平成25年度 ミドルリーダー研修(3) (8月19日)

講話「小中連携へのニーズと課題」
講師 兵庫県立大学 准教授 保坂 裕子 氏


1 小中連携のイメージ?

 (1) アヤトゥス・カルタ(フィンランド)
   →マインド・マップ(イギリス)


2 小中連携のニーズ;なぜ小中連携(一貫)教育か?
 (1)小学校から中学校への変化(制度面)
 (2)小学校から中学校への変化(発達面)
 (3)移行に際して求められること
 (4)小中連携と小中一貫

 ☆ 子どもたちの不安を解消し、安心できる場所になると
   いいですね。


3 事例に基づく検討;フィンランドの例
 (1)ともに学ぶための環境とシステムづくり
 (2)ケアサポート・システム


4 日本での取り組み

 (1)大阪中学校区(2小1中)の事例
  ・いきいき授業実践=兼務教員の行き来
  ・いきいき相談タグループ=養護教員の連携
  ・地域連携


5 小中連携の課題

 (1)コーディネーター(リーダー)の重要性
 (2)これからの展望と次のステップ

 ☆ 実態に合わせ、できることから少しずつ取り組みましょう。

 

h250819midoru31.jpg
 

h250819midoru32.jpg
 

h250819midoru33.jpg

【 研修アンケートより 】
  ☆ 小中連携の必要性は日々感じており、今後もできることから少しずつ進めていきたいと思います。
  ☆ 小中連携に関しては個人の力では改善・進展していけるものでないと思います。
    学校の組織で関わる必要性を研修の中で強く感じた。 
 

月別 アーカイブ

サイト内検索