教育目標

●●大庄小学校 学校目標等大庄小学校 学校目標等
■学校教育目標
 人間尊重の精神に徹し、豊かな心と自ら学ぶ力をもち、共にたくましく生き抜く子どもを育成する。

■経営目標
 全ての児童が、生き生きと活気に満ち、充実した生活をおくり、一人ひとりが個性豊かに、日々成長していく学校づくりをめざす。

■めざす学校像
(1)心のふれあいを大切にし、笑顔と活気あふれる学校。
(2)歴史と伝統をふまえ、地域社会に根ざした信頼される学校。

■めざす児童像
おおらかな心とたくましい体をもつ子
しっかり学び、がんばり続ける子
よろこびやかなしみを分かちあえる子
うつくしさや正しさを求める子

■努力事項
やさしい子・・・ちょっとした気くばりができる子
いたみがわかる子・・・友だちのいたみを自分のいたみとしてわかる子
熱中する子・・・めあてをもって、最後までがんばり通す子

■授業の充実
(1)子どもが主役で、主体的・意欲的に学習に取り組む授業の創造に努める。
(2)学力向上をめざし、基礎的・基本的事項の習熟に努める。
(3)地域の自然や文化を生かした教材の開発と授業の実践に努める。
④教育専門職としての使命と責任を自覚し、信頼と尊敬を得られるよう研究と修養を重ね、指導力の向上に努める。

■学年、学級経営の充実
 学年や学級の実態に則した基本的生活習慣の形成、健康教育、安全教育の充実と徹底に努める。
 人間的なふれあいに基づく生徒指導を推進する。そのため、校内の教育相談機能を図り、心の教育を推進する。

■道徳・人権(同和)教育の深化と充実
(1)人権意識を育て、相手の立場に立って考え行動できる、思いやりのある心を育てる。
(2)認め合い、支え合い、励まし合う、仲間づくりを推進する。
(3)全教育活動をとおして、人権尊重の精神を培い、正しく判断し、実践・行動できる態度を育てる。

■総合的な学習への取り組み
(1)各教科の基礎・基本の定着を図り、自ら学ぶ力を育成する。
(2)総合的な学習を校内研究として取り上げ、生活科とともに全教職員で研究・研修を深める。
(3)体験的な学習や問題解決的な学習を積極的に推進し、めざす子ども像への共通化を図る。

■特別支援教育の推進
(1)特別支援教育推進体制を確立する。
(2)障害のある児童のニーズに応じた指導の充実を図る。
(3)障害児と健常児が互いに理解を深め、ともに生きる自覚を高める。
(4)障害に負けず、自立しようとする意欲や態度を培う。

■体位、体力の増進
(1)体位・体力の向上と、健康の保持・増進を図る。
(2)個人や集団により、自己を鍛えるように努める。

■環境の整備
(1)施設・設備の整備と活用に努める。
(2)より一層の美しい学校づくりに努める。
(3)飼育・栽培活動をとおし、生命尊重の心を培う。