平成25年度 第3回 1年目教員必修研修 (6月18日)

 6月18日(火)に平成25年度1年目教員必修研修がありました。
 礼儀正しくさわやかなあいさつをされるフレッシュな先生、相槌を打ちながら熱心に講話を聞く先生。
 一所懸命っていいなと思いました。 
 

 1 講話Ⅰ

「生徒指導の考え方と進め方」
  担当 生徒指導・特別支援担当 総括担当係長 高橋 利浩 

 (1) 平成5年小田北中卒業式
 (2) 尼崎市の問題行動の現状と課題
 (3) 生徒指導とは
 (4) 体罰について
 (5) 事例研究
 (6) 新任教員に望むこと

 ☆ 講師の豊富な経験に裏付けられた生徒指導への考え方と
    熱い思いが届いたのではないでしょうか。
 

2 講話Ⅱ

「教員としての接遇」
  講師 教育総合センター 指導主事 仁科 良久

 (1) 初任者教員と接遇
 (2) 「接遇」と「接客」
    基本的な「接遇」身だしなみ、応対、言葉づかい
 

3 講話Ⅲ

「コミュニケーションとは何か?
 ~社会人としてのコミュニケーション力を考える~」
  講師 尼崎市 顧問 船木 成記 氏

 (1) 尼崎市が取り組む「シティ・プロモーション」とは
    ~そのマチを好きな人に出会うと、そのマチを好きになる~
 (2) これからの尼崎の未来のために
    ~社会人としてのコミュニケーション力を考える~

 ☆ 「あまらぶ」な子どもが増えるように、相手の身になって
    コミュニケーションを取れるようにしたいですね。
 

 4 「グループ研修」

 (1) 学級経営「構成的グループエンカウンター」
 (2) 地域学習計画の発表
 (3) 実践事例集「Welcom!あま」

 ☆ グループに分かれて和気あいあい。
    素直な気持ちで交流しました。

 

h2506181nen1.jpg




h2506181nen2.jpg




h2506181nen3.jpg

【 アンケートより 】
  • どの講座もとても勉強になりました。船木さんのお話を聞かせて頂き、学年・学校を尼崎好きにしたいと思いました。
    また明日の教育活動に活かして頑張ります。 

 

 

月別 アーカイブ

サイト内検索