平成25年度 音楽教育研修講座 (7月5日)

 市内の音楽の先生が50人ほど集まって研修しました。
 先生方の歌声で視聴覚室がコンサートホールに!歌声と笑い声が響くとっても素敵な研修講座になりました。
 もちろん、学びもしっかりありました。

 講話および演習
  「楽しく進める鑑賞指導~言語活動を視野に」 ~すぐに役に立つ音楽授業のアイデア~
  講師 和歌山大学教育学部 講師 江田 司 氏
 

 1. 6年 和音の美しさを味わおう
        「野ばら」「コラール」の扱い方

  (1) 題材構成の中の鑑賞の位置づけ
     (例)低:鑑>表 高:表<鑑

  (2) 教科書の扱い
   ☆教科書の左上に一番大事なポイントが示されていますね。
     「何を学ぶのか」「何を学んだのか」を意識させることが大切。
   ☆曲を聴いてすぐに歌いました。
     さすが音楽の先生、素敵な歌声です!

 h250705ongaku1.jpg

h250705ongaku2.jpg

h250705ongaku3.jpg

 2. 5,6年 詩と音楽を味わおう
          6年 「待ちぼうけ」
          5年 「箱根八里」「花」

  (1) 「詩」「演奏」「楽譜」この3つから攻める
   ☆「待ちぼうけ」の詩を音読や朗読しました。
     歌ではどの言葉を強調しているのでしょうか。

 3. 3,4年 日本の音楽を親しもう 
          3年 「祇園囃子」「神田囃子」
          4年 「ソーラン節」「南部牛追い歌」

  ◆評価規準の設定やAになる姿の設定の仕方
   (1) 指導事項アイウの相互関係と〔共通事項〕の扱い

  ◆段階を踏んだステップアップ指導法
   (1) 鑑賞指導での歌うことの大切さ
   (2) オノマトペを使うことで言語活動への展開も可能になる

 【アンケートより】
  • 小学校の内容でしたが、鑑賞のとらえ方を見直す勉強になりました。
  • とても勉強になり楽しかったです。もっと聞きたかったです。

 

 

月別 アーカイブ

サイト内検索