教育目標

平成29年度 学校経営の方針

尼崎市立園田北小学校

(1)学校教育目標

       「温かい心  強いからだ  すぐれた知恵」

 

(2)めざす児童像

          ① おもいやりをもち、みんなと仲よくする子

          ② 精一杯きたえる子

          ③ すすんで学び、よく考える子

 

(3)めざす教職員像

           教育に対する情熱をもち、日々研鑚に努める教職員

           子どもを愛し、夢と元気を与える教職員

           保護者や地域の声を聞き、信頼に応える教職員

 

(4)めざす学校像

           一人一人が大切にされる学校

           活力に満ちた明るい学校

           保護者に信頼され、地域に愛される学校

 

(5)努力事項

         ① 学校安全に関する校内体制の整備

子どもたちの安全確保のため、教職員の危機管理意識の向上を図る。また、安全点検の充実、実効ある防犯・防災訓練の実施等、危機管理マニュアルの整備・改善を実施する。

 

         ② 基礎・基本の定着

学習指導要領の趣旨を踏まえ、一人一人の児童の能力・特性に応じた学習活動を工夫し、基礎・基本の定着を図る。

 

         ③ 校内研究の推進

「学習指導要領」及び本県「指導の重点」の趣旨に基づき、アクティブラーニング・ICT活用・学力向上等に関し,効果的で多面的な指導法について研究を深める。また,道徳及び英語の教科化に向けた準備・取組を学校全体で進めていく。

 

   ④ 心の教育の推進

命や人権を大切にし、自らを律しつつ、思いやりをもって他人と協調する姿勢を養う。また、感動する心や公共の精神を尊ぶ心を育てる。

 

         ⑤ 心通い合う生徒指導

いじめや不登校、自殺等の今日的課題を未然に防ぐため、あるいは兆候を見逃さないため、日常の学級経営を充実させ、教師と児童との信頼関係及び児童相互の好ましい人間関係を育てる。また、教職員の共通理解を図り、子どもたちの目線にたった生徒指導を展開する。

 

         ⑥ 学びの場としての環境整備

                  児童の学習効果を最大限に伸ばすため、自然環境、言語環境、物的環境を整える。

 

          ⑦ 開かれた学校づくり

 

学校・家庭・地域がそれぞれの役割を果たし、相互補完的に連携することにより、子どもたちの健全育成に努める。また、学校の取組や成果を積極的に公開し、信頼される学校づくりを目指す。

 

 

< 校内研究 >

   研究テーマ

      自ら求めはたらきかける子どもを育てる
            ~ 放送番組を通して共に考え、話し合い、高め合う授業の創造 ~

 

   テーマの設定について

 本校の教育目標である「温かい心 強いからだ すぐれた知恵」は、主体性を身につけバランス感覚のある心豊かな児童の育成を願ったものである。これを具現化するには、あらゆる機会を捉えて確かな学力を身につける必要がある。   

 そこで、研究テーマ「自ら求めはたらきかける子どもを育てる」を掲げた。

 本校では、3年間「国語科」を中心に各学年で年間計画を作成し、聞く・話すの基礎基本の上に、「コミュニケーション力」に力をおいて研究を進めてきた。3年間の実践で、聞く・話す態度がよくなってきた。また、メモを取りながら話したいことが話せるようになってきており、言葉のキャッチボールも片道だけから、一往復になり、さらに二往復半と進んできた。そして、書くことに抵抗感がなくなり、書いたことやメモした事を発表したり、思ったことを発表することが上手くできるようになってきた。

一方、メモの取り方や話し方のルール(話型)の改善を図ることが重要であると言う課題も見えて
きた。

 こうしたことを踏まえて、3年間で培ってきた「話す・聞く力」やコミュニケーション力」をベースにしながら、今年度から本校特色である「放送学習」を新たにスタートさせることにした。

 そこで、サブテーマとして「放送番組を通して共に考え、話し合い、高め合う授業の創造」と設定し、例えば、理科であれば、観察や実験の前や途中や後などに放送番組を視聴し、高速度撮影した映像やデジタルクリップ映像などを活用し、観察実験の動機付けをしたり、観察実験の確かめをしたりして、児童の理解をより深かめていくことができる。また、道徳などでも、番組を視聴し、番組の提起している主題について共に考えたり、話し合ったりしながら、高め合っていくことができる。

このように教科等で放送番組を取り入れた授業づくりを通して、研究テーマに迫っていきたい。

 

   基礎・基本の学習

  • 朝の時間を利用して、学力のベースとなる読書力を身につけさせる(火・水・木の週3日、10分間読書)。
  • 教科の基礎力育成をめざしてクラブ・委員会の設定されていない月曜日に実施する。 

 

   研究組織




全体研究会
研究推進委員会


□□□□□□□□□□□□□□□□□


 


低学年部
中学年部
高学年部
専科部

  全体研究会     ・・・・・  研修、研究の方向性などの協議、提案授業、実践の交流
  研究推進委員会  ・・・・・  研修、研究の方向性などの協議、原案の検討、部会の提案
  部  会        ・・・・・  理論研究、授業実践・授業方法の検討、教材研究の交流

 

   研究方法

  (1) 研究推進委員会

  • 校長、教頭、教務主任、研究主任、各部会より1名ずつで組織する。
  • 研究に向けての企画、運営を図り、全体研究会や研修会の計画・立案・推進をする。

  (2) 全体研究会

  • 提案授業を通して共通理解を図ったり、各部会ごとの取り組みを情報交換する。
  • 講師を招聘し、研修を深める。
  • 先進校の研究会等に参加し、全体の場に広げ研究の充実を図る。

  (3) 研究授業

  • 全体公開授業・・・各部会より1授業
  • 部会内授業・・・全体公開授業以外の授業