教育目標

 

1.学校経営の方針

 

(1) 教育目標

 

           ① みんなで学び合い磨き合う生徒       知 性

           ② 人の心をわが心とする生徒         情 操

           ③ 自己にうち克つ強い体と意志をもつ生徒   体力・意志

 

 

 

                                           (校訓)めざす生徒像                                      ・さとく    ・うつくしく    ・たくましく

 

 


 

兵庫県教育委員会の「指導の重点」及び尼崎市教育委員会の「学校教育に関する重点取り組み」を踏まえ、教育目標の達成に努める。

 

 

(2)   めざす学校像 


① 活気にあふれ、生徒一人一人が生き生きと明るく生活できる学校。
② 人間関係が強い絆で結ばれ自己存在感や成就感を実現できる学校。
③ 家族や地域の方々愛され、支えられ、地域とともに歩む学校。
 
 

 

 

具体的には、

○ 生徒一人一人が夢や志を抱き(目標)、どのように行動すればよいかを知り(方法)、それに挑戦する気持ち(意欲)に満ちた学校。

○ 教職員が和を大切にし、お互いに認め支え合い・励まし合いながら、「自分の持ち味や能力が最大限に発揮」できる学校。

○ 保護者や地域の方々にとって、「信頼できる学校」「通わせたい学校」と感じる学校。

○ 学校施設の開放、地域住民によるボランティアの受入、地域住民との交流など、地域の教育力を積極的に活用する。

 

2.教育方針

 

(1)      基礎・基本の定着と学力向上を図る

 

① 互いに学び合い、まちがいを大切にする学習集団づくりに努め、自分も参加できたと実感するとともに学ぶ喜びを味わえる授業を目指す。

② 自ら学ぶ学習態度を形成させるために、生徒が学習の見通しを立てたり、学習したことを振り返ったりする活動を計画的に取り入れる。

③ 自発的に考える力を育成する指導を徹底するとともに、言語活動を充実させるなど指導方法を工夫・改善し、基礎的・基本的な学習内容の定着や思考力・判断力・表現力の育成を図る。

④  適切な課題を課して丁寧に点検することにより、家庭学習の習慣を図る。

⑤  「公開・研究授業」を実施し、授業力の向上に努めるとともに、学力向上などの研修に励み、誠実かつ質の高い教育を実践する。

⑥  「朝読書」の時間を、すべての教科の基礎となる「読解力」を高めるための時間と捉え、充実に努める。

 

(2)      道徳教育の充実

 

 ① 学校の教育活動全体を通して、道徳的な心情、判断力、実践意欲と態度などの道徳性を養う。

②  道徳教育推進教師を中心に、全教師が協力して道徳教育を展開するため、道徳教育の全体計画と道徳の時間の年間指導計画を作成する。

③  道徳の時間の授業公開をしたり、保護者や地域の方々の積極的な参加や協力を得たりするなど、家庭や地域との共通理解を深め、相互の連携を図る。

 

(3)   人権教育の充実


① 自立向上の精神を育成するとともに思いやりの心を育み、日常生 活や社会の差別性に気づき、その解消に取り組もうとするなど人権尊重の態度を形成する。
② 互いに認め合い、支え合い、励まし合う仲間意識の育成を図る。

 

(4)      進路指導の充実

 

① 将来についての夢や希望を持ち、その実現に向け努力する態度を形成する。

② 高等学校の特色について理解させ、自分を生かす志望校の選択能力を身につけさせる。

③ 働くことの意義を理解させ、適切な勤労観・職業観を培い、長期的展望に立った人間形成を推進する。  

 

(5)      生徒指導を充実する

 

① 生徒指導の基本は1時間1時間の授業である。一人一人が授業規律の確保(時間を守る・話を聞く・教室環境等)を心がけ、望ましい集団を形成する。

②  常に、危機意識を全員が持ち、生徒には厳しさと温かさを持って根気強く指導にあたる。

③  生徒指導に関する情報交換を密にし、問題が起きてからの指導ではなく、問題を起こさない指導に努める。

④  生徒指導委員会を中心に、決まったことは必ず共通実践を図る。

⑤  教育相談委員会との連携を密にし、不登校の未然防止に努める。特に、学校に起因する「いじめ等」の不登校を生まない。

⑥  学校が一人一人の生徒にとって、安全で安心できる場となるよう、生徒理解に努め、伸び伸びと学校生活に打ち込めるようにする。

 

(6)      生徒会活動を活性化する

 

①  誇りの持てる園田中をさらに推進するため、生徒自身のアピールを強める。

     特に、「生徒朝礼」の時間を生徒会を中心とした時間とする。

②  各委員会活動を通して、実践力を高めるとともに行事では主体的に活動する。

 

(7)      特別支援教育を推進する

 

①  特別支援教育の推進のための校内研修を深め、職員の理解を深める。

②  通常の学級に在籍する特別な支援を必要とする生徒の情報を共有し、指導に当たる。

 

 

(8)      防災・安全教育を充実する

 

       この度の東日本の巨大地震の教訓を踏まえ、災害から自らの命を守るために必要な能力や態度を身に付けたり、防災に関する意識の高揚を図ったりするなど、従来の安全教育に加えて、助け合いやボランティア精神など「共生」の心をはぐくみ、人間としての在り方・生き方そして役割について考える教育の実践を目指す。 

                                                    (9)部活動を活性化する  

①    健全育成の柱であるとの自覚に根ざした指導を共通理解する。

②    部活動の保護者会を定期的に開き、理解と協力を求める。

 

(10)      開かれた学校・信頼される学校づくりを推進する

 

①    小中連携を更に深め「地域で児童・生徒を育てる」ことを積極的に啓発していく。

②    「オープン・スクール」週間を設け、地域にも広く参加を呼びかける。

③    「学校だより」「学校HP」等で、学校の活動・様子を地域に発信する。

④    地域の代表を「学校評議委員」に委嘱し、地域の教育力を活用する。

 

(11) 勤務の適正化を推進し、生徒と向き合う時間を確保するとともに、教職員が元気な学校づくりを推進する。

 

 

3.今年度の努力事項


    教育方針のすべてに対して、実践に向け努力するとともに各項目について校内研究・研修を進める。また、中1ギャップや学力向上、生徒の健全育成などの教育課題解決のため、校種間連携を推進する。

 

 

4.研究課題

 

    テーマ   「基礎基本を定着させ、考える力を育てる」