平成26年度 第7回 尼崎市1年目教員必修研修 (7月29日)

7月29日(火)に平成26年度尼崎市1年目教員必修研修(第7回)がありました。
今回は午前の部で「人権」について、午後の部で小学校向けに「学級経営」中学校向けには「クラブ活動」についての
講話がありました。初任者の真剣な取り組みがみられた1日でした。
 

1 講話Ⅰ (人権教育のすすめ)

  講話 「あーよかったな あなたがいて
         ~「優しさ」という温かい貯金~」
  講師 尼崎市教育委員 仲島 正教 氏
  
    (1) 「出会い」「気づき」「広がり」
    (2) 人権を学ぶ・・とは?
    (3) 教師の姿は、子どものお手本。
    (4) 「優しさ」という温かい貯金
    (5) 差別をなくす3つの心


2 講話Ⅱ (小学校)

  講話 「学級経営について」
  講師 元 成徳小学校 校長 枝根 富子

    (1) はじめに
    (2) 学級経営を振り返って
    (3) 授業経営の振り返り
    (4) 通じる・響き合う・作り合うコミュニケーション
    (5) おわりに


3 講話Ⅱ (中学校)

  講話 「クラブ活動について」
  講師 大庄北中学校 校長 中 俊弘

    (1) 自分理解
    (2) 教師としてのクラブ指導
    (3) 自分・人・チームを育てる
    (4) 指導の基本
    (5) 指導の注意点
 

h2607291nen1.jpg
 

h2607291nen2.jpg
 

h2607291nen3.jpg
 

【アンケートより】
  • 仲嶋先生の講演は、自分の学校とよくにたケースの話が多く、とても共感できました。
    まだまだ自分には、言うことを聞かないヤンチャな児童をつつみこむほどの心の広さがありませんが、今日のお話を聞いて、どういう方向性で努力していくべきなのか、はっきりしたような気がします。
    さらに心を広げられるように自分を磨いていこうと思いました。
 

月別 アーカイブ

サイト内検索