ハッスル!ハッスル!~園長ブログ Vol.6(10/26)

さようならピアノ

 おだやかな秋の朝。我が家のピアノが旅立ちました。(10月24日)

20年余りの長い間、音楽好きの家族を支え、楽しみの友としてリビングで過ごしました。阪神淡路大震災もともに生き延びました。我が子の育ちに寄り添い、見守ってきたピアノ。

 リビングから小さな庭に運ばれ、クレーンに吊り下げられ、トラックの荷台へ。

 次は、どこかの家へ運ばれ、音楽好きな家族のもとへ行くことでしょう。その家の小さな子が小さな指でたどたどしいながらも、キラキラした音色を奏でることでしょう。あるいは、どこかの幼稚園で活躍してくれるかも。

 別れの淋しさを感じましたが、どこかで子どもたちの心を育んでくれることでしょう。