校歌・校章

kosyo.jpg

【 校章の由来 】

  桜の花に、校名「ムコの里」を左右対称の円形で図案化しています。
  中心に「ムコの里」をおいたのは、地域の人々にはぐまれ、いつも見守っていただいていることを表わしており、
  文字を左右対称の円形にしたのは、知育・徳育・体育の調和のとれた子どもを育てることを表しています。
  桜の花には、その子なりに美しい花を咲かせ、実を結んでくれることの願いをこめています。

 

【 校歌 】

                     中田慶次 作詞
                     片山公子 作曲

1. 武庫の流れは とうとうと
   六甲の山なみ のぞみみる
   明るくかおる 豊かな大地
   おどるわれらの 身ははずむ
   ここにぞたくましく 育ちきたえあう
   ああ ああ 武庫の里 武庫の里小学校

2. 太陽の恵み 背にうけて
   風さわやかに 町なみつつむ
   におう緑は 歴史を語る
   学ぶわれらの 意志かたく
   ここにぞ知恵とわざ 伸ばしみがきあう
   ああ ああ 武庫の里 武庫の里小学校

3. 小鳥ににせて やさしさを
   若木のように いきいきと
   浮かぶ白雲 未来をさそう
   つどうわれらの 夢ひらく
   ここにぞ道もとめ つくりはげみあう
   ああ ああ 武庫の里 武庫の里小学校