教職員研修

7月10日(金)に、令和2年度 体罰防止研修の中の
体罰防止指導方法研修を実施しました。
 

尼崎市立尼崎高等学校等で発生した体罰事案や全学校園で実施した体罰アンケートの結果を受け止め、
市として体罰再発防止の取組を一層強化する必要性から、
外部の専門機関に委託し、3年間を集中期間として、体罰防止へ向けた教職員の特別研修を実施するものです。

新型コロナウイルス感染防止対策により「zoom」を利用したオンラインによる研修となりました。

 
「体罰防止指導方法研修」

部活動は学校教育の一環であり、年齢、健康状態、技能の習熟度、
場所や時間などの環境等を総合的に考え、適切に実施する必要があるます。
そのために、部活動顧問対象の「指導方法研修」を実施し、指導力の向上を目指します。

講話:株式会社Meta-Design-Development 福住 昌子 氏
20200703taibatu_sidou01.jpg  20200703taibatu_sidou02.jpg

 

第1回 授業力向上研究部会

7月9日(木)に、第1回 授業力向上研究部会を実施しました。
 

本年度、小学校においては、新学習指導要領の全面実施元年であり、
また中学校においては、令和3年度の全面実施に向けた移行期間となっています。
新学習指導要領総則によると、
1.知識及び技能の習得
2.思考力・判断力・表現力等の育成
3.学びに向かう力、人間性等の涵養 
が偏りなく実現されるよう、単元や題材などの内容や時間のまとまりを見通しながら、
児童の主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善を行うことと明記されています。
この方向性を踏まえ、本市では平成28年度より31年度まで小学校国語科及び小学校算数科において
アクティブ・ラーニング部会を発足・展開し、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた実践を重ねてきました。
また、平成30年度には「授業改善の視点」を作成し、各校において周知を図ってきました。
本研究会ではこれまでの実践を踏まえ、「授業改善の視点」に基づいたモデル授業の公開や、
「授業改善の視点」の改訂等を通してその内容を精査・一般化し、さらに周知徹底することにより、
本市教員の更なる授業力向上を目指すものと考えています。

専任講師、たつの市立 新宮小学校 石堂 裕 主幹教諭の指導で行われました。

 
<第1回の内容>
(1)研究テーマの設定 (2)具体的取り組み計画の作成及び共有

20200709gakuryoku1_01.jpg  20200709gakuryoku1_02.jpg

 

7月9日(木)に、令和2年度 管外転入教員等研修を実施しました。
 

尼崎市の子ども達を取り巻く状況をふまえて、本市における教育課題を把握し、実践力を高めます。

新型コロナウイルス感染防止対策により「zoom」を利用したオンラインによる研修となりました。

 
講話 : 本市の教員に望むこと
講師:教育総合センター 所長 平山直樹
20200709kangai_01.jpg  20200709kangai_02.jpg
7月7日(火)に、第6回尼崎市1年目教員必修研修を実施しました。
 

教員として、児童生徒の命に関わる学校事故およびアレルギー疾患への
適切な対応のあり方について理解を深めました。
午後の授業実践研修では、教科の目標を踏まえ
クラス全員が活躍するための授業づくり・学級づくりについて学び、
実践への意欲を高めました。

新型コロナウイルス感染防止対策により「zoom」を利用したオンラインによる研修となりました。

 
【研修Ⅰ】 講話 : 学校事故およびアレルギー疾患への対応について
講師:保健体育課 指導主事 堂前真衣子
r020707syonin6_01.jpg  r020707syonin6_02.jpg
 
【研修Ⅱ】 講話 : 授業実践研修① クラス全員が輝く授業づくり・学級づくり
講師:尼崎市立七松小学校 教諭 中野 穣 氏
r020707syonin6_03.jpg  r020707syonin6_04.jpg

 

7月3日(金)に、令和2年度 体罰防止研修の中の
体罰防止アンガーマネジメント・ストレスコントロール研修を実施しました。
 

尼崎市立尼崎高等学校等で発生した体罰事案や全学校園で実施した体罰アンケートの結果を受け止め、
市として体罰再発防止の取組を一層強化する必要性から、
外部の専門機関に委託し、3年間を集中期間として、体罰防止へ向けた教職員の特別研修を実施するものです。

新型コロナウイルス感染防止対策により「zoom」を利用したオンラインによる研修となりました。

 
「体罰防止アンガーマネジメント・ストレスコントロール研修」

学校現場において、教職員の体罰防止等に対する意識改革、意識の醸成、意欲向上を図る必要があり、
そのために教職員対象の「アンガーマネジメント・ストレスコントロール研修」を実施し資質向上を図ります。

講話:株式会社Meta-Design-Development 鷺本 晴香 氏
20200703taibatu_stress01.jpg  20200703taibatu_stress02.jpg

 

新任教頭研修

7月2日(木)に、新任教頭研修を実施しました。
 

教頭としての心構えや学校経営について研修し、学校経営の充実を図るとともに
実務について学び、円滑な校務の推進を図ります。

新型コロナウイルス感染防止対策により「zoom」を利用したオンラインによる研修となりました。

 
【研修Ⅰ】 講話 : 教頭の実務について
講師:教育総合センター 所長 平山直樹
20200702sinninkyoto_01.jpg  20200702sinninkyoto_02.jpg
 
【研修Ⅱ】 講話 : 生徒指導事案に関わる初期対応について
講師:いじめ防止生徒指導担当
20200702sinninkyoto_03.jpg  20200702sinninkyoto_04.jpg
 
【研修Ⅲ】 講話 : 学籍事務・就学援助について
講師:学事課
20200702sinninkyoto_05.jpg  20200702sinninkyoto_06.jpg
 
【研修Ⅳ】 講話 : 特別支援学級編成に係る事務手続きについて
講師:特別支援教育担当
20200702sinninkyoto_07.jpg  20200702sinninkyoto_08.jpg
 

【研修Ⅴ】 講話 : 学校教育に係る食物アレルギーについて
講師:保健体育課・学校給食課

20200702sinninkyoto_09.jpg  20200702sinninkyoto_10.jpg
 
6月30日(火)に、第5回尼崎市1年目教員必修研修を実施しました。
 

学習指導に関する自身の教育課題を持ち、魅力ある授業づくりを目指して資質・技術の向上を図ります。
午後の研修は、教育公務員特例法第24条の規定に基づき、
個々の教諭等の能力、適正やニーズに応じる研修として、指導力の向上を目的としています。

新型コロナウイルス感染防止対策により「zoom」を利用したオンラインによる研修となりました。

 
【研修Ⅰ】 講話 : 授業づくりについて
講師:学び支援課 課長 桐山 勉
r020526syonin5_01.jpg  r020526syonin5_02.jpg
 
【研修Ⅱ】 講話 : 子どものつまずきに気づく~ティーチャーズトレーニングをとおして~
講師:NPO法人ラヴィータ研究所 理事長 米田和子 氏
r020526syonin5_03.jpg  r020526syonin5_04.jpg

第1回 体力向上研究部会

6月26日(金)に、第1回 体力向上研究部会を実施しました。
 

本市児童の体力運動能力は、全国・県平均と比較すると低い水準にあります。
本研究部会では、体力向上に向け、授業でのウォーミングアップ時に取り組むことが可能な
プログラムづくりについての研究を行っていきます。
さらに、保育園・幼稚園・小学校・中学校と継続的に行うことにより、
子どもたちの体力向上を目指します。

部会の専任講師、美作大学 児童学科 津田 幸保 准教授をお招きし、
演習では実際にリズムジャンプを体験しながら実施方法を学びました。

 
<第1回の内容>
①リズムジャンプの効果と実施方法について
②各校で考えていただくことの説明、交流 等
  
20200626tairyoku-1_01.jpg  20200626tairyoku-1_02.jpg

20200626tairyoku-1_03.jpg  20200626tairyoku-1_04.jpg

 

6月25日(木)に、令和2年度 体罰防止研修の中の
体罰防止マネジメント研修(前期)を実施しました。
 

尼崎市立尼崎高等学校等で発生した体罰事案や全学校園で実施した体罰アンケートの結果を受け止め、
市として体罰再発防止の取組を一層強化する必要性から、
外部の専門機関に委託し、3年間を集中期間として、体罰防止へ向けた教職員の特別研修を実施するものです。

新型コロナウイルス感染防止対策により「zoom」を利用したオンラインによる研修となりました。

 
「体罰防止マネジメント研修」

管理職(校園長・教頭)を中心に、学校園現場における体罰防止等に対する意識の改革、
意識の醸成等を行う必要があることから、管理職対象の
「体罰をさせない風土づくりに向けたマネジメント研修」を実施し、
マネジメント能力の向上を図りました。

講話:株式会社Meta-Design-Development 櫻井 直子 氏
20200625taibatu_manage01.jpg  20200625taibatu_manage02.jpg
6月24日(水)に、第1回 STEAM教育研究部会を実施しました。
 

STEAM教育とは
Science《科学》、Technology《技術》、Engineering《工学》、Art《人文・芸術》、Mathematics《数学》を
統合的にマネジメントする教育手法で、産業界などから日本での導入を求められている分野です。
本研究部会では、本年度から小学校で必修化され来年度からは中学校技術・家庭科でも導入される
「プログラミング教育」を視野に入れつつ、教科横断的に「情報活用能力」を育てるために、
STEAM教育の視点から探究的な学習の在り方について研究を進めていくものです。

WEB会議システム「Zoom」を使用し、東北学院大学 稲垣忠教授の指導で行われました。

 
<第1回の内容>
①情報活用能力に関する国の動向(文部科学省・仙台市の取り組みなど)
②各校種のプログラミング教育に関するディスカッション
③探究学習/PBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)の進め方 等
  
20200624steam1_01.jpg  20200624steam1_02.jpg

20200624steam1_03.jpg  20200624steam1_04.jpg
 
研修カレンダー
2020年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
色付の日にちをクリックすると当日開催の研修内容が表示されます

サイト内検索