北中だより H30 2月号

 原版はこちら(PDF形式)→H30_2.pdf


北中だより 2月号

~ あしたの北中から ちいきの北中へ ~



2月  品格教育   「 公共心 」

~ちょっとボランティア~

1995年この地を阪神淡路大震災が襲いました。多くの人が被災地へ支援の手を差し伸べ「ボランティア元年」といわれました。多数の人が共生する空間のあり方や、相手の気持ちを考えることによって優しさの輪が広がり世界的にも日本人の礼儀や利他の精神が大きく評価され感動を生みました。ボランティアに対する興味や関心も高まり、「人の役に立ちたい」という志を持って自らの進路を決定する若者も多く出現しました。

 

しかし一方で、震災現場に到着した一部のボランティアに対して批判の声も上がりました。ボランティアに参加する人にも高い倫理観が要求される良い例だと思います。日々の活動を通して「公共心」について考え、自らの行動の意味を考えてみましょう。

 

頑張っている3年生をみんなで応援しよう

 

 私学入試・公立推薦、特色、特別支援高等部受験。そして3月の公立入試を控え、3年生の先輩方は、自分の進路を切り拓くため、必死に授業に集中して勉強に取り組んでいます。また、分からない問題があると先生方にお願いして補習学習を行っています。そんな先輩方のため1・2年生も真剣に授業に取り組み学校全体で勉強する雰囲気を作り上げ応援しましょう。

 

 

小中自主研修グループによる「ピア・サポート」講演会を開催

 「誰もが通える学校づくり」の一環として、2月1日(木)にピア・サポート研究の第一人者である、立命館大学大学院教職研究科 菱田準子 教授に来校してもらい、大島小学校中根校長先生をはじめ大島小学校、浜田小学校の有志の先生方とピア・サポートについて研修を行いました。児童生徒の人間関係をいかにして築きあげていくかを楽しく、実践を通じて指導してもらいました。

  「ピア・サポートの定義」 教職員の指導・援助のもとに、生徒たちの相互の人間関係を豊かにするための学習の場を各学校の実態に応じて設定し、そこで得た(スキル)をもとに、仲間を思いやり、支える実践活動。 

 

 

第3回校内研究会の開催

2月16日(金)の5・6校時に、東京大学大学院教育学研究科 藤村宣之 教授に来校して頂き、1年生4組「数学」池田先生の授業について研究会を行います。現在本校が実践してきたGLT(協同学習)をより高め、一人ひとりの生徒が、個人で考え基礎の学力をつける時間と集団で考え意見を交流させ他者理解と自己理解を高める時間、そしてもう一度、自己の力を高める応用の時間を確立する授業をめざして研究会を行います。時間の許され得る方はご来校して頂きご助言を頂ければ幸いです。

 

        情報教育講演会の開催について

来る3月14日(水)13時20分~ 大庄北中学校体育館でLINE株式会社より講師をお招きして、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)について講演を行います。昨今の生徒指導の問題の多くがSNSを通じた問題です。児童・生徒が被害者や加害者にならないよう生徒だけでなく保護者や地域の大人の方々に是非参加して頂き、子どもたちの見守って頂ければと考えています。

 

       2月行事予定

 5日(月)全校集会       6日(火)生徒専門委員会
 9日(金)私学事前指導    10日(土)私学入試
14日(水)特色・推薦事前指導 15日(木)特色・推薦入試
16日(金)GLT校内研修会   21日(水)~23日(金)学年末考査
21日(水)特別支援入試    24日(土)特別支援卒業生を送る会
23日(金)小学校訪問(生徒会) 

3月9日(金)卒業式