2016年10月アーカイブ

H28_1031-1.jpgH28_1031-2.jpg

先週一週間は「読書週間」でした。

27日(木)の朝学習の時間にペア学級による読み聞かせを行いました。

上の写真は、1年生の教室に行った6年生が絵本を読んでいるところです。

低学年のお世話をしている時の高学年の子の顔っていいですね。

学年でいるときよりも、楽しそうで・・・何とも言えないほどすてきな優しい顔になっています。

1年生とコラボしながら、一緒に絵本の世界を楽しんでいる男の子、まるでお母さんになったような

感じで1年生を包み込みながら絵本を読んでいる女の子・・・みんなとってもよい雰囲気でした。

 

もちろん自分の教室に戻れば、いつものやんちゃな顔に戻るのでしょうが、普段とはちょっと

違ったその顔が何だかとってもお兄さんやお姉さんの顔に見えました。

読んでもらった低学年の子どもたちの心の中には、きっとこのお話がいつまでも残っていると

思います。とってもすてきな読書週間のイベントでした。

H28_1028-1.jpgH28_1028-2.jpg

昨日の3時間目に、毎年恒例のPTA活動の一環として、4年生学年活動「落語鑑賞会」が行われました。

落語をしていただいたのは、立花西小学校の卒業生の保護者でもある「笑福亭銀瓶(ぎんぺい)師匠」です。

 

落語には、本編に入る前に必ず「まくら」という演目にあった話が入ります。自己紹介をしたり、小噺(こばなし)

があったりと、「まくら」によって徐々に落語の世界に引き込まれていきます。

銀瓶師匠は、「落語とは何ぞや?」ということで、小噺をとおして落語の魅力について説明してくださいました。

  • 「はとがなんか落としたでぇ。」「ふ~ん。」
  • 「隣の家に囲いができたなあ。」「へい。」

落語や小噺(こばなし)には必ず「落ち(さげ)」があります。話を聞いて、頭の中で想像して、その落ちが理解

できるようになるのがちょうど4年生の頃だそうです。立西っ子たちは、この辺りでどっぷりと「銀瓶ワールド」に

浸って、繰り出される言葉にどっと大笑いしていました。師匠の話術ってすごいなぁと思いました。

 

さて、本題の落語は「動物園」という演目でした。

ご存じの方も多いと思いますが、職についていない男が、日給2万円のバイト料で、トラの毛皮を被って

動物園のおりに中に入るというお話です。

子どもたちにとって、生で落語に触れる貴重な体験をすることができ、また心から笑える素敵な時間と

なりました。参加されていた保護者の方も本当に楽しそうに笑っておられました。落語は、4年生の国語

の教科書にも載っています。「芸術の秋」として、日本の古典芸能に親しむにはピッタリな行事でした。

最後に今年の4年生はとてもノリがよかったと、銀瓶師匠にほめていただきました。

笑福亭銀瓶師匠、本当にありがとうございました。

H28_1027-2.jpgH28_1027-1.jpg

昨日の給食は、尼崎市市制100周年記念給食でした。

写真のとおり、尼崎市米と尼いもを使った「尼いもごはん」、尼の生しょうゆを使った「小松菜料理」、

「祝」の字の入ったなると、尼崎市米の米粉を使った「メープルマフィン」・・・どれもとっても美味しかったし

尼の味が感じられました。

 

尼崎にはこの他にも、「ぽんず」や「ソース」、「水飴」など食に関するもので有名なものがあります。

これを機会に、尼崎の食文化?を再発見するのもいいですね。

ちなみに校長先生は、尼崎の「あんかけちゃんぽん」が大好きです。

H28_1026-1.jpgH28_1026-2.jpgH28_1026-3.jpg

読書週間第三弾として、「ひまわりの会」のみなさんのお話会がありました。

2校時から4校時まで各教室を回って、2つから3つのお話や本の読み聞かせをしていただきました。

北図書館ボランティア「ひまわりの会」のみなさん、毎年すてきなお話のプレゼント、ありがとうございました。

 今年は、「まめうしくん」、「そらとぶこくばん」、「ブータン」、「オオカミのはつこい」などの絵本の読み聞かせと

「さるかに」、「こすずめのぼうけん」、「どろにんぎょう」、「四人のなまけもの」などのすてきなお話を聴かせて

いただきました。

 

1本のろうそくに灯が点された瞬間、お話の中「ファンタジーの世界」に入っていきます。

「どろにんぎょうに飲み込まれたら大変だぁ!」、「魔法のかさってどんなかさだろう?」、「こすずめも

飛ぶのが大変だなぁ。」・・・自分がお話の中に入っていって、ワクワク・ドキドキ・ハラハラ・・・

一人ひとりが自分の頭の中で想像を膨らませながらお話を聴いていました。

 

5年生の教室では、時間があったので、もう一冊「たまごにいちゃん」を読んでもらっていました。

5年生と言えども、「たまごにいちゃん」の中にどんどん引きずり込まれて、どっぷりとお話の世界に

浸っていました。高学年になっても、このような純真な気持ちを持つことって大事ですね。

お話を素直に聴くことで心がどんどん豊かになっていく。これが子どもたちのすばらしいところです。

 

お話の世界「ファンタジー」には、入り口と出口があります。

最後にだれかが、ろうそくの灯を吹き消して現実の世界へと戻ります。その時に一人ひとり心の

中で一つ願いごとを言います。お話の世界を信じる心豊かな子には、きっといつか、その願いごとが

かなうことでしょう。でも、決して何を望んだかは人に言っちゃあいけないのです。

今日は、校長先生も2つの教室でろうそくを吹き消させてもらいました。

その時に、「立西っ子全員の願いごとが、かないますように!」・・・と、お願いしておきましたよ。

あれ、言っちゃった!

H28_1024-3.jpg

今週は読書週間です。

昨日はさっそく、「よもよも」さんの読み聞かせ会 大型紙芝居「あしたもともだち」が

視聴覚室で行われました。

この本は、「おれたち、ともだち!」シリーズの中の1冊です。

仲良しのオオカミさんとキツネくんですが、何か関係がよそよそしくなってきました。

その訳はいったい何でしょう?

「よもよも」のみなさんが歌を歌いながら、すばらしい「ともだち」の世界を見せてくれました。

悪ぶっていてもクリをふまずに歩くオオカミさん、それに気づくキツネくん・・・すてきなともだち

ですね。

 

 また、今朝は図書委員会の子どもたちによる図書集会が体育館で行われました。

H28_1025-1.jpgH28_1025-2.jpg

 第1部は、図書委員会によるリレー読み聞かせで、「ひみつのカレーライス」を聴かせてくれました。

カレーライスが大好きなフミオくん一家にカレーのタネが現れ、カレーの木が育っていきます。

こんな木があれば、毎日おいしいカレーライスがたんまり食べられて幸せですね。

 

第2部では、先日行われた本市の読書感想文コンクールで1年生の男の子が教育長賞をいただいた

ので、そのすばらしい感想文を本人に朗読してもらいました。

いじわるや自分勝手なことをすると黒コインがたまり、勇気を出したり努力するとピカピカの銀コインが

たまる「きもち銀行」・・・黒コインが満杯になると「なんとかせい!」と変な番頭さんがやってきます。

さあ、みんなならどうするかな?

 

まだまだ読書週間のイベントは続きます。明日もお楽しみに!

H28_1024-1.jpgH28_1024-2.jpg

秋晴れの絶好のお天気の下、1年生・2年生・3年生の子どもたちがイモほりをしました。

もちろん子どもたちだけではできません。イモほりに先だって、久保さんを中心にした農園ボランティアの

方々がつるきりなどの作業をきちんとしてくださっています。本当にありがたいことです。

 

1校時は3年生、2校時は2年生、3校時は1年生が、立西農園へ行ってサツマイモをほってきました。

下準備がばっちりとできてあるので掘りやすく、子どもたちはどんどん大きく育ったサツマイモを掘り出して

いきました。たくさんとれた子は、「こんなにとれた!」「オレ、3つもとれた!」などと大きな声を出して喜んで

いました。

農園ボランティアのお母さん方にお手伝いいただき、本日の収穫はばっちりでした。収穫したサツマイモ

たちは学年毎に集められて、収穫祭がされると思います。

さて、今年のサツマイモのお味はどうかな?

H28_1019-5.jpgH28_1019-6.jpg

先週になりますが、19日に3年生が立西農園へ大豆の収穫に行きました。

農園ボランティアの久保さんにいろいろと教わりながら、みんなで力を合わせて大豆を抜きました。

今年の大豆は雨の加減で少し生育が悪く、できの方はあまりよくないらしいですが、それでも子ども

たちの大切な大豆です。ていねいにしっかりととってきました。

 

国語の学習に中でも、「すがたをかえる大豆」、「食べ物のひみつを教えます」という教材があります。

さてさて、3年生が収穫したこの大豆は、いったいどんなものに変身するのでしょう?

それはまた、3学期のお楽しみということで・・・。

H28_1022.jpg

10月22日(土) 今日は第37回 立花西小学校地域開放運動会が行われました。

朝早くから、開放運営委員会のみなさんが中心となって準備をして、9:30に開会しました。

今日はお天気の心配もなく、涼しい一日だったので、とてもよかったです。

  ◆ プログラム ◆

  1. 紅白ボールはこび
  2. 棒引き
  3. けつ圧測定
  4. おやつの時間
  5. でかパンリレー
  6. つなひき
  7. スプーンレース
  8. あめ食い競争
  9. 障がい物競走
  10. 玉入れ
  11. パン食い競争
  12. リレー

学校の体育大会にはぜったいないような競技もあり、参加した子どもたち、地域の方々、

学校開放事業で本校を使っているみなさん方全員で楽しい半日を過ごすことができました。

最終競技のリレーには、急きょ先生チームも参加しました。子どもたちが手強そうだったので

トップの体育主任山村先生が本気で走ったため、ついつい続いてほかの先生も一生懸命

走ってしまったら、何と先生チームが優勝してしまいました。

子どもたちからは、「さすが先生たちは速いなぁ!」と、賞賛の声があがると思いきや・・・

「先生たち、大人げないなぁ・・・。」という非難の声とブーイングばかりでした。

せっかく一生懸命走ったのに、残念!!

それでも、誰一人ケガをすることもなく、たのしい運動会でした。いろいろと準備してくださった

立花西小学校開放運営委員会、立花西小学校区福祉協会、立花西小学校利用者チームの

みなさん、ありがとうございました。

平成28年度 連合体育大会

H28_1021-1.jpgH28_1021-3.jpg
H28_1021-2.jpgH28_1021-4.jpg

爽やかな秋風の吹く中、第53回尼崎市立小学校連合体育大会がベイコム陸上競技場で開催されました。

市内の小学校6年生3千数百人が一堂に会し、日頃の練習の成果を発揮し合いました。

ベイコム陸上競技場は公認の陸上競技場ですので、ここで世界記録が出たら、その記録は世界記録として

認定される競技場です。確か、以前女子5000m走で世界新記録が出たと思います。

まあ、世界記録は夢の話ですが、学校での自己ベストを更新しようと、全員が全天候型のコースで100m走の

記録を計りました。

 

さらにもう1種目、50m走、40mハードル走、400mリレー、走り幅跳び、ソフトボール投げの中から1つに

出場し、自己記録の更新に挑戦しました。

走り幅跳びなど、慣れないフィールドでちょっと手こずった種目もありましたが、多くの子が自己ベストを更新

できて、晴れ晴れとした顔で学校に帰ってきました。あのようなすばらしいトラックを走る機会はめったにない

ので、みんな卒業までのよい思い出の一つになったことでしょう。

さあ、次は音楽会目指してがんばりましょう!

H28_1020.jpg

昨日、南武庫之荘中学校で合唱コンクールがあったので、行かせてもらいました。

第45回文化発表会の一環として、「南武の舞 ~2016 秋の陣~」というスローガンの

もと、19日(水)に各学年の合唱コンクール、21日(金)に舞台発表&展示発表が

開催されます。

残念ながら、19日の午前中に行われた1年生と2年生の合唱は聴けなかったのですが、

午後の3年生の部はしっかり聴かせてもらって、感動して帰って来ました。

3年生は課題曲の「聞こえる」と各クラスの選択曲を1曲歌っていました。

「聞こえる」は、同じ曲でありながら6クラスともそれぞれ個性が出ていて、聴いていて

楽しかったです。選択曲もクラスでいろいろ話し合って決めたんだなぁという、クラスの

想いが伝わってきました。

立西っ子OBも指揮や伴奏、そしてクラス紹介でがんばっていましたよ。

 

さて、11月18日、19日は、本校の創立50周年記念音楽会を開催します。

中学校の先輩たちも聴きにきてくれるかもしれません。現役立西っ子たちも、音楽会に

向けて、練習をがんばろう!

アクティブな1年生

H28_1019-1.jpgH28_1019-2.jpg

昨日は夏にもどったような暑い1日でした。

その中を1年生は、電車に乗って王子動物園まで社会見学に出かけました。

園内では、グループ毎に分かれて動物ウォッチングをしました。リーダーを中心に動物園マップを見ながら

キリン、カバ、カンガルーなど動物園のスターたちの姿を見て回りました。

また、王子動物園にはスーパースターのジャイアントパンダやコアラもいます。

昨日は暑い日だったので、動物たちも眠たそうだったようです。

また、よい子の立西っ子1年生は、往復の電車の中でもマナーよく静かにできていたので、先生からも

「98点でした。」ってほめられていました。次は100点狙いかな?

 

今日はアサガオのタネとりをしました。アサガオのタネはたくさんとっておいて、来年の1年生に

プレゼントする予定です。こうして代々、立西っ子のアサガオが受け継がれていくのです。

続いて、アサガオのツルを使ってクリスマス用のリースを作ります。植木鉢の支柱からていねいにツルを

はずしてから、くるくると輪っかにしてとめました。あとは教室で飾りつけをして完成です。

できあがったら、お家の玄関に飾っておくといいですね。

H28_1018-1.jpgH28_1018-2.jpg

25分休みのコンピュータ室には、たくさんの子どもたちが来てくれていました。

本校では、子どもたちの自由な活動を保障するために、情報ボランティアのお母さん方が

コンピュータ室に来て、ICT機器の安全・安心な使い方を見守ってくださっています。

 

現在、情報ボランティアの方は17人いらっしゃいますが、今日参加の方々と一緒に、学校の

タブレットPCの使い方についての勉強会をしました。

本校では、「スマイル」の活用が多いので、「スマイル」の中のいくつかの機能を中心に

実際にタブレットPCを使いながら、子どもたちへのサポートについて話し合いました。

これからも、サポートをよろしくお願いします。

つよく 大きく のびる木だ

H28_1017-1.jpgH28_1017-2.jpgH28_1017-3.jpg

雨のためにのびのびになっていた「創立50周年記念植樹式」を今日のお昼休みに行いました。

記念式典の大会会長の小林様をはじめ、実行委員長の吉田様、PTA会長の山科様、そのほか

実行委員の方にお越しいただき、児童会の子どもたちとともに築山の一番先に「やまぼうし」の木を

植えました。

  ~ゆめははばたく うちゅうまで みのりゆたかな まなびやに そだつ 立花西の子は

   かおるやさしい野の花だ つよく 大きく のびる木だ~

と校歌にもあるように、立西っ子の象徴となるように、つよく 大きく 育ってほしいという願いを込めて

植樹しました。

 

また、「やまぼうし」のすぐ横に建っている飼育小屋には、新しい仲間である「セキセイインコ」が

4羽入居しました。まだ名前がついていないので、今日は4羽ともピーちゃんですが、すぐに子どもたちに

名前をつけてもらって、あらためて紹介しようと思います。

2年 社会見学について

H28_1014-1.jpgH28_1014-2.jpgH28_1014-3.jpg

10月14日(金)、今日は2年生が社会見学で大阪の天満にある「キッズプラザ大阪」へ行きました。

キッズプラザ大阪は、遊びながらいろいろなことが学べる博物館です。

みんな展示物も見たり、お店屋さんをしたり、いろいろな体験をしました。

また、お家の人が作った弁当はとてもおいしかったです。

 

先生もお母さん方もお勉強

H28_1013.jpg

昨日は、先生と図書ボランティア「よもよも」のお母さん方が、講師先生を招いて読み聞かせの

研修会を行いました。

 

その様子を少しだけご紹介しましょう。

 

講師の武田康子先生には以前も打楽器を使った読み聞かせに来ていただいています。

視聴覚室において腹式呼吸の練習をしました。風船を膨らませるような呼吸・・・練習はなかなか大変です。

図書室では、間の取り方、声の大きさ、距離の取り方、本の持ち方・・・いろいろと丁寧に

教えていただきました。ちょっとした工夫で伝わり方がぜんぜん違うのです。

武田先生に読んでいただいた絵本・・・声の美しさに聴き入りました。

 

この研修会でパワーアップした「よもよも」のみなさんです。次の読み聞かせ会の日が

楽しみですね。

ワクワク・ドキドキ117人

H28_1012.jpg

今日、来年度の新入学予定のお子さんのための就学時健康診断を行いました

ワクワク・ドキドキしながら、117人の入学予定のお子さんがお家の方に手を引かれてやってきました。

 

受付を終えて、お家の方と一緒に、眼科・内科・歯科・耳鼻科と順番に回っていきました。

慣れない場所での健康診断だったので、みんなドキドキしたでしょうね。

最後に、北館2階の生活科室で個人面接を行いました。大きな声でお返事したり、「さんかく」や「しかく」は

上手にかけたかな?

今日緊張して数字が全部言えなくたって、△がうまく描けなくたって・・・4月に入学したらみんなで

毎日お勉強するので大丈夫です。親切なお兄さん、お姉さんたち、そしてやさしい先生が待っています。

来年の4月からは、立花西小学校の1年生です。

 ・尼崎市の小学校で一番大きな運動場のある立花西小学校

 ・学校の周りがお花がいっぱいの立花西小学校

立花西小学校では、毎日学校のホームページを更新しています。入学までの間、学校の様子をホーム

ページから見てワクワクしてください。

尼崎市市制100周年記念式典

H28_1011-1.jpgH28_1011-2.jpg

10月8日(土)に、アルカイックホールで「尼崎市市制100周年記念式典」が行われました。

稲村市長をはじめ、井戸兵庫県知事さま、市議会議長、アウグスブルク、鞍山市のご代表など

たくさんのご来賓が出席される中で、華やかに行われました。

オープニングでは、約20分間のビデオ映像で尼崎市の100年が紹介されました。駆け足だった

けれど、とてもわかりやすかったです。

その後は、市立尼崎高等学校、双星高等学校のみなさんの吹奏楽や書道のパフォーマンスの

披露があったり、小学校音楽隊と「あまゆーず」さんのジョイント、尼崎合唱団の歌声など、尼崎

らしさ溢れたステージが続きました。

エンディングは、「紙ふうせん」さんのリードで、名曲「翼をください」を全員で歌いました。

尼崎市らしい、とても明るく爽やかな記念式典が、美しい歌声とともにフィナーレを迎えました。

12月3日(土)には、本校の創立50周年記念式典があります。当日は、今日のような晴天の

下、50年の歩みをお祝いできたらいいなと思いました。

 

式典とは話が違いますが、帰りにバス亭でふと見ると、海抜がマイナス0.6mとなっていました。

尼崎は、海抜ゼロメートル地帯だとかよく言われていますが、何とゼロを通り越してマイナスだった

とは。式典で見た尼崎の歴史のビデオに出ていた防潮堤の建築のシーンが頭に蘇ってきました。

 

H28_1011-3.jpg

翌9日(日)には、本校体育館を使って近隣のコリス保育園が運動会をされました。

ハイハイやヨチヨチ歩きのお子さんから4歳児のしっかりしたお兄さん、お姉さんまでが

みんな仲良く走ったり踊ったりしていました。

この中には、数年後に立西っ子になる子もいるんだろうなぁと、楽しみながら参観させて

いただきました。

H28_1007-1.jpgH28_1007-2.jpg
H28_1007-3.jpgH28_1007-4.jpg

今日の6時間目に、5年2組松崎学級で研究授業を行いました。

国語科と総合的な学習の時間を合科にした、「『立花西小』をプロデュース」という学習です。

5年生の子どもたちが、創立50周年を迎えた立花西小学校をバージョンアップしていくために

自分たちにできることをいろいろと考えてくれています。

5年2組の子どもたちも7つの班に分かれて、創立50周年記念式典用のパンフレットを作る

ことや、イベントのポスターづくり、運動場の石拾い、学校美化当番やパトロール、靴の整頓

ボランティアなど、いろいろなアイデアを考えてくれました。

今日の授業は、そのアイデアを実行するための提案書づくりでした。

授業を見せてもらうと、各班の司会係の子どもたちがとても上手にみんなの意見を引き出し

ながら、話をまとめていました。さすが5年生だと感心しました。

 

放課後は、先生たちが図書室に集まって、授業研究会を行いました。講師先生は、大阪教育

大学大学院の木原俊行教授です。先生たちも子どもたちと同じようにグループに分かれて

模造紙に意見を貼って話し合い、そのあとで木原先生に講評をしていただきました。

先生たちもこうして、教え方を勉強しています。そんな勉強熱心な先生がいっぱいの立花西

小学校です。子どもたちもいっぱいいっぱい勉強を好きになってくださいね。

H28_1006-1.jpgH28_1006-2.jpg

10月の「赤ちゃん先生」の日でした。

9月に会ったばかりだから、赤ちゃん先生も4年生の子どもたちの顔を覚えてくれていたかな?

  1. はじめのおはなし
  2. 赤ちゃん先生入場
  3. グループタイム
  4. 歌遊び
  5. 感想
  6. まあるいいのち
  7. 赤ちゃん先生
  8. さいごのおはなし

流れはいつものとおり、このような感じでしたが、今日のテーマは、「泣いてもいいんだよ」でした。

グループタイムの中に赤ちゃん先生が入った後、お母さんがおもちゃを取ってくるということで

3分間ほど視聴覚室から出て行ってしまいました。

さて、どうなったことでしょう・・・ほとんどの赤ちゃん先生は泣いてしまって、子どもたちは大慌て。

泣き止ます方法をグループで相談して、だっこしてみたり、変顔をしてみたり・・・いろいろと工夫

しますが、なかなか泣き止みません。

そこへお母さん方が視聴覚室に戻ってきました。すると、赤ちゃん先生は泣き止みました。

あとで子どもたちに聞くと、

  • 「いろいろやったけど、泣き止まんかった。」
  • 「みんなで考えて、順番にだっこしたんやけど・・・。」
  • 「お母さんが帰ってきたら、すぐ泣き止んだよ。まるでスイッチが付いてるみたい。」
  • 「床に寝転ばせたら、また泣いたよ。お母さんのパワーってすごいなぁ。」

このように、みんなお母さんの不思議なパワーにおどろいていました。

泣くのは赤ちゃんばかりではありません。自分も友だちも、大人でも・・・そんな泣き顔を見た時

どんな声かけができるか、それが優しさにつながりますね。

今日もとってもいいことを赤ちゃん先生から教わりました。

次は、12月1日(木)に会えますので、お楽しみに!

本日午前10時16分、台風18号接近に伴う暴風警報、波浪警報が本市に発令されました。

つきましては、本校の非常変災等の対応に従って、子どもたちを午前11時15分をめどに

下校させることになりました。

 

自宅に大人がおられる家庭や、自宅のカギを持っている場合は速やかに下校させますが、

カギのない子どもたちは学校でしばらく待機となります。今後雨風が激しくなってくることが

予想されますので、早めに学校の方へお迎えに来ていただけるようお願いします。

 

特に1年生、2年生は不安も伴いますので、できるだけ学校へお迎えに来ていただけますよう

よろしくお願いいたします。

 

また、子どもたちは帰宅しましても、台風が夕方にかけて尼崎に接近しますので、できるだけ

外出しないようにして、安全に配慮してください。

今日から通常モードへ

H28_1004.jpg

先週までの体育大会モードから切り替えて、今日から通常モードに戻りました。

さっそく3年生の子どもたちはワークシートを持ってフィールドワークへ。

玄関横の花壇に集まってアサガオ、ヒマワリ、マリーゴールドのタネを拾って細かく

観察していました。

 

1年生では、体育大会の感想を絵と文でまとめていました。1年生の思い出No.1は、

玉入れ競争だったようです。赤白の玉を投げている所の絵を描いている子が一番

多かったです。

このあと、6年生は「小学校連合体育大会」が、21日(金)に控えています。今しばらくは

体育大会モードでいなければいけません。6年生全員が一人2種目ずつ競技に参加します。

連合体育大会でも、水泳記録会のように自己ベストを更新できるようがんばってください。

 

そのあと、どの教室を回っても気持ちを切り替えて、一生懸命学習に取り組んで

いました。さすが、立西っ子、スムーズな切り替えがすばらしいですね。

来月には音楽会があります。次は音楽会モードでがんばってほしいと思います。 

H28_1001-1.jpgH28_1001-2.jpg

朝から雨を心配しながらも、「やる!」と決めましたので、教職員みんなで雑巾を持って校庭の水たまりの

水取りをしました。7時班頃にまたザーッと雨が強く降ってきたので心が折れそうになりましたが、15分ほど

開場を遅らせて準備をしました。早朝5時頃から開場を「今か今か」と待ってくださった保護者の方には大変

申し訳ないことをいたしました。

 

そんな早朝のがんばりが功を奏したのか、日中は時折日差しが差しましたが曇りキープで、観戦するには

絶好のコンディションの中、無事に体育大会を終えることができました。

練習段階を含めて、本番の演技中に大きなケガや事故もなく、記念大会にピッタリの体育大会となりました。

来賓の方々からは、子どもたちの観戦態度がよく、しっかり応援ができていたことや、教職員の指導体制、

PTAの方の協力体制がすごくよかったことなど、お褒めの言葉をいただきました。

 

近隣の方々には早朝よりスピーカーから大きな音で音楽や指導の声を流し、本当にご迷惑をおかけしたと

思いますが、ご理解とご協力をいただいたおかげで、このようなすばらしい体委大会ができたんだと思います。

 

次は、11月の音楽会にチャンネルを切り替えて、文化の秋を楽しんでいきたい思います。

体育大会とはちがった子どもたちの顔をお見せしたいと考えています。乞うご期待!

月別 アーカイブ