児童の活動

一年生を迎える会

P1030183.JPG P1030176.JPG P1030179.JPG P1030190.JPG P1030197.JPG P1030174.JPG 

 

5月8日(火)一年生を迎える会《なかよくしよう1年生の会》を体育館で行いました。

まず1年生が並んで入場してきました。

次に、児童会長からの歓迎の言葉と2年生から6年生が校歌を歌ってあげました。

その後は、2年生から歌とあさがおの種、3年生からは歌、4年生からリコーダーと歌をプレゼントしました。

全校生でゲームでは、はまだ小学校○×クイズを行い、大盛り上がりでした。

最後に1年生から歌のお礼がありました。

入学生して、まだ1ヶ月足らずの1年生でしたが、とても上手に、そしてかわいく歌を歌っていました。

最後に1年生の退場。

浜田小学校では毎年5・6年生が騎馬を組んで1年生を乗せて花道を通ります。

一年生にとっては、たぶん初めての騎馬。

少し緊張している子もいましたが、どの子もとてもうれしそうでした。

 

離任式

CIMG2006.JPG CIMG2034.JPG  CIMG2058.JPG 

4月12日木曜日、お世話になった先生方とのお別れの会、離任式が行われました。

春というのは出会いもあれば別れもある。

先生方おひとりおひとりからメッセージをいただき、子どもたちからも感謝の言葉と花束のプレゼントを渡しました。

さみしくて泣いている子もいました。

また、ぜひ浜田小学校に遊びに来てほしいです。

今までありがとうございました。

 

入学式

4月10日火曜日に入学式が行われ、新1年生52名が浜田小学校に入学してきました。

子どもたちは大きくて新しいランドセルを背負いながら、おうちの方に手を引かれて少し緊張している様子でした。

入学式では広い体育館にたくさんの保護者や職員がおり、終始緊張しながらも、静かにお話を聞くことができました。

1年生を歓迎して2年生から歌と合奏のプレゼント。

たったの1年でこんなにも成長するのだなと、すばらしい演奏やメッセージにたくさんの方が感心されていました。

 

着任式・始業式

4月9日月曜日。

1年ずつ進級した2年生から6年生までが元気に登校してきました。

新しいクラスはどんなクラスかな?担任の先生は誰かな?ドキドキわくわくしていました。

まずは新しく浜田小学校に来られた4名の先生方の着任式が行われました。

その後始業式を行いました。

運動場での始業式でしたが、校歌も大きな声で歌うことができました。

そして、待ちに待ったクラス替え。

各学年別々の場所に移動して、一人ひとり名前が呼ばれました。

この一年間、新しい仲間と仲良く楽しく学校生活を送っていきましょう。

 

6年生を送る会

P1030094.JPGP1030101.JPGP1030112.JPGP1030115.JPGP1030121.JPGP1030124.JPGP1030138.JPGP1030147.JPG P1030152.JPG  

3月1日(木)1校時から6年生を送る会「ありがとう6年生の会」が行われました。

5年生のリコーダー奏に合わせて6年生が入場したあと、全校生で校歌を歌いました。

そのあとは、歌やリコーダーの演奏、メッセージや手作りのものを渡すなど、各学年からの心温まる出し物が披露されました。

みんなでゲームでは、6年生に関係する○×クイズで盛り上がりました。

6年生にインタビューでは、それぞれの質問に突然マイクを向けられるというものでしたが、6年生は恥ずかしがりながらも楽しみながら答えていました。

6年生からは、お礼の言葉と共に、合奏のプレゼントがありました。

そしてお待ちかねのくす玉割り。

なかなかくす玉が割れず苦労しましたが、割れるまで大盛り上がりでした。

最後は、みんなで歌おう。

体育館に全校生の声が響き渡り、感動的な時間となりました。

歌のあとには、在校生から「ありがとう えがおのヒーロー 6年生」というメッセージが送られ、6年生もとても喜んでいて、すばらしい会になりました。

 

長縄大会

P1030030.JPG P1030034.JPG P1030080.JPG P1030077.JPG P1030089.JPG 

2月5日(月)の朝に長縄大会がありました。

早い時期から練習を始め、大会直前には寒い中、たくさんのクラスが休み時間に練習する姿が見られました。

当日は、各クラス2グループに分かれ跳びました。

本番では、まず1・2年生とはまだ学級が挑戦。

1年生は初めてでしたが、一生懸命に力を合わせて跳んでいました。

次に3年生と5年生、4年生と6年生と順に挑戦していきました。

高学年の跳び方は圧巻。会場から、すごい~速い~という歓声が、自然と聞こえてきました。

1位だった6年生は、なんと3分間で639回でした。

どのクラスも、力を合わせてがんばりました。

 

図工展

CIMG0977.JPGCIMG0972.JPGCIMG0964.JPGCIMG0970.JPGCIMG1004.JPGCIMG1001.JPGCIMG1002.JPGCIMG0957.JPGCIMG0953.JPG 

11月21日火曜日から23日木曜日まで図工展が行われました。

1年生にとっては初めての図工展。立体作品の『おしゃれなさかな』では、色とりどりのお魚が、まるで泳いでいるかのようでした。

2年生にとっても初めての図工展。平面作品の『ザリガニ どん!』では、大迫力のザリガニが並んでいました。

3年生の立体作品『ぬのから生まれた』は、子どもたちが小さいころに使っていた服などを使い、個性豊かな人形ができあがりました。

4年生の平面作品『恐竜が来たぞ~!輝く鳥とおどろう!』では、いろいろな絵画の技法を使って、色鮮やかな作品が完成しました。

5年生の立体作品『キラキラ モビール』は、1枚の板から作ったとは思えないほど、複雑な素敵な作品でした。自然の風で鳴る音がとてもきれいでした。

6年生にとっては最後の図工展。平面作品の『龍神現る』では、思い思いの龍を力強く表現していました。6年間の成果を、十分に発揮した図工展でした。

その他、はまだ学級や手作りクラブなど、個々の作品も展示されました。

浜田小学校の体育館が、この3日間は立派な美術館のようでした。

 

 

5年生自然学校

DSCF7403.JPG DSCF7396.JPG DSC00296.JPG DSC00308.JPG DSCF7514.JPG DSCF7566.JPGDSCF7553.JPG DSCF7420.JPGDSC00337.JPG

 

10月9日(月)~10月13日(金)までの5日間、丹波少年自然の家で自然学校が行われました。

豊かな自然に囲まれ、普段の生活では体験できない様々な体験をすることができました。また、5日間、学年のみんなと寝食をともにすることで、人と関わることの喜びや難しさ、支え合うことの大切さを知ることができました。そして、生活に関わる全てのことを、自分でしなければならないという状況の中で、お家の方のありがたさを感じることもできました。

自然学校を通して、子ども達は大きく成長することができました。

 

 

5年生自然学校4日目

image1.JPG image2.JPG

丹波は、昨夜激しい雨となりました。朝はあがっていたのですが、野外炊事の説明を炊事場で聞いているとき、また激しい雨が降ってきました。(屋根があって良かったです。) 
 活動がはじまると雨もやみ、かまど係・飯ごう係・カレー係に分かれて協力して昼食作りに取り組んでいました。おいしいカレーが出来上がりましたよ。

第67回体育大会

P1020413.JPG P1020451.JPG P1020455.JPG    P1020619.JPG P1020552.JPG P1020563.JPG P1020709.JPG P1020680.JPG   

 

9月30日(土)第67回体育大会が行われました。お天気にも恵まれて、子どもたちは練習の成果を十分に発揮することができました。

1年生の『ダンシング玉入れ』は、チェッチェッコリのリズムに合わせながら腰を振る姿がとてもかわいかったです。2年生の『大玉転がし』は、身長よりも大きな大玉を2人1組で一生懸命に転がしている姿がとても印象的でした。1・2年生の『みんないっしょにきらきらキラー』は、手にカラフルなキラキラポンポンをつけてダンスをしていました。跳んだり走ったりしながら踊って、何をしても本当にかわいかったです。

3年生の『綱引き』は、2回戦とも大接戦の末、引き分け。赤組白組どちらも最後まで粘って、とてもよくがんばっていました。4年生の『棒引き』は、誰がどの棒を狙って走るか、どの棒の応援にいくかなど、力だけでなくかけ引きなども必要になる競技です。一生懸命に棒を引っ張りながらも、考えながら動いている子もいて、見ていてとても楽しかったです。3・4年生の『浜田ソーラン2017』は、法被を工夫して取り入れたり、腰をしっかりと落として力強く踊って?いる姿がとても格好良かったです。

5・6年生の『騎馬戦』は、ただ帽子を取りに行くだけでなく、力強く相手に向かっていくなど、とても迫力のある戦いになりました。プログラム最後の『組体操』では、全員で息をそろえて技をし、一度で成功しなくても最後まであきらめずにがんばる姿が見られました。大技、ピラミッドやタワーもバッチリ決めることができました。最後には、担任の先生へ子どもたちからのサプライズ。会場が、感動に包まれました。