平成27年度 小学校国語科 教師の授業力向上研修講座(5)

3月10日(木)小学校国語科 教師の授業力向上研修講座(5)を科学実験室にて実施しました。
 

1. 授業実践発表会

 6年⇒1年⇒2年⇒3年⇒4年⇒5年の順で実践発表
 (1)授業者による実践報告
 (2)質疑
 (3)今宮先生による指導助言
※自分の学級で実践した国語科の授業を報告するため、学習指導案、児童の学習成果物、授業の振り返りや考察をまとめたものなどを持ち寄っています。

h280310kokugo01.jpg
 


2.講話 「授業づくりを楽しむ」
   講師 : 関西大学初等部 / 教諭
: 今宮 信吾 氏

● 授業を創る
  「つけたい力」が大事 → ①教材を探す ②組み立てる ③指導案
授業研究
  実践(みとり,省察)⇒ 課題 ⇒ 実践 …
「話し合いの活性化」4つの要素
  ①促進者ファシリテーター(司会マニュアルをこえた促進者)
  ②テーマの共通性 
  ③情報の共有 
  ④(子ども同士の)関係性
h280310kokugo02.jpg
子ども同士が繋がるために → 教師自身がこたえてしまわないようにする方法
   とぼける、翻訳、確認、対立点、まとめ、例示 など
聴く   耳、目、心 ⇒ 「目」が重要 どこを見ながら聞いているかどうか?
聴写  聴き書き
大学入試改革における評価すべき能力について(思考力、判断力、表現力等)
  
【アンケートより】
○せっかく研究するのであれば「ダイナミックな単元構成に」という助言をきっかけに
 最終的には市長に意見文を提出、そして新聞、テレビにも取り上げられることになり、自分でも驚いています。
 同じグループの先生方の考え方や行動力、何より熱意に私が感化され,本当に勉強になりました。
 学校を越えて研究することで校内研究とは違った新鮮さがあり、進めていて楽しかったです。
○最初は講義をうけるような気持ちで参加していましたが、実践を通して学ぶことがとても多かったです。
 やはり自分で指導案を書き、授業をするということが大切だと思いましたし、
 その授業について意見をいただけて勉強になりました。来年度もこの講座で学習したいと思います。
○とても勉強になりました。
 だからこそ他の方にもぜひ受講し、質問して学んでほしいという思いがとても強くなった講座でした。
 たくさんのアドバイス、たくさんの資料本当に勉強になりました。
 伝達ではなく、本当に自分から学んでいきたいと思える5回でした。

 

 

月別 アーカイブ

サイト内検索