平成26年度 第9回 尼崎市1年目教員必修研修(10月21日)


 「尼崎の歴史」について古代から現代までの変遷だけではなく、尼崎が流通や軍事などにおいても重要な役割を担っていた点などを学ぶことができました。初任者の先生方も尼崎のことをより深くより広く知ることができたのではないかと思います。
 社会体験フォーラムでは5人の先生方に壇上へ上がっていただきました。普段できない社会体験を通して感じたことや学んだことを自分の言葉でしっかりと伝えてくださいました。
  


     【午前の部】
 
     講話「尼崎の歴史」
     講師 尼崎市立地域研究史料館 館長 辻川 敦 氏

 
  1 はじめに 尼崎ゆかりの人物史
  2 ポイント① 「尼崎」という地名と土地形成
  3 ポイント② 古代以来の歴史の多様性
  4 ポイント③ 工業都市形成と現在の尼崎市域


      【午後の部】

  1 社会体験フォーラム ・パネルディスカッション
    パネリスト(七松小 村内教諭、武庫中 遠藤教諭、
                        立花南小 平野教諭
             園和小 増田教諭、小園中 石本教諭)
  
      (1)研修先の紹介
      (2)研修先で学んだことや苦労したことなど
      (3)これからの教育活動に活かせること

  2 グループ研修

     (1)地域研究発表(個人の中間発表)
     (2)構成的グループエンカウンター(自分への手紙)

 
 

 h261021itinen01.jpg
 h261021itinen02.jpg
【研修アンケートより】

 ☆ 尼崎市のことをほとんど知らずに着任したので、
   少しでもできた時のことや昔のことを知ることができてよかったです。
       これを 機にたくさん勉強して、楽しく子どもに教えます。
 ☆ 個人的には生まれ育った近くの三和商店街の写真はうれしかったです。
   歴史ある尼崎で生まれ育ち、仕事ができている
       幸せを改めて感じることができました。
  

 

 

月別 アーカイブ

サイト内検索