教育目標・今年度の方策

    kyouiku.jpg初代校長 前田金次郎 著

平成29年度学校経営の方針

 全ての教育活動は、「教育目標」達成のための実践であることを常に意識し、何のために教育内容や教育課程を編成するのかという目的の部分を明確にすることが肝要である。前年度の教育実践を踏まえて、継続することを整理し、新たに取り組むないようについて検討し、本年度の教育目標を以下のように設定した。

 

教育目標

     「一人ひとりを大切にし、生きぬく力を育む」

 具体目標

  1. 自分と他人を大切にする豊かな心を育てる《心の教育》
  2. 共に学び、高め合い、確かな学力を身につけさせる《基礎基本》
  3. 良い生活習慣を身につけさせ、心身ともに健康な生徒を育てる《心技体》
  4. ”日々実践”こそが第1の研修:研修を大切にする《切磋琢磨》
  5. 家庭・地域からの信頼を得て、『共育』を行う《地域教育の基盤》

 めざす生徒像

  1. 自分を大切にし、他人を思いやる生徒
  2. 共に学び、高め合う事に喜びを感じる生徒
  3. 自らの力で未来を切り拓くたくましい生徒

 めざす教師像

  1. 子どもと豊かなコミュニケーションをとる教師
  2. 日々、専門性の向上に努める教師
  3. 使命感を持つ教師

 本年度の方策

 4月職員会議での経営方針・方策 → 29年度目標達成の方

 

学習の目標

 

 指導の重点教科学習の目標学校生活の目標進路学習の目標


計画化学習の方法と目標を知り、計画を立てて実行する。中学校生活の基本的生活習慣を身に付ける。自己の適性や特性に関心を持ち、目標に向かって計画を立てる。

育成化学習の意義を自覚し、基本的な学力を身につける。物事の善悪を判断し、正しく行動する。義務教育終了後の進路について、各自に見合った展望が持てるようにする。

実現化自ら課題を見つけ、解決していける姿勢を培う。状況に応じて正しい判断と行動ができる。十分な知識のもと、自分のまわりの状況を考えて進路を決定する。