教育目標

1 学校教育目標

  • 『認め合い、支え合い、高め合い』
  • ~子どもの主体的な取組を重んじ、子どもが生き生きと活動する学校~

2 めざす子ども像:「にこにこ、こつこつ、ぐんぐん」

  • 「お」思いやりに満ちた子
    • 仲間を大切にし、共に伸びようとする子ども → 「にこにこ」
  • 「ぞ」存分に力を発揮する子
    • 何事にも前向きに、自ら高まろうとする子ども → 「こつこつ」
  • 「の」のびのびと活動する子 
    • 個性を尊重し、自他の成長をともに喜ぶ子ども → 「ぐんぐん」

3 めざす教師像:「高い志を持ち続ける教育家」

  1. 子どもの個性や主体性を尊重し、子どもを「認め、導き、支える」教師
  2. 今に満足せず、自らを磨き、より発展的な教育活動を開発・実践する教師
  3. 教職に対する気概を持ち、子どもとともに達成感を味わえる教師

4 学校経営の方針 -経営の基本的構え-

  1. 子ども一人一人の多様な教育的ニーズに応じた教育活動を推進するとともに、子どもが主体的・協働的に学ぶ学習(アクティブラーニング)を通して、学力向上を図る。
  2. 子どもに「未来のありたい自分」を意識させ、「自立と社会参加・共生」を目指した特別支援教育ならびにキャリア教育を推進する。
  3. 子どもの主体性を尊重し、子どもの育ちを最大限に支えることで、子どもに達成感や成功体験を味わわせ、自尊感情や自己有用感を高める。
  4. 学校という異年齢の子どもの「集いの場」である特性を活かし、発達段階に応じた体験・体感を通して、自己指導能力や豊かな社会性を育成する。
  5. 食育等を通して望ましい生活習慣の育成を図るとともに、運動する楽しさや喜びを味わわせ、主体的に健康な体づくりを目指す子どもを育成する。
  6. 教職員の「Network」(情報の共有)、「Footwork」(機動力)、「Teamwork」(協働性)を強化し、学校チームとしての教育実践及び課題解決を図る。
  7. 教育的効果が見込まれる教育活動について積極的創造・計画的実践を展開し、教育目標に即した振り返り(PDCA)を通して、より開発的な改善を図る。
  8. 地域の教育力を効果的に活用するとともに、学校の取組等を積極的に家庭や地域 に情報発信し、地域に開かれ信頼される学校づくりを推進する。

5 具体的な取組

  1. 学力向上に向けて(小園流アクティブラーニングの推進)
    • 読書タイムの実施 … 毎日8:30~8:40
    • 計算タイムの実施 … 毎日13:45~13:55
    • スタディータイム(ST)の実施 … 木曜放課後の学力補充
    • 「生活がんばり表」(生活振り返り)の活用
    • 新学習教員(県費1名)の活用 … 高学年少人数指導・アクティブラーニング指導補助嘱託員及び指導補助員(学生等)の活用
    • 校内研究における講師招聘及び先進校視察
    • その他 … リレー大会、水泳記録会、マラソン大会、縄跳び大会、駅伝大会 等々
  2. 心の教育(道徳性、社会性)の推進について
    • 道徳教育の充実(教科化への対応、学校公開における授業公開)
    • カンガルー学級(兄弟学級・異学年交流)の積極的実施
    • 3つの「あ」(あいさつ、あつまり、あとしまつ)等の学校での基本的習慣の徹底
    • いじめ対応アンケート及び教育相談の実施
  3. 教員の資質向上について
    • 一人一授業公開(指導案作成)
    • スタディ座談会(若者会)
  4. 校種間、関係機関との連携について
    • 小中連携会議 … 合同研修会、教科研究
    • 園田地区生徒指導連絡協議会、小園中学校区健全育成協議会
  5. 安全で開かれた学校づくりの推進について
    • 学校公開(H27年度~土曜日開催)
    • ホームページ、メールの積極的活用(学力テスト、学校評価等)