平成27年度 理科教育研修講座(2)

8月21日(金) 理科教育研修講座(2)を実施しました。


講話「ICT活用を通した理科教育の可能性について」  (教育総合センター情報教育担当  東江 潤 氏)

  

教育総合センター情報教育担当の東江 潤氏から、講話いただきました。
 「ICTは、あくまで道具です。」と東江氏は、お話しされました。
(1)なぜ、ICTを活用するのか。
(2)教員のICT活用状況
(3)ICT活用上の注意点
 これらを踏まえて、最後には模擬授業をしました。

【講話より】

教員のICT活用指導力の5大項目は以下の通り
(1)教材研究・指導の準備・評価などにICTを活用する能力
(2)授業中にICTを活用して指導する能力
(3)児童生徒のICT活用を指導する能力
(4)情報モラルなどを指導する能力
(5)校務にICTを活用する能力
情報機器を授業に取り入れることで、理解が深まったり、興味・関心が高まり、
教育効果が上がっていることが報告されています。
 「まずは、使ってみて下さい」と東江氏は、話されました。
 

 

 h270821rikakyouiku01.jpg

 

 

 




h270821rikakyouiku02.jpg        h270821rikakyouiku03.jpg  
 

【アンケートより】

*板書・模造紙などを使って昔からの授業を続けているので、是非、ICTの活用法を学び 
  たいと思い、参加しました。手軽に活用できそうなものを教えていただき、少し身近に思
  いました。参考になりました。活かしていきます。
*2学期は、もう少しICTを利用しようと思います。
*実験データをグラフ化し、その時間に生徒と確かめられるのは大変良いと思いました。
  さっそく使います。
*是非、シリーズ化をしていただきたいです。
  

 

 

月別 アーカイブ

サイト内検索