2011年9月アーカイブ

食育だより 10月号

食育だより 10月号

新しい献立

セレクト給食

日本型食生活を目指しましょう

 

kankyou2.jpg昨日(9/20)、小雨の降る中でしたが、尼崎市環境市民局ごみ減量推進課からゴミマイスターの方々に来ていただき、出前授業を行いました。

 マイスターの皆さんから、ゴミクイズをしていただいたり、ゴミ収集車を間近で見せていただくなどして、楽しくゴミについて学ぶことができました。

 子どもたちからは、「ゴミの分別をしっかりするよう気をつけたい」と言った感想が聞かれるなど、ゴミの処理やその問題点に関心を持ってくれたようです。(4年 尾上)kankyou1.jpg

フリー参観を実施して

 9月14日・15日の2日間で実施したフリー参観ですが、2日間に362人(1日目 192人・2日目 170人)もの保護者や地域の皆さんがご来校くださいました。本校の家庭数(280家庭)から考えても本当に多くの保護者の皆さんが学校に関心をもってくださっていることを実感しました。本当にありがとうございます。

 猛烈な今年の残暑の中、北校舎では空調機が故障するなどアクシデントもありましたが、普段の学校の様子を見ていただきました。

 これまでであれば、この時期は体育大会の練習等で学校中がバタバタして、子どもたちも落ち着きのない状態が常でした。しかし、今年度も昨年度に続いて、体育大会を6月に実施した結果、2学期のスタートも落ち着いて行えています。

 この時期に授業風景を保護者の皆さんに参観いただけるのも、体育大会を6月に実施しているからで、1学期のころから少し成長した子どもたちの様子をご覧いただけたのではないでしょうか。また、このところ連日マスメディアで報じられていますが、体育大会練習中に発生する熱中症の心配です。

 本校でも、職員には体育の時間をはじめとして、熱中症防止のための注意喚起を連日行っていますが、ここ数年の猛暑、残暑の状況を考えると9月末から10月はじめの体育大会実施では、熱中症の危険と隣り合わせての実施となり、かなりなリスクを負うこととなります。

子どもたちの健康や安全な授業の実施といった面からも、今後の体育大会の実施時期は6月頃がよいのではないかと感じています。(校長 濱田康助)

5年学年通信 9月号

5年学年通信 9月号

・行事予定

・学習予定

・水泳指導について

・自然学校事前体験活動について

感謝状を贈呈しました

amashin.jpg 本日、朝の全校朝礼の席で、本校校区内にある尼崎信用金庫西武庫支店の支店長様に、学校と育友会から感謝状を贈呈しました。

 西武庫支店では、企業の社会貢献の一環として、今年の1月から登校時の子どもたちの見守り活動を全行員のみなさんで交代で行ってくださっています。銀行にとっても貴重な朝の時間を本校児童のために活動いただき保護者の皆さんと共に感謝の気持ちを表した次第です。

 村田支店長さんからは「始めた頃は、おはようと挨拶しても返事がなかった子どもさんがほとんどでしたが、この頃は挨拶を返してくれる子どもさんがずいぶん増えて、やりがいを感じています。今後もこのような活動が息長く続けられるようにしたい。」とのお話をうかがい、西育友会長とともに嬉しく感じました。

 感謝の心が素直な挨拶として表現できる「むこっ子」であってほしいです。(校長 濱田康助)

 

「トライやる」最終日

23try2.jpg今日で5日間の「トライやる」が終了しました。今日の作業としては給食室の壁面に絵を描きました。(写真)

 4人の中学生からは、この5日間の感想として、「しんどかった」や「楽しかった」といったという簡単な言葉しか聞くことができませんでしたが、これまでにない経験をしたことと思います。

 まだまだ責任等は伴わないお手伝い程度の経験ですが、本校で経験したことや指導されたことがこれからの進路選択等に役立つことを願うものです。      (校長 濱田康助)

 

2年学年だより 9月号

 

2年学年便り 9月

2年 学年便り 9月号

・9月行事予定

・お知らせとお願い

。ふでばこのなかをかくにんしよう

・学習予定

「トライやる」受け入れ中

23try.jpg 今年も9月5日(月)からの5日間、武庫中学校2年生4名(本校の卒業生2名と武庫南小学校の卒業生2名)を「トライやる」として受け入れています。

 本校では主に、学校校務員の仕事を中心に体験活動してもらっていますが、普段しなれないいろいろな仕事に苦労しながら取り組んでいます。

 右の写真は、校門のペンキ塗り作業の様子です。

 この「トライやる」では、これから社会にでるなかで必要と考えられる常識的な事柄やいろいろな体験を通した自己の適性等々多くのことを学んでほしいと思っています。(校長 濱田康助)

 

地区水泳記録会(武庫地区)

今日、武庫地区の水泳記録会が予定通り、本校を会場として実施できました。

水泳記録会は、武庫地区の4校(武庫小、武庫の里小、武庫南小、武庫北小)の5・6年生の中から

標準記録等を参考にして選考された選手が一同に集まり、他校の選手と競いながら、自己の記録に

挑戦する数少ない機会です。自己の記録に挑戦するということは、簡単なようですがなかなか頑張り

にくいものだと思っています。このような機会を得る中で、自分に挑戦する心をはぐくんでほしいもの

です。今年度は記録会のはじめに、市立尼崎高等学校の水泳部の選手2名が来てくださり、子ども

たちへの模範演技(四泳法)を見せてくれました。(校長 濱田康助)

 

HI3D0039.JPG

いちねんせい No,7

いちねんせい No,7

9月行事予定

学習予定

お知らせとお願い

 

学校だより NO.5

 

学校だより NO.5

・省エネ教育を考えたこの夏

・美しくなった武庫小で2学期がスタート

・9月の行事予定

・2学期の主な行事予定

・水泳

・水泳記録会

・諸費振替日

食育だより 9月号

給食だより 9月号

・朝ご飯を作ろう

平成23年度 9月行事予定

行事 行事
1始業式17 
2 18 
3 19敬老の日
4 20振替日
5水泳記録会 振替日21 
6給食開始(水泳記録会予備日)22 
7 23秋分の日
8 24 
9 25 
10 26児童集会・クラブ活動 
11 27 
12 朝会・委員会活動28 
13 29 
14 フリー参観日30一斉下校
15 フリー参観日   
16 

校長のこの夏の自主研修

今年の夏も暑さの厳しい夏でした。昨年の夏は月平均気温が、観測史上最高であったことなどは記憶に新しいところですが、地球環境が徐々に温暖化が進む中で、変化しているように感じます。

 さて、今年は3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による震災が大きな話題となっています。地震の発生から半年が経過しようとしている今なお、東北地方の被災地の復旧・復興の問題が日本の大きな課題となっています。とりわけ津波による東京電力福島第一原子力発電所で起きた炉心融解事故と放射能漏れ事故は、これまでの原発の安全神話の過ちを知らしめると共に今後の日本の進むべき方向について全国民に大きな課題を掲げました。

私は、教職にたずさわる者として、これからの日本の国を担う子どもたちの育成にあたりその方向性等については常に敏感であらねばならないと思っています。

今回の原子力発電所の事故と放射能漏れに関しては、まだまだ不明な点やわからないことが沢山あります。また、原子力発電の是非について、ここで述べるつもりはありませんが、これまでの日本の状況から進められた原子力施策の現状と今回の事故後では大きく方向転換が行われるものと感じています。

私は、これまでにも青森県六ヶ所村を数回訪ね、原子力利用に伴う放射性廃棄物の問題について関連施設等を見学してきました。また、昨sekitan2.jpg年は関西電力の大飯原子力発電所内を見学する機会を得て理解を深めたところですが、今年は、エネルギー資源として見直されるであろう化石燃料(石炭)について、北海道の夕張炭鉱跡にある石炭博物館を訪ね、日本の明治期から昭和50年代頃のエネルギー利用と今後について学んできました。また、改めて広島市の原爆資料館にも足を運び、原子力の武器利用や放射線の被害についてを再認識したりしました。また、関西原子力懇談会の「放射線知識普及プロジェクト」主催の放射線セミナーにも参加し、放射線の人体への影響や今回の原子力発電所事故について解説を受けました。

エネルギー資源の乏しい我が国にありながらも世界有数のエネルギー消費国として、生活や経済を築いてきた今日、そして、原子力発電の安全神話が崩れた今、改めてエネルギー環境教育をしっかりと行うことの重要性を感じさせられた夏でした。(校長 濱田康助)

 

月別 アーカイブ