平成26年度 第5回 尼崎市1年目教員必修研修 (7月1日)

7月1日(火)に平成26年度尼崎市1年目教員必修研修がありました。
尼崎市立尼崎養護学校に出向き、特別支援学校における、児童生徒の心情や教育活動について理解を深めました。

【 午前 】
  1 登校指導参観
  2 授業参観
  3 学校概要説明
  4 体験研修
  5 摂食指導参観
 

【 午後 】
  1 講話 「尼崎養護学校の行事について」
    講師 尼崎養護学校 教頭 吉本 稔
  2 グループ討議、全体反省会
 

h2607011nen1.jpg

h2607011nen2.jpg

  ☆ 肯定的支援 大きくほめる、目線を合わせる
  ☆ 常に笑顔で! アイコンタクト、マッサージ(可動域を広げる)→「手で会話」する
  ☆ 個の支援→実態把握、観察
  ☆ 個に応じた教材の工夫 子どもの表情の変化を見逃さない、信頼関係
  ☆ 言葉以外のサインを見逃さない 子どもの自主性の尊重(過度な支援はしない)
 
【アンケートより】
  • 大変貴重な体験の場を設けていただきありがとうございました。
  • 子どもたちを指導していく上での「ほめる、待つ、自分で決めさせる」ことの大切さを改めて気づかされた。
    明日から意識してていこうと思います。
  • 特別支援教育と通常学級がこんなに近い部分、ためになる部分があったことに気づかされた。
    視覚的や具体的、肯定的というワードを意識して次の現場へ生かしたいと思う。
  • 今日は個々について考えさせられた一日でした。
    明日からまた、子ども一人一人と十分関わることを目標にしたいと思います。
 

月別 アーカイブ

サイト内検索