創立100周年 記念式典

 平成25年11月16日(土)に市立尼崎高校の創立100周年の記念式典と祝賀会を行いました。
在校生・尼女と市尼の同窓生・旧職員・教育委員会などたくさんの方にお祝いして頂きました。
 式典では、尼女の校歌の披露や市尼の校歌を斉唱しました。記念講演では、南果歩さんが来てくれました。
南果歩さんがバトントワリング部に所属していたため、現バトントワリング部の演技と体操部による演技で講演が始まりました。

<式典のプログラム>

 アルカイックロビーには、いっちー人形、市尼の旧校舎と新校舎、電脳コミュニケーション部のペットボトルキャップアート、書道部
の展示で式典に花を添えました。
 また、筝曲部の演奏と茶道部のおもてなしが好評でした。
 いよいよ式典の始まりです。式辞、祝辞とプログラムは進んでいきます。
100年の歩みは、尼女が出来たときの写真や上ノ島に移転したこと、震災で校舎が
壊れ建て直したことなど、現在に至るまでの尼女・市尼の歴史を紹介しました。
 また、尼女の校歌披露では、吹奏楽部員も歌いました。
*こちらの式典の様子をクリックすると
  写真がもっと見れます
式典の様子
 式典の第U部は、南果歩さんの講演会です。
体操部の演技とバトントワリング部の演技のあと、南果歩さんが登場しました。
 高校時代、バトントワリング部に所属していた南果歩さんを現在のバトントワリング部
の生徒達がエスコートしました。
講演は南さんと同級生の野口緑さんとの対談形式で進みました。
*こちらの講演の様子をクリックすると
  写真がもっと見れます
講演の様子