平成25年度 ステップ・アップ研修(4) (9月24日)

 教育目標を構造化するために、どのような方法で教材研究をするのか等を授業改善アドバイザー倉橋忠氏に講話いただき、実際に本時の教材を使って、授業を研究する演習を行いました。
 午後からの公開授業は、授業の視点を明確にし、参観することができた。 

1 午前の部
 講 話 「思考力を育てる授業設計に挑む」~教育目標を構造化する~
 講 師 授業改善アドバイザー 倉橋 忠 氏
 

 内 容
  長篠合戦を使って、思考力を育てる課題づくりについて
   ● 実際に現場に足を運んで収集された教材から見えること
   ● 概念マップ法を利用した板書
   ● 概念マップ法で知識を整理する方法
   ● 子どもをのせる授業のポイントについて
 演 習
   ● 本時の教材をKJ法的にまとめてみよう

   
2 午後の部
 (1) 公開授業 【公開授業研修講座(1)】
   第3学年 社会科 公民「国際問題とわたしたち」
   授業者   中央中学校 畑 和馬 教諭
 (2) 研究協議
  ① 授業者より
   ● 「だれにでもわかる・できる授業づくり」を心がけてきた。
   ● 既習の学習内容をもとに一人ひとりに仮説を設定させる
     ことをめざしてきた。
   ● 仮説は、間違っていてもいいということを生徒に伝え、
     間違ってもいいから、考えてみるという気持ちで授業に
     参加することができる工夫をしてきた。
   ● いつもよりも生徒が頑張って発言しようとしていた。
   ● 資料をどのように活用すればいいのかが課題である。
  ② 質疑応答
   ● 仮説について考えた理由等を生徒同士が交流をする
     場面があるとよかった。
   ● 先生と生徒の関係が良いのが分かる授業の雰囲気だった。
   ● 机間指導で、先生が生徒にアドバイスをしているのが良かった。
   ● ノートの使い方が工夫されていた。
     資料を貼る場所、仮説等を各場所を分けていて、ふり返り
     やすくまとまっていた。日頃の指導がみられる。
 

h250924stepup41.jpg

  

h250924stepup42.jpg

  

h250924stepup43.jpg

【 研修アンケートより 】
 ● 指導方針で迷っているところだったので、専門とは異なる分野でしたが、いろんな観点を聞けてとても参考に
   なりました。
 ● 授業の組み立て方の方法がよくわかりました。早速実践したいと思います。
 ● 同じ初任者の先生の授業を見て、とても刺激になりました。
   一回一回の授業をしっかり準備し、授業で勝負できる先生になりたいと思いました。
 
 

月別 アーカイブ

サイト内検索