平成25年度 公開授業研修講座(16)(4年目教員対象) (11月6日)

 武庫東中学校 鍬田 まなつ 先生の理科の授業を参観し、研究協議を行いました。
 「ICTの活用」「主体的なグループ活動」「小中連携」などを軸に意見交流を行い、今までの実践をふり返り、これからの各自の実践を考える良い機会となりました。 
 
1 公開授業
  授業者  武庫東中学校 鍬田 まなつ 教諭
  単元名  理科 第2学年「電気の世界」
 <目 標>
  • 直列回路・並列回路を組むことができる。
  • 直列回路・並列回路の各点を流れる電流の大きさを調べることができる。
 <主な学習内容>
  • スクリーンを使って、電気用図記号の確認、回路図の書き方、電流計・電源装置の使い方を復習する。
  • はじめは直列回路、次に並列回路と、各点の電流を測定する。
  • 結果をまとめ、規則性をグループで考える。

 
2 研究協議
 (1) 会場校校長あいさつ
 (2) 授業のふり返り(授業者)
  • 生徒の学習状況と本時の授業の成果と課題について
  • 実験道具の準備について
 (3) 授業改善へ向けての意見交流、質疑応答
  • ICT活用の有効性について
  • 主体的なグループ活動のあり方について
  • 学習活動を苦手とする生徒への対応と配慮について
  • 理科における小中連携の視点について
 (4) 指導助言
  • 授業規律の重要性について
  • 本時のねらいや発問の工夫について
  • 他校での優れた授業実践について
  • 授業のふり返り(先生、生徒の自己評価、相互評価)の大切さについて

 

h2511064nen1.jpg

h2511064nen2.jpg

h2511064nen3.jpg

h2511064nen4.jpg

《 感想より 》
  • プロジェクターを使って、文字や映像を拡大しタイミング良く提示することで、分かりやすく説明できることが分かりました。実践してみたいです。
  • 今回の研修をはじめ、尼崎市立尼崎高等学校での数学授業の参観(4年目教員異校種研修)など、とても勉強になりました。今後ともこのような研修の機会を増やしてほしいです。

 

 

月別 アーカイブ

サイト内検索