平成27年度 教頭研修

8月4日(火)教頭研修を第1研修室にて実施しました。


講話・演習「学校のマネジメントについて考える」
                (京都教育大学教育学部 教授 榊原 禎宏 氏)

  

1 マネジメントとは

2 マネジメントと学校教育

3 学校の語られ方

4 学校におけるリーダーシップとは何か

5 学校カリキュラムの開発に向けて
○自校のこれからの校内研究を考えてみよう

6 リーダーシップとしてのコミュニケーション
○書き言葉:テキストで人を動かすとは
○話し言葉:声を発するとは→声のチェックポイント
○非言語コミュニケーションの種類→たとえば,視線
○コミュニケーション関係を5W1Hで考えてみる
○教職員にどのような眼差しを注ぐか
○コーチングの考え方

7 学校という場の規範あるいは雰囲気
学校でのやる気と笑い,楽しさ,ユーモア ~笑い学の知見から~
○その集団へのこだわり,さらに誇りは,いかに生まれるか。
○共通体験,共感-「わかる、わかる」
○笑いは人を結びつける。真似をすることでわかる気持ち
○認め合う関係,許し合う関係を促す。
○「まじめな雑談」のできる環境を
 

 h270804kyoutou.jpg

【アンケートより】

○違った視点で業務を見直すことが大切であることがわかりました。
○普段使える具体的で有効な方策が多く,とても参考になりました。
○学校の校内研修を基本から見直すよい機会となりました。
  

 

 

月別 アーカイブ

サイト内検索