井  裕之氏
 
「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」 

2020年度から、小学校3,4年生は週1~2回の「活動型」での外国語活動授業、
小学校5,6年は「教科型」として週3回の実施となります。
まだまだ、研究の余地がありますが、来たる2020年度に、
児童の教育できるように、今からの準備が大事になると思います。

さて、
「私たちにできること」
「私たちがすべきこと」に目を向けていく必要があります。

○外国語でコミュニケーションを経験しその楽しさ、もどかしさ、恥ずかしさ、
  厳しさを実感することでコミュニケーションの意義を知らせること。
○小学校が、言語活動中心の授業の基礎をつくること。
○小中を結ぶ CAN-DOリストによる4技能の目標の共有を図ること。
 
h270729gaikokugo1_02.jpg


h270729gaikokugo1_01.jpg

 【アンケートより】

*自分が知っている英語の知識で考えるのではなく、
    子どもたちに指導する場面を想像 しながら研修を受けることができました。
*話が自分の中に入ってくる内容・口調でした。
    チャンツの意味をしり、軽視していたことに気づき、反省しました。
*参加型の研修が良かったです。はじめて、英語の指導に関する話を聞き、相手意識・
    目的意識など、国語科と同じだなと思いました。
*わかりやすいお話で、大変勉強になりました。具体的なお話でしたので、
    2学期からの外国語活動に活かせたらと思います。
 

 

 

月別 アーカイブ

サイト内検索