平成26年度 家庭科教育研修講座

平成26年8月28日(木)に第2研修室にて、あおぞら財団研究員 林美帆氏と消費生活センター啓発担当・チーフ相談員 大垣和枝氏を講師としてお迎えしました。消費生活センターでの生活問題事案及びフードマイレージについて、消費生活と環境のかかわりを中心にゲームを取り入れながら考えました。
 

1 消費生活センターより
  【消費生活センター事案について】

  啓発担当・チーフ相談員 大垣 和枝 氏

  ・アダルトサイト問題(どの世代でも1位)
  ・オンラインゲーム トラブルについての電話件数
   多い
   親のクレジットカード番号でゲーム内のアイテム
   を買って、高額請求
   ペアレンタル・コントロールという機能がついて
   いるが、保護者が理解できていない現状
   web明細のため、詳細まで見ていない現状
  ・決済手段の多様化・・・vプリカ(匿名性高い) 等


2 買い物から環境と交通を考える

  あおぞら財団 林 美帆 氏


(1) 『買い物ゲーム』を行う
  ・グループ(4人程度)に分かれて一家族になり、
   条件(時代、交通手段、予算etc)がちがう中、
   夕食の買い物をする。
  ・家族で買ったものを絵に表わし、発表する。
  ・条件がちがう中で買えるものにちがいがあること
   を知り、フードマイレージのことを知る。

(2) フードマイレージから私たちの食生活を考える
  ・世界の中での日本のフードマイレージ率
  ・背景にある食生活の変化、フードマイルズ
   (移動距離)の変化
  ・地域ごとの自給率

(3) 消費生活と環境とのかかわり
  ・消費、交通=社会的行為
  ・移動することは、周りのことを考えた自分の
   ライフスタイルを選択すること
 
h260828kateikakyoiku1.jpg

h260828kateikakyoiku2.jpg

h260828kateikakyoiku3.jpg 

【アンケートより】

☆ どのように教えていけばよいか なかなか考えることができないトピックスだったので、大変よい研修になりました。
☆ ワークショップをともない、工夫された教材で、実感をともなって学ぶことができた。
☆ 教材のレンタル費について課題はあるが、ぜひ授業で活用したい内容であった。
☆ どのように教えていけばよいか なかなか考えることができないトピックスだったので、大変よい研修になりました。
☆ ワークショップをともない、工夫された教材で、実感をともなって学ぶことができた。
☆ 教材のレンタル費について課題はあるが、ぜひ授業で活用したい内容であった。

 

 

月別 アーカイブ

サイト内検索