教育目標

 
   [教育目標・めざす子ども像]
 

 
教 育 目 標

『 学び合い、伝え合い、育ち合う、
心豊かなたくましい子どもの育成 』
 


- めざす子ども像 -

○学び合い、伝え合う子ども  《知をみがく》
 ・学びを大切にし、協力しながら課題解決に取り組む

 ・伝え合う力を培い、主体的に判断する力と個性を伸ばす
 ・よく考え進んで学習する子どもの育成と基礎学力の定着を図る
 ・ねばり強く最後までやり遂げる意志力や学習習慣を養う
  
○育ち合う子ども      《生活をただす》
 ・けじめのある生活をする心を育み、規範意識を養う
 ・家庭と連携し、基本的生活習慣の定着を図る
 ・生活のあり方を考える自覚的態度を育成する
 ・主体的に生活を向上させる自律的な実践力を育む

○心豊かな子ども       《心を育てる》
 ・生命尊重・人間尊重の心を養い、助け合う
 ・良さや違いを認め合い「共に生きる」力を育む
 ・心の安定を図り、感動する心、思いやりの心を育てる
 ・伝統や文化を尊重し、我が国や郷土を愛し他国を理解する心を養う


○たくましい子ども     《体をきたえる》
 ・体育科授業などを充実し、基礎体力を伸ばし、強い意志を育てる
 ・食育や保健指導を通して自己の健康や食に関心を持たせる
 ・生活リズムを改善し体力と気力を養い、健康で逞しい児童を育てる
 ・生活面と健康面での問題を解決する力を培う