平成26年度 英語科教育研修講座

平成27年2月23日(月)に中央中学校 多目的ホールにて、関西外国語大学 教授 中嶋 洋一 氏を講師としてお迎えして行いました。「依存的学習者を育てる授業VS.自律的学習者を育てる授業」をテーマに評価につなげる授業づくりについて、『学ぶ(learn)』ということの意義をゲーム等を取り入れながら丁寧にお話しくださいました。
 

1 机間指導の意義

  机間指導は、教材研究と等しい。
  教材研究は、放課後に行うものばかりではない。

2 依存的学習者と自律的学習者を育てる授業

  「study」と「learn」のちがい
   ・study・・・かけた時間や努力
   ・learn・・・理解できたか
   ※1時間で、「learn」ができたかを確かめる
     ことが大切

3 子どもができるようになったかを確かめる活動の
  取り入れ方


  ex:◆赤・黄・青チョークを消させて、書き込ませる
      わからない子・・・となりにヒント出させる
      →「今、やっとわかった!」
      ・・・友だちは、既習体験を活かして教えて
        くれる存在
     ◆授業ラスト5分の活用
      ライバル同士で問題を出し合う
      ・責任感を持ち、真剣に聞くようになる
      ・理解していないと問題を作れない
      ・出力場面の用意
       (だれかのためにという意識)
       →2つの力が伸びる・・・①傾聴力
                      ②説明する力

4 「学ぶ授業(自立的学習者を育てる)」の構築

  River Peaple「教えられる人たち」・・・
    教師が説明すればするほど
  Goal Peaple 「学ぶ人たち」・・・
    ねらい(~できる)→できたかの確認(評価)

5 「Who am I」(ゲーム)を通して学ぶ

  5つのポイント
  ①ルールシンプル
  ②自己決定
  ③問題解決
  ④自分で考える学習
  ⑤お互いが貢献できる(win-winの関係)
 
h270223eigokakyoiku1.jpg

h270223eigokakyoiku2.jpg

h270223eigokakyoiku3.jpg

【アンケートより】

☆ 自分がどれだけ生徒に「学び」をあたえられているのかをとても考えさせられ、いろいろな気づきがありました。
  今後の授業に活かしたいと思います。
☆ いろいろな例示の中で、ペアで考える時間も用意されていて、大人が学校の子どもたちと同じ体験を
  できたと思います。
 

月別 アーカイブ

サイト内検索