学校評価

1 保護者アンケートの集計結果

20170330001.gif

2 ご提案いただいた学校組織としての主たる対応・取組について

(1)学校行事等の情報発信について
各種学校行事には、保護者をはじめ多くの方が来校していただいていることや学校での様子を確認したいという強い思いに感謝しています。勤務との調整等で、「もう少し前もって学校行事や代休等の日程を知りたい」とのご意見を受け、ある程度の変更も想定されますが、次年度からホームページに年間行事計画を掲載したいと考えています。

(2)教育相談の充実について
いじめ等の対応も含め、今年度から学期ごとに教育相談日を設けています。本アンケートでも、「子どもは先生に何でも話せていると思いますか」の項目で約4割が不十分との結果を受け、子どもが話しやすい関係づくりや子どもに寄り添った指導に努めたいと考えています。

(3)高学年の35人学級について
35人学級については、1年生は国が、2~4年生は県が教員定数を定め、予算措置を行っています。5年生から40人学級に伴い学級減になることに、県も課題があると認識しており、5・6年生の35人学級の推進について、校長会組織からも要望しているところです。

(4)集団登校について
多様な家庭状況の対応や安全面等の課題も多く、実施は難しいと考えています。子ども達には、不審者対応として「できるだけ複数で登下校しよう」、「たくさんの友達が登校する時間に合わせて家を出よう」と指導しています。今後も、道徳や異学年交流等を通して、友達の幅を広げたり、思いやりの気持ちを育てたりすることで、子ども自身が主体的に安全を意識した言動ができるよう努めたいと考えています。

□ 多数のご意見、ありがとうございました。現状以上の教育効果が期待できる・できそうな建設的・発展的な教育活動の提案については、従前の活動に固執し過ぎることなく、貴重なご意見として活用させていただこうと思いますので、今後も機会あるごとに遠慮なくご提案ください。

学校だより (学校評価)

平成28年3月11日(学校だより3月号 特別号)

学校評価 保護者アンケート集計結果(アンケート回収数:366名)

2015gakkouhyouka1.gif

2015gakkouhyouka2.gif

4:大変そう思う 3:そう思う 2:あまりそう思わない 1:そう思わない *:わからない

 

 お忙しい中、保護者アンケートに答え頂きありがとうござまた。
 アンケートの集計とともに頂きましたご意見を参考に、来年度見直しや改善をしていけたらと考えています。

 アンケート結果では(大変そう・そう思う)の2点について昨年度と比べると、「学校が楽しい」「友達と仲よく遊ぶ」は同じ割合。「困っている友だちに親切」では2%の低下、その他の項目では2~3%程度上回っています。「参観や学校公開に参加する」では、6%上回り、全項目のうち1番の上昇になっています。82%の方が参観や学校公開に参加されているのに比べ、懇談への積極的な参加については、48%と低い数字になっています。懇談会の持ち方や“保護者同士の交流”“悩みや不安の共有”といった懇談会の意義を共通理解しながら、テーマに基づいた話し合い等、『残りたくなる懇談会』への工夫を保護者の皆様と考えていければと思っています。
 また、「担任と十分連携できている」は80%が、大変そう思う・そう思うと感じていますが、「子どもは先生と何でも話せていると思うか」については、68%となっています。教師と子どもが何でも話せる人間関係づくりのため、さらに児童理解、信頼関係づくりに努めていきたいと考えます。その取組の一つとして来年度は、学期ごとに行う児童アンケートと『教育相談日』をリンクさせて実施します。教育相談日を活かし、子どもの困り感に寄り添い、傾聴できる時間を確保します。

<その他 記述意見等>
・ホームページを活用した緊急連絡について
 学校のホームページは、イントラネット外に情報が出ていくため、「学校ホームページ更新申請」を行い、許可されてからの公開となるため、公開されるまでにも時間を要します。学級閉鎖や行事の中止など緊急性が高い場合には、ホームページ更新よりもミマモルメの一斉メール配信で対応していきたいと考えています。

・ホームページの充実について
 学校のホームページの更新数は、市内の中でも多い方です。学校だより、児童の活動、行事予定等の更新を進めていますが、学年だよりの公開など、より充実したホームページ作成を心がけていきます。

・行事中止のメール配信について
 屋外で行われる行事の実施については、気象庁のレーダーナウキャスト等の天候の情報を入手しながら判断しています。「できれば実施したいという願い」もあり、判断に時間を要する場合があります。また、悪天候により、中止が明らかな場合には、メールでのお知らせを控える場合もあります。

・修了式等の下校時刻等の周知について
 始業式・終業式・修了式については、12時下校を原則としています。また、懇談(学級・学年の別)、懇談内容、学年行事の内容等、学年に関わるものについては、学年だよりの内容充実を図っていきます。

・宿題・自主学習の取組について
 家庭学習の時間については、「10分×学年」をめやすとしています。各学年の「家庭学習のすすめ」をもとに今後も取り組み、学年の担任間の情報交流を大切にしながら学力向上にむけて取り組んでいきます。