平成26年度 第1回 体育科教育研修講座

 平成26年7月22日(火)に立花南小学校 体育館にて、塚口中学校 村上 修 先生に講師として来ていただきました。若手教員が急増する中で、安全面に重点を置いた組立体操の研修講座であった。単なる技の紹介や技能面の指導ではなく、組立体操を行う意義やそれに向けた心構え・準備等について、丁寧に指導いただきました。
 

1 ビデオ視聴
  (立花中学校 H24年度実施 組立体操演技)


2 講話

(1)集団行動の基本
   ・体育委員による諸活動について
   ・姿勢について
   ・隊形整列について
   ・列の増減について
   ・開列、閉列について
   ・行進、駆け足について

(2)組立体操のけがの予防
   ・指導に当たっての配慮事項について
   ・身だしなみについて
   ・力の入れどころについて
   ・技術指導における注意点と例示について

(3)組立体操でたいせつなこと
   ・姿勢と体の動かし方について
   ・心構え、態度について
   ・職員間の協力体制について

(4)組立体操の準備
   ・計画的実施について
   ・継続的な準備運動について

(5)組立体操の形
   ・個人技、全体技の種類について
   ・技の難易度について


3 実演・練習
  (受講者による活動)

h260722taikukakyoiku1.jpg

h260722taikukakyoiku2.jpg

h260722taikukakyoiku3.jpg


【アンケートより】

☆ 技のやり方だけではなく、集団の中で、子どもたちを育てる大切さを教えていただきました。
☆ 初めて行う技もあったが、ポイントを適切におさえて指導いただいたので、とてもわかりやすく理解できました。
☆ 組み体操に関する基本的な考え方を学ぶことができました。「指導者の心構え」が心に残りました。
☆ 早く子どもたちに伝えたいという思いが強くなりました。
 

月別 アーカイブ

サイト内検索