平成25年度 マイスターによる公開授業研修講座(3) (7月29日)

武庫庄小学校 山下 由記子先生に第5,6学年キッズサイエンス(夏休み理科実験教室)の公開授業と
講話をしていただきました。
公開授業では、「空気(水)と遊ぼう。」をテーマに授業をしていただきました。
児童一人ひとりに「何でだろう」という疑問を持たせ、児童とともに理由を考える実験教室となりました。

1 キッズサイエンス(理科実験教室)
 ①カップに水を入れて(プラバンシートでふたをすると?)
 ②下敷きを持ち上げる力は?
 ③カップに水を入れて(プラバンシートに穴をあけて)
  ・プラバンシートをガーゼに変えると?
 ④ペットボトルに発泡スチロール球をつけると?
 ⑤真空になると
  ・真空にするとは?
  ・風船の大きさは、どうなるだろう?
 ⑥空気砲で炎を消そう
 ⑦空き缶つぶし
 ⑧マブデグルブの半球
  ・アルコールランプを燃やして、真空にすると?

2 講話
  ・児童の興味関心を持たせるための工夫。
  ・理科の教材研究について
  ・フズリナの化石磨き
  ・人と自然の博物館、恐竜の骨の発掘について

h250729meister31.jpg
 h250729meister32.jpg
【 研修アンケートより 】
 ☆ 先生の発問の仕方や指示の仕方など、勉強させていただきました。
 ☆ 「なんでだろう?」ともっと知りたくなることがいっぱいの授業でした。
    その答えも、わかりやすく示しておられ、子どもたちが、「やりたい」と言って手を挙げる姿がたくさん見られ、
    良い授業だなと思いました。
 ☆ 所属も教科も違ったのですが、とても楽しく興味深い授業でした。
 

月別 アーカイブ

サイト内検索