校章・校歌

【校名の由来】

 平成の時代を代表する良き学校として、新しい時代を築くとともに更なる発展を期し、学校や家庭、地域が一体となって、子どもたちの豊かな人間性や社会性をつちかい、子どもたちのより良い成長への願いを込めています。

 また、「せいりょう」というさわやかな語感から、子どもたちや保護者、地域から親しまれる学校づくりを目指すものとして決められました。

成良中学校校章 
【校章の由来】

 城内中学校の琴柱と育英中学校の桜を組み合わせ、尼崎城の城跡を加えたものをイメージして考えられたものであり、中央は学校名「SEIRYOU」の「S」と「R」からデザインされたものです。

校章 原画デザイン : 中井 康貴 君(尼崎市立城内中学校 第58回卒業生)  

 

【校 歌】

 1 長き歴史の 我らが町
   遙か緑の 武庫の山
   庄下の川は 城の堀
   日本のあゆみ そのものを
   目のあたりする 尼崎
   そこに我らの学舎あり 成良
 2 たゆまず進む 我らの町
   町に流れる 伝統には
   人情 人を支え合い
   励まし慰め 助け合う
   これぞ我らの 町ならん
   歴史 我らの誇りなり 成良
 3 城内育英 あいつどい
   校風伝統 受け継いで
   師の情熱に 導かれ
   共々学ぶ 学友と
   ここに育む 人生は
   我らが命 ああ成良 成良

作詞 : 福島 輝喜 氏   作曲 : 坂上 弘志 氏   校歌額揮毫 : 本田 正堅 氏