平成24年度 理科教育研修講座(1) (8月17日)

h240817rika2.jpg

 七松小学校 主幹教諭の中田 眞一 先生に
  「本当は大切な危ない実験」-理科離れを理科場慣れに-
             をテーマに講話と演習をしていただきました。

 身近な所にも危ないことがあります。

 (アルコールランプに瞬間冷却スプレーをかけます。すると…!!)

h240817rika1.jpg  教師も理科の実験を楽しむことが大切ですが、実験器具の正しい名前をご存知ですか。

 (手元は「ろうと台」です。「ソケット」「集気ビン」「電流計」
  「メスシリンダー」分かりますか?)
h240817rika3.jpg

  空き缶に少量の水を入れ、温めます。

 湯気が上がったら逆さまにして水につけます。 

 すると…!!

 気圧の違いから一気に凹みます。

 (ガスバーナーの使い方だけでなく、ちょっとした工夫で実験は盛り
  上がります。)

h240817rika4.jpg

  水素を集めて着火します。

 すると…!!  

 音を立てて水素が燃えます。

 (器具の扱いやマッチを擦ること等、子どもは体験が不足して
  いますが、理科は大好きです。)

 ≪ アンケートより ≫
  • 安全にするためにはしっかりした準備がとても大切だと感じました。
  • 理科室をもっと利用しようと思いました。
  • 子どもたちが楽しみながら学ぶよう、授業の計画をしたいと思います。
  • とても勉強になりましたし、理科が好きになりました。
 

月別 アーカイブ

サイト内検索