平成27年度 第6回 マイスター教員による公開授業研修講座

10月9日(金)マイスター教員による公開授業研修講座(6)を尼崎北小学校にて実施しました。  


① 公開授業 第5学年 体育科『鉄棒運動』
   指導者 尼崎市立尼崎北小学校 教諭 田本 裕之 氏

 

② 講話「子どもが熱中する体育授業」
   講師 尼崎市立尼崎北小学校 教諭 田本 裕之 氏

(1)体育は何を学ぶ(教える)教材か
   運動と自分との関係づくり⇒生涯にわたって運動やスポーツを豊かに
      実践する力

(2)熱中する体育授業のポイント
   ① 運動の特性(楽しさや魅力)を大切にする。
      運動の特性=その運動のもつ楽しさや魅力
                                                     (できるかどうかに夢中になる世界)     
   ② 易しい学習からのスタート。今もっている力を大切にする。
      子ども全員が今もっている力で運動の特性を味わえる優しい学習
        (ねらい・ルール・場など)からスタート ⇒ 今もっている力で運動を楽しむ
   ③ 子どもの必要感からの技能獲得
      (例)ゲーム学習の場合  ゲーム ⇒ ふり返り・練習 ⇒ ゲーム 
                                                             ⇒ まとめ
   ④ 50%の計画と50%の実践
      はじめの単元計画にとらわれすぎず,目の前の子どもの様子を
       大切にする。

(3)本実践について


(4)質疑応答 

  

   
   




h271007maisuta6_001.jpg
           



 h271007maisuta6_002.jpg
 

【アンケートより】

○ 子どもたちの取り組む姿勢,笑顔に普段の先生の努力と準備,児童との関係を感じることができました。
○ 私たちが指導に困難さを感じている鉄棒の単元を見せていただき,勉強になりました。
○ 子どもが熱中する姿におどろきました。事前の指導やその場に応じた指導がとても大切だと感じました。
○ 今後の授業づくりに生かしていきたいと思います。
  

 

 

月別 アーカイブ

サイト内検索