校長室の窓から

歯みがき学習

  

IMG_3753.jpgIMG_3757.jpg
IMG_3758.jpgIMG_3760.jpg
IMG_3762.jpgIMG_3763.jpg

12月6日、2年生が歯みがき学習をしました。講師は学校歯科医の矢冨先生です。まず、最初に動物の歯の形の写真を見て、自分の歯とのちがいを、鏡を見ながら確認しました。歯の形は、前歯はぎざぎざでとがっていること、奥歯はでこぼこしていることがわかりました。次に、虫歯はどうしてなるのか?答えは虫歯菌は食べもの食べかすが大好物。食べかすを放っておくと虫歯になり、歯に穴が開きます。では、虫歯にならないためにはどうすればよいのか?それはやはり歯みがきをすることが大事だとわかりました。そして矢冨先生に、歯の形に合わせた磨き方を教えて頂きました。また普段歯科医院で使用されている器具を、実際に触らせていただきました。「見たことあるー。」と子どもたちは興味津々です。最後に修了証を一人ひとりにいただきました。虫歯にならないために、毎日歯みがきをがんばるぞという思いを持つことができ、とても為になる学習会でした。

俳句づくり

  

IMG_3697.jpgIMG_3700.jpgIMG_3713.jpg
IMG_3718.jpgIMG_3707.jpgIMG_3722.jpg

11月21日に5年生が、中央公民館の「地域お出かけ事業」で俳句づくりを学びました。講師は、俳人の木割大雄先生です。まず、俳句づくりについてのお話。そして命の大切さや人生についても教えていただきました。次に実際に外へ出て、『森のオアシス』で自由に俳句を作りました。最後に校舎内にもどり、まとめのお話がありました。とても内容の濃い授業で、一人ひとりが真剣に取り組みました。子どもたちが終了後に木割先生に書いたお手紙の一部を紹介します。

「5時間目は言葉の大切さをわかりやすく教えてくれました。また、努力する心、一つの物には色々(様々)なもの(こと)が関わっているということも教えて下さいました。6時間目はテーマを自由に、俳句を作りました。意外といっぱい書けました。5・7・5のリズム 気持ちがいいです。今日は授業して下さって、ありがとうございました。」

「また、教えてもらいたいー」多くの子どもが書いていました。木割先生との出会いが、子どもたちの心に学習への意欲の灯火をつけていただいた授業となりました。

2017 図工展

  

IMG_3642.jpgIMG_3648.jpgIMG_3649.jpgIMG_3652.jpg
IMG_3654.jpgIMG_3661.jpgIMG_3664.jpgIMG_3666.jpg
IMG_3668.jpgIMG_3670.jpgIMG_3671.jpgIMG_3687.jpg
IMG_3688.jpgIMG_3689.jpgIMG_3692.jpgIMG_3694.jpg

図工展が11月17日18日に行われました。17日は児童鑑賞日で、子どもたちは友だちの作品の良いところをカードにくわしく記入。18日は保護者・地域の方にお越し頂きました。アンケートに250名を超える方から感想等を頂きました。少しご紹介します。

<アンケートより>

わかば学級は、かざりつけを、根気よく仕上げとてもきれいな仕上がりでした。1年生のお米の袋を使った作品は、見応えがありがんばりが伝わりました。2年生の行ってみたい世界の絵は、あざやかな色を使い子どもらしさがありました。3年生、細かい作品にびっくり。子どもの世界観が多彩で印象的でした。4年生糸ノコで上手にくりぬいた作品と初めての版画のお気に入りの靴は工夫されていました。5年生の竜の、のびやかさに驚きました。光のアートが個性的で良かったです。6年生のマイメモリーの絵は感動でした。ランドセルと身の回りのものを書くという題材がとてもすてきでした。ボックスにも思いが込められていました。

<地域の方から>

・一人ひとりが「想いを拡げて」 大飛躍 「2017 図工展」

・一人ひとりが 感性UP!! 「2017 図工展」

・超えた創造>創作 、超した想像>印象 により大感動

・伸びたパワー “力” 、伸ばした知性 “心”

<結びに>

たくさんの皆様にご来場頂き、無事に大成功で終えることができました。これからも子どもたちの個性、可能性を大切に教育活動に取り組んでまいります。

  

IMG_3626.jpgIMG_3622.jpg
IMG_3625.jpgIMG_3635.jpg
IMG_3632.jpgIMG_3631.jpg

計画委員会の子どもたちが、11月6日から24日まで、校門であいさつ運動とペットボトルのキャップの回収をしています。集まったキャップはリサイクルされてお金に交換されます。約400個で10円になります。ポリオワクチンは1人分20円ですので、キャップ約800個で一人の子どもの命が救えます。ワクチンはミャンマー、フィリピン、アフリカなどに送られます。計画委員を中心に、この運動を広げていきたいと思います。家にキャップがあれば、是非とも学校に持ってきて下さい。

 

IMG_3638.jpg

校内スピーチ大会 2017

    

17110202.jpg17110203.jpg17110204.jpg
17110207.jpg17110205.jpg17110201.jpg

11月2日校内スピーチ大会が行われました。4年5年6年のクラス代表が体育館で、熱弁をふるいました。テーマは『戦争は必要だったのか』『それでもいじめをやりますか?』『わたしの好きな言葉』『今がんばっていること』『よりよい尼崎のために私達のできること』『安心してくらせるまちへ』です。一人ひとり、しっかりと自分の言葉で訴えることができ、素晴らしいスピーチでした。身近なことから、深く具体的に考え、新たに目標に向かって努力するという決意が伝わりました。そして、聞いている児童の皆さんも、発表者のスピーチを聞いて、心に残った度合いを、1~4の数字で評価カードに記入。自分の聞き方への評価、そして心に残ったスピーチの題名と理由も書きました。スピーチする人と聞く人が心のキャッチボールができたと思います。これからも読書にも励み、「言葉の力」を磨く努力をしていきたいですね。

  

IMG_3551.jpgIMG_3553.jpgIMG_5085.jpgIMG_5090.jpg
IMG_5095.jpgIMG_5097.jpgIMG_5098.jpgIMG_5117.jpg
IMG_5123.jpgIMG_5126.jpgIMG_5128.jpgIMG_5137.jpg

10月26日理科朝会がありました。今日のテーマは「つきぬける」「すりぬける」です。まずは、先のとがった棒が風船をつきぬけると、あら不思議。風船は割れません。お水も同様です。次の実験。6年生(野球を習っている児童)が投げたボールが、薄い模造紙をつきぬけ全ての紙に穴があきました。次はその模造紙を重ねます。するとボールはつきぬけず穴はあきませんでした。薄い紙でも、重ねると強度が増すので、強い力に対して耐えることがわかりましたね。また、テレビのリモコンで「どんなものが、赤外線の電波をすりぬけるか」という実験では、子どもたちの予想では、アルミホイルが赤外線を通すという考えが一番多かったのですが・・・。さあ、やってみると、和紙は赤外線の電波を通し、テレビは消えました。色画用紙も薄いプラスチックも通します。問題のアルミホイルは、通しませんでした。色画用紙のように、目で見てつまっているように見えるものも、顕微鏡で拡大するとすきまがあるので電波を通します。金属は通しません。この実験では、すりぬけると思うものがすりぬけず、すりぬけないだろうと思うものがすりぬける。対象への思い込みをくつがえす発見の場になりました。理科の中田先生手作りの「羽を回す道具」では低中高学年の子どもたちがボールですりぬける実験に挑戦。またサポートの先生方の「すりぬける」パフォーマンスにも歓声があがりました。笑顔の理科朝会、良かったです!

健康な体づくり 「減塩」

  

DSCF2269.jpg

DSCF2267.jpg

10月26日、医療法人社団 勝谷医院の院長であり、学校評議員でもある勝谷友宏先生から、6年生と保護者に減塩についてご講話をいただきました。勝谷先生は「尼崎適塩化フォーラム」の実行委員長もされています。塩の取りすぎは、高血圧、脳卒中、心筋梗塞にもなること。一日の摂取量は成人男子で8g、女子で7gまで、できれば6gを目標にしたいとのお話がありました。例えば、1、4gの塩を減らして、死ぬ人が1万人減った国の紹介もありました。減塩のコツは、つけものや加工食品を控えること。外食のラーメンは汁を飲まないこと、塩分が多いとくさらないので、長持ちする食品、缶詰なども要注意です。またみそ汁は具だくさんに、そして天然のこんぶ、かつお節でだしを取ると塩はいらないことなど、かる塩レシピの紹介もありました。ちなみに尼崎の給食は減塩でおいしく、全国に誇れる給食だそうです。減塩で、健康な体をつくりましょう。

鞍山市とアウグスブルグ市

 

IMG_3383.jpgIMG_3388.jpg

10月12日にシティープロモーション事業担当の方が、3年生対象に、国際理解の勉強会に来て下さいました。尼崎市の友好都市「鞍山市(中華人民共和国)」と尼崎市の姉妹都市「アウグスブルグ市(ドイツ)」について詳しく教えて頂きました。(児童の感想から)「鞍山市は最低気温がマイナス20度でびっくりです。」「中国の小学校は9月にはじまると知りました。」「ドイツのアウグスブルグ市の小学校は4年しかないとわかりました。その先は3つの選択肢から進路を選ばなければいけなくて、それで人生が決められるとわかって、3つから決めるということは難しいなと思いました。」尼崎市が二つの市と友好を結んでいることがわかり、とても勉強になりました。

  

"歯"きれいにみがけたかな?

  

IMG_3376.jpgIMG_3349.jpg
IMG_3379.jpgIMG_3377.jpg
IMG_3353.jpgIMG_3356.jpgIMG_3358.jpgIMG_3363.jpg

10月12日、3年生対象に歯みがき講習会がありました。講師は尼崎市保健所の奥野歯科衛生士さんです。初めは、「8020運動」についてです。これは、80歳になっても20本以上自分の歯を保とうという運動です。虫歯にならないためにはどうすれば良いのでしょう。歯の質もあるそうです。子どもの歯は弱いですが、永久歯がそろえば強くなるそうです。甘い物のとり過ぎや、だらだらと食べると良くないそうです。例えば500mlのジュースにはスティック砂糖が20本も入っています。「これを飲んだらどう思うかな。あまーい」と奥野さん。のどが渇いた時は、ジュースではなくお茶が良いことが子どもたちにわかったようです。次に、実際にそめだしをしてきちんとみがけているかどうかを確かめました。みがけていない所は赤く残ります。みんな結構赤くなって、鏡を見て驚いていました。最後に奥野さんから、正しい歯みがきの仕方を教えて頂き、みがき直しをしました。さあ、“歯”みがけたかな?今日教えて頂いたことを忘れず、しっかり歯みがきをして、みんなで「8020」を目指しましょう。

自然学校に行ってきました!

 

 

IMG_3173.jpgIMG_3196.jpgIMG_3218.jpg
IMG_3220.jpgIMG_3401.jpgIMG_3402.jpg
IMG_3403.jpgIMG_3325.jpg17-10-12-20-02-27-230_photo.jpg

5年生が、10月9日から13日まで、自然学校で、兵庫県の丹波市にある「丹波少年自然の家」に行ってきました。5日間家族と離れて学年の子どもたちだけで過ごすのは、初めての経験です。担任や指導員、リーダーの働きかけ、周りの友だちからの声かけにより、協力し合う大切さや喜びも学び、自然の中で多くの経験を積むことが出来ました。この事を通して得たたくさんの宝を胸に、これからの学校生活を仲間と共に頑張ってほしいと思います。自然学校、大成功!