お知らせ

臨時休業に関わるお知らせについて

 

 臨時休業に関わるお知らせについて

臨時休業期間中(3/3~3/25)における子どもの受け入れのお知らせrinji1.pdf  
臨時休業中(3/3~3/25)の登校予定表rinji2.pdf
令和元年度卒業証書授与式のご案内rinji3.pdf
学校通信3月号r1-3.pdf
コロナウイルス感染 発生時対応方針についてrinji4.pdf
市立学校園における新型コロナウイルス感染症に関する今後の対応 (3/13時点)rinji5.pdf
 尼崎市立学校における入学式の対応状況等について(お知らせとお願い)rinji6.pdf
春休み以降の尼崎市立学校園の対応について  (3/24)rinji7.pdf
再開判断延期について  (3/31)rinji8.pdf

 

 本日、晴天の下 卒業証書授与式が行われました。ご卒業おめでとうございます。思い出を胸に 新たな道を歩もうとする皆さん。中学校でのますますのご活躍をお祈りいたします。
 20200319_115223.jpg
20200319_115717.jpg
20200319_120327.jpg
2020031944.jpg
202009_105021.jpg20319_105116.jpg
20200319_104928.jpg
 
20200319_104019.jpg20200319_103944.jpg
1584580094702.jpg
1584580435989.jpg
1584580773392.jpg
1584580780217.jpg
20200319_114523.jpg
 20200319_114546.jpg
 20200319_114605.jpg
 20200319_114610.jpg
 20200319_114631.jpg
 

 

 

 

栽培委員会 活動のふり返り

 

     
20200225_145754.jpg20200227_.jpg
今年度1年間の活動をふり返ります。草花の命に触れて、沢山のことを学びました。また、色々と教えて下さった西公園の田上さん、種や資材の提供をしていただいた木下さん、(株)メネデールさん、菊の苗を提供していただいた農業高校の今村先生、地域に住む斎藤さん、世話のフォローをしていただいた校務員さん等に感謝の手紙を書きました。写真右は「奇跡のコスモス(二代目)」です。秋から寒さ厳しい冬を越して7月の初めまで秋・冬・春・夏にわたって咲き続けることでしょう。(通常、コスモスは冬越ししません)

 

 

 

刈り込みと冬至芽 栽培委員会

 花が咲き終わると、菊は枯れ始めます。しかし、枯れた株の周辺から芽が続々と出てきます。これは、地下茎の新芽です。この芽を冬至芽(とうじめ)と呼び、植え替え、株分けに使うこともあります。枯れた親株は、根元から刈り込んで、冬至芽に日が当たるようにします。

20200206_075525.jpg
次々と冬至芽が出てきました。
20200203_145726.jpg
ノジギク 親株の刈り込み作業と種取りをします。春には新芽も伸びて、すくすく育つことを願います。

 

地歴散歩第139話 tireki139.pdf

地歴散歩第138話 tireki138.pdf

ヒャクニチソウ 最後の一花

夏盛んに咲いたヒャクニチソウの花々ですが、真冬の寒さに徐々に枯れつつあります。ヒャクニチソウの名前は、100日花が咲き続けることに由来しますが、実際には150日ほども咲きました。咲いた花は、切り花にして校内や児童ホーム、子どもクラブ、園田庁舎(社会福祉協議会園田支部)などに飾っていただきました。写真の通り、下枯れした様子は少し見苦しくもあります。学校の美観に関わっては、抜いたほうがいいのかもしれませんが、懸命に力を振り絞って咲き続けようとするヒャクニチソウには、最後の一花まで咲かせてあげたいです。

20191225_100655.jpg
ご覧のようにかなり下枯れしています。
 20191225_131251.jpg
枯れた葉や枝を剪定して、すっきりしました。

 

栽培委員会 秋冬に向けて

 栽培委員会では、ビオラの種まきとノジギクの苗の追加をしました。

20190902_142906.jpg
ビオラの種まきをしました。苗床のケースに3本の溝を刻んで、種をまきます。
20190902_144613.jpg
ノジギクの補植をしました。苗と苗の隙間に新たに苗を補充します。追加の苗は、西公園さんに育苗を委託して分です。種から育てた苗です。
20190902_145039.jpg
秋・冬に花を咲かせてくれることを祈ります。
   

 

 

親子DE防災体験(地域学校協働活動)

        

 親子DE防災体験(地域学校協働活動)約50名の参加があり盛況のうち無事終了しました。

今回の活動は防災体験 ①お話「災害と防災の歴史」約90枚の写真展示を見ながら、地域の長老さんに約半世紀前の水害の様子を体験を交えて語っていただきました。写真をもとにみんなで水害地図を作りました。また、尼ロックの役割と都市型水害についてビデオで学びました。②非常食 カップ麺を水で戻して食べ比べをしました。どれも案外美味しかったです。③三角巾の使い方を体験を通して学びました。④バケツリレーに挑戦!子どもから大人までみんなで協力! チームワークばっちりでした。

災害対策課や消防署の職員さん、地域研究史料館の西村さん、地域の長老さんなど様々な方々のご協力ありがとうございました。

DSC01934.jpg
20190803_103905.jpg
20190803_103528.jpg
20190803_103210.jpg
20190803_104224.jpg
20190803_110847.jpg
20190803_120737.jpg
20190803_120853.jpg 20190803_120632.jpg
20190803_131412.jpg
 DSC02026.jpg
DSC02032.jpg
DSC02045.jpg

 

 

 

菊の切り戻しをしました

         

 ノジギクとシマカンギクの切り戻し作業を行いました。
JS677C.jpg
ノジギク切り戻し作業 高さ20cm位のところで剪定します。茎を切ることで、枝分かれして新たな新茎が四方に伸びていきます。切り戻した後は、追肥をします。
 
JS3400.jpg20190723_092633.jpg

シマカンギクも順調です。間の黒い網箱には挿し芽をしています。挿し芽は他の場所に移植しました。

20190723_092438.jpg
苗から育てたノジギクは順調です
 

 20190723_092423.jpg

たねダンゴから育てたノジギクは、ほぼ全滅です。発芽時の水やりが不十分でした。小さい円の菊は、後で種から蒔いて追加したものです。このあと、隙間は上坂部西公園さんに栽培委託してあったものを補充する予定です。
20190730_092403.jpg
フェンス沿いのノジギクは、ボリューム満杯。隙間なく育っています。
 

 

 

 

尼崎市教育委員会からのお知らせ