お知らせ

栽培委員会...春に向けての準備作業

白菊黄菊咲き誇る~ 校歌に歌われ、校章のデザインでもある菊を植える予定です。

今から花壇を耕し、土づくりにも着手していきます。草花に限らず栄養を吸収する「土壌」や「根っこ」は大事ですね。春に向けての準備も今から始まっているのです。

DSC_8775.jpg
DSC_8776.jpg
DSC_8771.jpg

 

 

「オニは外っ」て豆を投げてやっつけるけど、それって自分の心の中にいるオニなんだよ。見えない心を見通すことが大切だよ。つまり、自分が自分と向き合うことなんだよね。節分は、時節の分け目であるとともに、自分自身のけじめや区切りでもあるんだね。

DSC_8788.jpg

DSC_8787.jpg

 

 

コスモス...舌状花と筒状花

コスモスもキク科の植物です。ヒャクニチソウ(下段:たねダンゴで育てたもの)と同じく一輪に舌状花と筒状花が見られます。もう1月下旬ですが、元気よく咲き続けています。

JS81B3.jpg

コスモスの舌状花は、おしべやめしべがなく種をつけません。(不稔性)昆虫を呼び寄せる飾りのようなもので、装飾花と呼ばれています。
JSC9A3.jpg
ヒャクニチソウは舌状花、筒状花とも稔性を持ちますが、内側の筒状花の種は小さく発芽率もよくないです。2種類の花を持つようになったのは、子孫を残すための進化とも推察されますが、詳しいことはわかっていません。短日・低温下では、舌状花の数が減るという報告もあります。

 

 

 

栽培委員会 真冬に咲くコスモス

1月…寒い冬にも関わらず、コスモスが元気に咲き続けています。栽培委員会が毎日心を込めてお世話しています。写真は、剪定をしている場面です。一枝、一葉にも目配りしながら取り組んでいます。
DSC_8663.jpg

 

  

季節の掲示板  獅子舞のように元気に…

獅子舞には、悪魔や疫病を払うという意味があります。獅子の口が大きく開いたり閉じたりたりするのは、災いを飲み込む動作です。安全や健康に気をつけて本年を過ごしたいですね。

 

DSC_8681.jpg

DSC_8680.jpg

 

いよいよ年の瀬 12月です。慌ただしいけど、楽しみも沢山あります。サンタさん プレゼントよろしくね!
DSC_8567.jpg

 

地歴散歩132話tireki132.pdf

地歴散歩131話  tireki131.pdf 

地歴散歩130話 開校当時の様子① お別れ式と新たな出発(上) tireki130.pdf 

 

 

地歴散歩129話 戦前・戦中の元気な子たち tireki129.pdf

尼崎市教育委員会からのお知らせ