平成27年度 子ども理解のための研修講座 (4)

8月18日(火)教育総合センターにて子ども理解のための研修講座(4)を実施しました。
「子どもの心の不調への対応」について、講話をいただきました。

講師 : 元 県立高等学校長 特定非営利法人 こあら 理事 正岡 茂明 氏
講話と演習


(1)「はーとトンネル」を利用した授業例
①こころのダメージ(各班でのワーク)
②A君への質問
③言葉かけ(うれしい言葉、つらい言葉)
④ベネフィット・ファインディング、教材の説明

(2)こあらの会の活動と教材「はーとトンネル」の製作について

(3)「こころの叫びに寄り添う~子ども一人ひとりを大切に」
①「神戸いのちの電話」と「こあらの会」⇒現在の私の活動
②学校という社会(全体と個、画一性と多様性、規律と自由)学校を外から見て
③つなぎ役の大切さ⇒今までの経験から
④助けを求める力と一緒に居れる集団、信頼できる大人へつなぐ…
 いじめ対策、自殺予防、心の不調の早期発見・早期治療
 

h270818kodomorikai02.jpg

h270818kodomorikai01.jpg 
【アンケートより】

○お忙しい中、ありがとうございました。養護教諭が、不登校児童の対応に多く悩む時があります。
  今後も、精神・心理分野で学べる知識・技術等、教えていただける研修がありましたら、
  参加して現場に活かしていきたいです。
○この教育につながる優しい心を持った子どもを育てなければと再確認しました。
  最近子ども達の優しさがなかなか育たないのが悩みですが、家庭教育の大切さを感じています。
  若い親御さんが増えているので、子ども達を育てる前に、
  親御さんの優しさを育てなければいけないかも知れません。
 

月別 アーカイブ

サイト内検索