平成25年度 道徳教育研修講座(3)(特別研修) (11月19日)

   「ないた赤おに」のお話がよく伝わるように、丁寧な板書で授業を進められていました。子どもたちはおにの涙を通して、「友情」について考えました。事後研究会では「読み物教材を使っての授業づくり」や「ワークシート」を中心に協議しました。 
 
1 公開授業
  第4学年 道徳 「ないた赤おに」
  授業者  難波小学校 湯木 晴奈 教諭
  • 自分にとって、友だちとは。
  • 資料の範読を聞く。
  • 赤おにと青おにの気持ちについて考える。
  • これまでの自分をふり返り、話し合う。

 

2 研究協議
  • 授業者から
  • 質疑応答

 

3 指導助言
  関西学院大学 准教授 冨江 英俊 氏
  • 本時の授業について
  • 道徳教育の現状と課題

     

h251119dotoku31.jpg

  

h251119dotoku32.jpg

 【研修アンケートより】
 ☆ 授業を通して研修を深めていくことは大切なことなので、今後も頑張っていきたいと思います。
 ☆ 道徳教育に関しての研修を定期的に開催していただければと思います。
 

月別 アーカイブ

サイト内検索