平成26年度 防災・安全教育研修

平成26年8月8日(金)に視聴覚室にて、学校教員から組織される震災・学校支援チーム(EARTH)の4人に講師として来ていただきました。講話と副読本「明日に生きる」を使った指導案の検討を通して、防災意識や防災対策について考えました。
 

1 活動報告および講話  視聴覚室にて

(1) EARTH員 自己紹介

震災・学校支援チーム(EARTH)
・西宮市立上ヶ原小学校     西本 英典 教諭
・芦屋市立朝日ヶ丘小学校   田淵 雅樹 教諭
・尼崎市立常陽中学校      三浦 肇記 教諭
・尼崎市立尼崎工業高等学校 大西 喜代志 主幹教諭

(2) EARTH員 活動報告

(3) 事例報告

(4) 阪神淡路大震災、東日本大震災から見る
  防災意識・防災対策

(5) これからの震災に向けて


2 グループに分かれて

【副読本「明日に生きる」を活用した指導案づくり】

2研修室を使用し、それぞれ6地区ごとに分かれて
グループをつくって話し合いました。

◆幼稚園・小学校教員・・・視聴覚室にて
◆中学校・高等学校教員・・・科学実験室にて

(1) 自己紹介および係(記録・司会)決め

(2) 指導案づくり

(3) グループごとの発表


3 グループ発表および交流活動  視聴覚室にて

幼稚園・小学校グループと中学校・高等学校グループから、
それぞれ代表1グループずつを決め、全体の前でつくった
指導案の内容やねらいを発表し、意見の交流を行った。
 
h260808bosaianzenkyoiku1.jpg

h260808bosaianzenkyoiku2.jpg

h260808bosaianzenkyoiku3.jpg

【アンケートより】

☆ EARTHの方の話を聞いたり、同じ地区の方々と防災の授業について指導案を作成したりと、
  今後、学校で広めていける内容が多く、勉強になりました。
☆ シリーズ化を望むことで、教師自身が子どもの命を守るという安全意識を高め、
  臨機応変に対応していく力や教師自身がシュミレーションする力をつけていくことにつながり、それが、
  どれだけ大切かということを感じました。
 

月別 アーカイブ

サイト内検索