2013年2月アーカイブ

食育便り 3月号

食育便り 3月号

行事食

新しい献立

1年間の食生活をふり返ろう!

給食を通してみなさんに伝えたいこと

東日本大震災の被災地(釜石市・大槌町)を訪ねて

尼崎市立武庫小学校長 濱田 康助   

  私は、これまで年に複数回、東北を訪れるほど、東北地方が大好きな人間です。大きくなった息子からも「そんなに好きなら住めばいいのに」と言われるほどでしたが、あの3月11日以降三陸地方を訪れることが自分の中で憚られていました。

 18年前に阪神・淡路大震災を経験した者の1人として、また教職に身をおく者として、震災から2年が経過しようとする今の状況や皆さんの気持ち等をいくらかでも知りたいと思い、この土・日(2/16・17)に機会を得て、被災地(釜石市・大槌町)を訪ねてきました。しかし、16日が近づくにつれて本当にこのような見学目的で訪れても良いのかと迷う気持ちが大きくなってきたのも事実でした。

 帰阪してから、改めて今回の訪問を振り返ってみて、現地でのいろいろとお世話くださった皆さんに感謝しています。

 1日目の大槌町では、旧大槌町役場(町長さんを含め40人の職員が亡くなられた)の前で、臼沢和之(うすざわかずゆき)さんからお話をうかがいました。この日は、身を切るような北西からの寒風が吹き付ける中(震災当日も同じようだったそうです)で説明をいただきました。大槌町は今でも見渡す限り住居等の建物はほとんど再建されず、残されたままのいくつかの建物の残骸や撤去された家の土台だけが残る平地が広がっている状況でした。臼沢さんからは、建物の3階まで到達した津波の状況や避難の困難な状況等々を伺うと共に、最愛の人を役場で失ったことなどを話してくださいました。お話の最後に言われた言葉は、「避難する時、自分の大切な人を連れて逃げてください」、「大切と思う人を毎日大切にしてください」でした。私はこの言葉を忘れません。私も実行します。

 釜石市や唐丹地区を案内くださったボランティアガイドさんからは釜石市の津波避難所の状況を案内いただきました。また、「釜石の奇跡」(釜石市立釜石東中学校と鵜住居小学校の全児童生徒が無事に避難し生きのびた)のお話では、奇跡的に偶然でできたことではなく、日頃から行っていたいろいろな取組から生まれた結果であったこと。その中で、副校長が職員に指示された「率先避難者」としての行動は、とても印象的でした。「伝えつなぐ大津波」の碑に書かれていた上野さん(中学2年生)の言葉「100回逃げて、100回来なくても101回目も必ず逃げて!」、本校児童にもしっかり理解させたい、理解してほしいと思いました。

 2日目、予定になかった宝来館の女将(岩崎昭子)さんのお話の中で、「被災地が立ち上がるためにも被災地へ来てください」の言葉は私に元気をくれました。また、「釜石の奇跡」関連のお話で、副校長が子どもたちを送り出すときに、「逃げれ」と言わずに「生きれ」と言われて送り出されたことを紹介いただき、胸が熱くなりました。

 昼食をいただいた「はまなす商店街」(仮設のプレハブで作られた商店街)では、浜の母ちゃん手作りごはんをお腹いっぱいいただきました。はまなす商店街のパン屋さんをのぞいたとき、ご主人が「今日は観光協会からバスが来るということで楽しみにしていた・・・」と伺い、申し訳ない気持ちになりました。バスに戻ってそのことを参加者の何人かに伝え、パンを買ってあげませんかと言ったら何人もの人がお店にいってパンを購入してくれ、とても嬉しくなりました。

 プレハブの商店街の貸し出し期間も2年間とのこと。今後のしっかりした居住地も定まらない中で、また、人がいない状況では活気が戻らないのは当然のことと感じました。

 今回の訪問中に、子どもたちが元気に遊ぶような姿をほとんど見ることができませんでした。子どもを含め、多くの人達が活発に往来することが被災地を、東北を元気にすることと強く感じました。

 今回学ばせて頂いたことは、今後の防災教育に活かすと共に、多くの皆さんに観光等で東北へおおでをふって出かけるよう勧めていきたいと思っています。

 touhoku001.jpgtouhoku002.jpg
 touhoku003.jpgtouhoku004.jpg
 touhoku005.jpgtouhoku006.jpg
 touhoku007.jpgtouhoku008.jpg
 touhoku009.jpgtouhoku010.jpg

 

 

学校便り NO.10

学校便り NO.10

学校長より

2月行事予定

3月の予定

児童会役員選挙について

2年学年便り 2月

2年学年便り 2月

・2月行事予定

・諸費について

・創立記念日

・リコーダー購入について

・参観・懇談

・生活科の学習

・2月学習予定

月別 アーカイブ