平成24年度 特別支援コーディネーター研修(2) (8月10日)

 本研修は、兵庫県教育委員会特別支援教育課主催で行われた「平成24年度小中学校等における特別支援教育推進研修
(平成24年6月22日実施)」の伝達講習として実施しました。

≪ 内容 ≫ 
伝達講習 「特別支援教育の指導体制の充実に向けて」
講   師  尼崎市立大庄小学校 教諭 岸本 忠之 氏
             尼崎市立立花中学校 教諭 伊達  譲  氏
 
≪ 特別支援教育の指導体制の充実に向けて ≫
 幼稚園、小中学校等のすべての教員の専門性の向上を目指す第一歩として、両先生より各学校園の特別支援コーディネー
ターへ、主に次の内容が伝えられました。
  • インクルーシブ教育システムの構築に向けた流れについて
  • 特別支援の推進にむけた基礎的な内容について(障害特性、校内支援体制、個別の指導計画の作成・活用など)
h240810tosiko1.jpg    h240810tosiko2.jpg
 
 今後さらに重要度が増してくる特別支援教育を推し進めていく上で、各受講者ともこれまでの実践を振り返り、「一人一人の実態
等に応じた指導の充実」の必要性を再認識する研修となりました。
 
 
≪ 感想 ≫
  • 特別支援教育がスタートして5年がたち、体制を整え、さらに充実させるためにいいお話が聞けてよかったです。
  • 特別支援教育は確実にだれもが知識として持っておかなくてはならないと思います。
    1人の将来のためにできることを大切に考える気持ちを持っていたいです。

 

 

月別 アーカイブ

サイト内検索