平成24年度 学校飼育動物 (6月21日)

   尼崎市開業獣医師会より5名の講師並びに動物愛護センターより2名のスタッフをお迎えして研修を行いました。

講 師尼崎市開業獣医師会会    長池上   裕   氏
 学校飼育動物委員会

委 員 長
副委員長
副委員長

村上 義  久 氏
笹木 眞理子 氏
田中 律  正 氏
石川 知  也 氏
スタッフ動物愛護センター 小嶋 敏  慶 氏
唐澤 万里子 氏

  
≪ 内容 ≫
1 挨拶 「学校飼育動物活動について」池上 裕 氏より
2 講話Ⅰ・演習 「ウサギについて」「ウサギの取り扱いと活動内容について」石川 知也 氏より
3 講話Ⅱ「鳥インフルエンザについて(飼育環境、防疫について)」田中 律正 氏より
4 グループ交流 

 h240621_1.jpg
講話にて心音を図る機械です。ウサギの鼓動は人よりと
ても早く先生方も興味津々でした。
 h240621_2.jpg
この先生は初めてウサギを抱いたとのこと。
ウサギの骨はとても弱く、抱き方を間違えると大暴れをし、その際の衝撃ですぐ骨折をするようです。
 
h240621_3.jpg


  5,6人のグループに分かれて、お互いに疑問や悩みなどを交流しました。
 各グループに一人ずつ講師の方がつかれ、各先生からの質問に丁寧に答えていただきました。

〔 質問内容 〕
・クローバーを食べさせても良いですか?
・ウサギの爪の切り方を教えてください?
・どう猛な鶏への対応はどうしたらよいですか?
・どうやってエサを調達しているのすでか?
・長期の休みは、どのようにしてエサを与えているのですか?    
など、多くの質問が飛び交い、活発な交流となりました。

≪ 感想より ≫

○ 基本的なことから教えてもらえてよかったです。
○ ウサギの飼育環境の改善を進める必要性を感じることができました。
○ 先生にグループに入って頂き、相談しやすい状況だったのがよかった。
○ 普段の飼育での悩みが解決でき、参加して良かったです。ありがとうございました。勉強になりました。
○ とても分かりやすく「へー」と思うことがたくさんありました。勉強になりました。
○ 委員会の活動をもっと充実させたいです。ありがとうございました。

 

月別 アーカイブ

サイト内検索