平成24年度 ミドルリーダー研修(3) (7月27日)

講話 「心をひらく小中連携~生徒指導・学力向上の取り組みの中で子どもがどう変わったか~」

講師 羽曳野市立羽曳野中学校 教諭 伊藤 圭 氏
    羽曳野市立埴生小学校   教諭 鳩野 元 氏
 
今回は、現在、小中連携担当として活躍されている先生にお越しいただきました。
現場の生の声に、受講した先生方も熱心に聞き入っていました。
≪ 内 容 ≫

 1 埴生小学校と羽曳野中学校の10年間
  ・「怒ってくれる人」=「話を聞いてくれる人」
  ・気持ちの温かい児童・生徒とのふれあい
 
 2 中心的に動かしていく立場にたって
  ・変えていきたかったこと 
  ・変えていきたいこと
  ・変わってきたこと
  ・なかなか変わらないこと
 
 3 小中の取り組みの中で
  ・互いの不信感   ・文化の違い
  ・管理職の意識   ・合同研修(研究)  ・体育大会
  ・学力向上      ・学力向上       ・和太鼓チーム
  「子どもたちの育ちにつながる連携を深めるための
       有効な手段は?」
 
 4 学力向上に向けての有効策は?
            ・・・教員OJTへの取り組み
 
 5 今後の姿(まとめ)
   「困ったなぁ~」(先生の困り優先)
         ↓
   「困ってる子をどうしよう」
 
 
 h240727midoru32.jpg
≪ 受講者の声 ≫
 ・現場の先生の生の声が聞けて、参考になりました。
 ・具体的にしていくこと、してはいけないことがわかりました。

 

 

月別 アーカイブ

サイト内検索