学校通信

北中だより H30 5月号

 原版はこちら(PDF形式)→H30_5.pdf


北中だより5月号

~ あしたの北中から ちいきの北中へ ~



5月  品格教育   「 自 愛 」

~自分を大切に~

 

自分のやりたいことだけしかしない。嫌なことは後回し、もしくはやらない。確かに「今」は楽しいし、責任から目を背ければそのときは楽になります。

けれど、みんなは大人になる。きっと責任ある仕事をまかせられるようになるはずです。そこで成功すれば信頼を獲得し、ステップアップしていくでしょう。しかし、いい加減な行いは信頼を失い、大切なものがあなたの手からこぼれ落ちていくことでしょう。またある人は家庭を持ち、自分たちの子どもと向き合う日が来るでしょう。正しい行いを伝え、幸せな将来を目指すために大切なことを語らなければなりません。では、「自分を大切にする」ということはいったいどういうことでしょう。

勉強に集中する力強い眼差し、部活動に打ち込む真剣な姿など、中学生の輝く未来を感じる場面にこの大庄北中ではたくさん出会えます。自分自身の将来設計と共に考えてみましょう。

 

 

    ~  「人間力に支えられた学力向上」  ~

      今年度の、重点目標として次の三点を挙げています。

(1)  心と学力を育てる授業(協同的探求学習の確立)

道徳や毎日の授業を通して、学力を高めるだけでなくGLT(協同学習)を取り入れ人間関係づくりに取り組んでいます。また、個人の学力定着につながるように、個別探求学習~集団的探求学習~個別探求学習を取り入れた大庄北中スタンダードでの授業方法に取り組んでいます。

(2)不登校生の減少

生徒会を中心に「みんなが行きたくなる学校」をめざし、欠席が続く生徒に授業内容や宿題などの学校の様子をほかほかカードに記入して家庭に届けるという取り組みを行います。また、コーディネーターの先生やスクールカウンセラーの先生をはじめ生徒支援教諭、学習支援員、アクティブ支援員、自立支援指導員の先生方を配置し、精神面のサポートや学習面のサポート体制を整えています。いつでも心配なときはお声をかけ下さい。

(3)  小中連携

子どもたちのより良い成長のためには、小学校、中学校の9年間を通じて共通の目的を持ち指導にあたることが大切です。そこで、品格教育、ピアサポートを始め、教科指導において連携していく予定です。

 

保護者の皆様へ   

H29年度は、永年の課題であった学力向上に一定の成果を上げ、市内の平均水準まで来ました。学校生活が落ち着き、学習に対する考え方が全体で高まって来ています。今年度も更なる飛躍をめざし、放課後学習を家庭での自習学習に繋げていきたいと思いますのでご家庭でもお声かけをお願い致します。

 

 

~  頑 張 れ 3 年 生  ~

3年生にとって1学期は、慌ただしい学期です。新入生が入学してきて、自分たちが最上級生として何事にも見本を示し、学校行事においては、クラブ紹介・修学旅行・体育大会・市内総体とたて続けに行われます。そんな中で、自分たちの進路を目指し、中間テスト・市内学力調査・期末テストと3つのテストを行います。心身共にとても大変な学期ですが、自分の将来を自らの力で勝ち取るため学習計画を立てて頑張って下さい。

 

           ~   表    彰  ~

男子ソフトテニス部    市民スポーツ祭   団体第3位

女子ソフトテニス部    市民スポーツ祭   団体第3位

学 校 表 彰      日本英語検定    奨 励 賞 

 

 

5 月 行 事 予 定

 

7日(月)全校集会・生徒専門員会    8日(火)尿検査(再)

10日(木)・11日(金)中間テスト  14日(月)内科検診(1年)

15日(火)内科検診(2年)      17日(木)~19日(土)修学旅行(長崎方面)

21日(月)代休(3年)        22日(火)尿検査(再)・耳鼻科健診

23日(水)体育大会練習開始      24日(木)歯科健診(3年)

25日(金)眼科検診          26日()土曜参観(5校時)・育友会総会

 28日(月)代休  
 
 
※6月1日()市内学力調査(3年)     9日()体育大会
 

 

北中だより H30 4月号

  原版はこちら(PDF形式)→H30_4.pdf


北中だより4月号

~ あしたの北中から ちいきの北中へ ~


 

 

新入生168名のみなさん 入学おめでとうございます

 

 <   校    訓   >

「自律」  「協調」  「自愛」

 

 <   学校教育目標   >

 

   「知識を磨き 命を大切にし 規則を守る 北中生」

         

 <   めざす生徒の姿   >

 

1.自ら進んで真剣に授業や家庭学習に取り組む生徒
   「自律」(知識を磨く)

2.他者を認め、命を大切にする生徒
   「協調」(命を大切に)

3.正しい判断をし、行動できる生徒
   「自愛」(規則を守る)

        

<  本年度の重点目標  >

 

       「人間力に支えられた学力向上 」

   1.心と学力を育てる授業の充実

   2.不登校生の減少(品格教育による心の育成)

   3.小中連携 (小学校高学年から中学校への繋がり)

      

       <   達 成 目 標  >

                        

1.校則や風紀を守って生活している。   H29  95%  H30 97%

2.計画を立てて勉強する。    H29   54%  H30 65%

3.目標(めあて・ねらい)が明示された授業  H29 73% H30 85%

 < 大庄北中・浜田小・大島小 共通実践目標  >

「時を守り・場を清め・礼を正す」


退職・転任・着任の職員

退職・転任された先生)        (着任された先生)     

 佐々野俊弥教頭 立花西小へ  田中 かおり教頭  市教委から

小谷 則子先生 退 職    早瀬 亮先生(理科) 南武庫之荘中から 

 國友 厚利先生 立花中へ   西岡 あずさ先生(体育)武庫東中から

 日名子聡子先生 武庫中へ   森岡 伸次先生(特支) 武庫東中から

 盛實 祐希先生 立花中へ   三木 美紀先生(英語) 小園中から

前田 真紀先生 退職     辻本 愛美先生(国語) 新採用

丹羽 拓磨先生 武庫東中へ  陶山 智子先生(英語) 南武庫之荘中から

磯部 玲事務員 大庄中へ   上村 教子先生(特支) 園田東中から

駒井 友一市職員 大成中へ  荒田 眞寿美先生(英語) 神大住吉中から

                芝  陽平先生(数学) 

                吉崎 かよ事務員   武庫東中から

       

               各学年の担任・副担任 

 

1学年

2学年

3学年

 

担任

副担任

担任

副担任

担任

副担任

1組

早瀬

佐藤

久保山

市田

久保

山崎

2組

坂本

三木

西村

中嶋

片山詩

品川

3組

辻本

西前

米原

片山育

吉田

前川

4組

西岡

池田

陶山

田中智

中北

5組

田中大

荒田

 安井

  中嶋

 

 

特別支援

上阪

荒田

上阪

荒田

 上阪

 荒田

特別支援

竹内

陶山

 竹内

 陶山

竹内

 陶山

特別支援

荒木

上村

 荒木

 上村

荒木

上村

特別支援

森岡

佐藤

 

 

 

 

 

教 務  西前        生徒指導 市田  不登校(特支コーディネーター) 佐藤 
児生支援  片山育   新学習 三木・福原・増田  養護教諭  丑田   
スクールカウンセラー 吉田    教育支援 若松    アクティブ支援員  押見   
ALT トランプ           自立支援室指導員 市川    

学年主任  1年生 三木  2年生 中嶋  3年生 田中智 
事務 宮良・吉崎  市職員 井上


         ~   4月行事予定    ~

9日() 始業式・着任式    10日()離任式            11日()入学式

12日()クラブ紹介        16日()全校集会          17日()全国学力調査

25日()~27日() 家庭訪問(大島小校区)


北中だより H30 2月号

 原版はこちら(PDF形式)→H30_2.pdf


北中だより 2月号

~ あしたの北中から ちいきの北中へ ~



2月  品格教育   「 公共心 」

~ちょっとボランティア~

1995年この地を阪神淡路大震災が襲いました。多くの人が被災地へ支援の手を差し伸べ「ボランティア元年」といわれました。多数の人が共生する空間のあり方や、相手の気持ちを考えることによって優しさの輪が広がり世界的にも日本人の礼儀や利他の精神が大きく評価され感動を生みました。ボランティアに対する興味や関心も高まり、「人の役に立ちたい」という志を持って自らの進路を決定する若者も多く出現しました。

 

しかし一方で、震災現場に到着した一部のボランティアに対して批判の声も上がりました。ボランティアに参加する人にも高い倫理観が要求される良い例だと思います。日々の活動を通して「公共心」について考え、自らの行動の意味を考えてみましょう。

 

頑張っている3年生をみんなで応援しよう

 

 私学入試・公立推薦、特色、特別支援高等部受験。そして3月の公立入試を控え、3年生の先輩方は、自分の進路を切り拓くため、必死に授業に集中して勉強に取り組んでいます。また、分からない問題があると先生方にお願いして補習学習を行っています。そんな先輩方のため1・2年生も真剣に授業に取り組み学校全体で勉強する雰囲気を作り上げ応援しましょう。

 

 

小中自主研修グループによる「ピア・サポート」講演会を開催

 「誰もが通える学校づくり」の一環として、2月1日(木)にピア・サポート研究の第一人者である、立命館大学大学院教職研究科 菱田準子 教授に来校してもらい、大島小学校中根校長先生をはじめ大島小学校、浜田小学校の有志の先生方とピア・サポートについて研修を行いました。児童生徒の人間関係をいかにして築きあげていくかを楽しく、実践を通じて指導してもらいました。

  「ピア・サポートの定義」 教職員の指導・援助のもとに、生徒たちの相互の人間関係を豊かにするための学習の場を各学校の実態に応じて設定し、そこで得た(スキル)をもとに、仲間を思いやり、支える実践活動。 

 

 

第3回校内研究会の開催

2月16日(金)の5・6校時に、東京大学大学院教育学研究科 藤村宣之 教授に来校して頂き、1年生4組「数学」池田先生の授業について研究会を行います。現在本校が実践してきたGLT(協同学習)をより高め、一人ひとりの生徒が、個人で考え基礎の学力をつける時間と集団で考え意見を交流させ他者理解と自己理解を高める時間、そしてもう一度、自己の力を高める応用の時間を確立する授業をめざして研究会を行います。時間の許され得る方はご来校して頂きご助言を頂ければ幸いです。

 

        情報教育講演会の開催について

来る3月14日(水)13時20分~ 大庄北中学校体育館でLINE株式会社より講師をお招きして、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)について講演を行います。昨今の生徒指導の問題の多くがSNSを通じた問題です。児童・生徒が被害者や加害者にならないよう生徒だけでなく保護者や地域の大人の方々に是非参加して頂き、子どもたちの見守って頂ければと考えています。

 

       2月行事予定

 5日(月)全校集会       6日(火)生徒専門委員会
 9日(金)私学事前指導    10日(土)私学入試
14日(水)特色・推薦事前指導 15日(木)特色・推薦入試
16日(金)GLT校内研修会   21日(水)~23日(金)学年末考査
21日(水)特別支援入試    24日(土)特別支援卒業生を送る会
23日(金)小学校訪問(生徒会) 

3月9日(金)卒業式

北中だより H29 12月号

 原版はこちら(PDF形式)→H29_12.pdf


北中だより 12月号

~ あしたの北中から ちいきの北中へ ~



12月  品格教育   「 共 生 」

みんなが大人になったころ、この日本で働く外国の人が増えているかもしれません。あなたは職場で協力して仕事に取り組んでいかなければいけません。言葉も習慣も違うその人と、あなたはどのように分かり合い、共に歩んでいきますか?

 あなたが大人になったころ、あなたの生活する場所はこの日本ではないかもしれません。文化も習慣も違うその場所で、あなたはどのように生きていきますか?

 あなたが他の人の気持ちをわかろうとしたとき、今まで考えもしなかった問題に直面するかもしれません。社会、人種、障がい、文化、宗教…どのようにその問題と向き合い、共に歩んでいきますか?中学生の今だからこそ失敗してもそこから学び成長できるのかもしれません。今の社会に目を向け、これからの世界について考える、そんな中学校生活をすごしてみましょう。

 

 

 大きく成長している3年生

北中が現在取り組んでいる「人間力に支えられた学力向上」の取り組みが、確実に成果を上げています。現3年生は入学時の学力は市内平均を下回っていましたが、先月行われた尼崎市学力生活調査の学力調査では、国語が市内平均を上回り、理科・数学は、ほとんど市内平均、社会・英語ではあと2、3問正解すれば市内平均になりました。

また、生活実態調査では、「授業に集中している」・「生徒間で話し合い活動を通じて自分の考えを深めたり、広げたりできている」・「普段2時間以上の家庭学習をしている」・「自分で計画をたてて勉強している」など多くの項目で市内平均を上回っていました。

これも、ただ点数にこだわるのではなく、道徳の時間を中心とした「品格教育」や「SEL」に真剣に取り組み、一人ひとりが自己を見つめ高めてきたからです。3年生は、残り少ない中学生活ですが、最後まで諦めることなく自分の目標に向かって、自分の進む道を切り拓いて下さい。

 

 

 陰山英男先生の講演より

百マス計算や多くの教育著書を出版して有名な陰山英男先生の講演を拝聴しました。その中で、学力を定着させるためには、次のことが大切であると述べられていました。

○ 「今」覚えようと集中して学習に取り組む。

○ 夜は早く寝る。

        ○ 朝食を食べる。 

        ○笑顔のある家庭。

簡単に実行できそうな内容ですね。「信じるものは救われる。」今すぐ実行し、継続して下さい。

 

~ 「トライ・やるウィーク」を終えて  ~

11月26日(月)~12月1日(金)までの1週間、PTA執行部の方々にもお世話になり、地域の42カ所の事業所で活動することができました。働くことの意義や大切さを身をもって学習することができました。年末のお忙しい時期に、受け入れて下さり、ご指導していただいた各事業所のみなさま本当にありがとうございました。

 

大庄北中学校ホームページについて

本校では、生徒たちの教育活動を地域に発信するため、各学年にホームページ担当教員を配置して、多くの情報をできるだけ、タイムリーに発信しています。現在74,700件以上のアクセスを頂いています。検索方法は、大庄北中学校と入力して検索をクリックして頂き、「大庄北中学校 ― 尼崎市教育総合センター ー 」と表示されたところをクリックして頂ければ閲覧できます。

 

 12月の予定 ~

5日(火)講演会(1年生)専門委員会 13日(水)アイマスク・手話点字学習

15日(金)~21日(木)個人懇談  22日(金)大掃除  25日(月)終業式

 

  1月の予定 

  9日(火)始業式   10日(水)課題テスト  17日(水)防災訓練

20日(土)授業参観・新入生説明会       22日(月)振替休日

    26日(金)わくわくオーケストラ(1年)・到達度調査(2年)

 31日(水)百人一首大会(1)

 

北中だより H29 11月号

 原版はこちら(PDF形式)→H29_11.pdf


北中だより 11月号

~ あしたの北中から ちいきの北中へ ~


 

11月 品格教育  「 礼 儀 」

 

・受験を考えて自分の言葉遣いを考えて話すようになったよ。

・部活動で先輩としての行動や言動を考えて生活するようになったよ。

中学校の生活に慣れてきたからこそ、小学生とは違う成長した行動をとったよ。

 

この社会で生きている限り他者との関わりは必要不可欠です。現代社会ではロボットや人工知能の発達により労働の価値観が、くつがえされようとしています。ビジネスや教育の現場でもコミュニケーション能力の重要性が広く認められるようになっています。

 では、その人と人とをつなぐには何が必要なのでしょうか?「礼儀」というこの言葉から「マナー」や「エチケット」などさまざまな言葉に考えをめぐらせ、人と人とが気持ちよくすごすにはどういった工夫が必要か考え、実践してみましょう。

 

~ パティシエ・エス・コヤマ 小山進 氏 講演会開催  ~

 1122日(月) 午後1320分より本校、体育館にて世界的ショコラコンクールで六年連続最高賞受賞、小山ロールを買い求める人たちが絶えない三田市の洋菓子店パティシエ・エス・コヤマのオーナーシェフ小山進さんの講演会を開催致します。

 世界の第一線で活躍される、小山さんの生き方に触れながら、中学生が抱いている夢を達成するための目標設定の仕方について講話して頂きます。

 

~ 「文化の秋」 各種発表会等で北中の力を発揮 ~

○第39回兵庫県中学校総合文化祭 書写部門  特 選  3年生 森上 美乃音

○尼崎市中学校読書感想文発表会    募集作品 5,463点(17校)

特 選     1年生 廣瀨幸喜   「のび太のように」

入 選     2年生 橘麻衣子   「復讐プランナーを読んで」

○全国中学校人権作文コンクール兵庫県尼崎大会  募集作品8,575編

優 秀     林 沙英(1)「つながり」 ・ 枝根ショーン(1)「自分のものさし」

入 選     藤田綺音(3)「人生の寄り道」 ・ 坂 隆希(3)「死を理解すること」

○尼崎市中学校・高等学校 税の作文表彰

尼崎納税貯蓄組合連合会長賞  日下部 麻衣(3) 「消費税増税について」

○青少年健全育成・非行化防止標語

 入 選  「不登校 僕らの力で ゼロになれ」      大本 望結(3)

佳 作  「ひとのかお もじじゃわからん きもちあり」 松田 翔太(3)

    佳 作  「思いやり あなたが始める いじめゼロ」   大﨑 雛 (3)

○社会科研究作品展  優良賞  良原 凜  壁新聞  「企業秘密新聞」

○今北・堂松南地域交流文化祭

人権作文の部

優秀賞 藤田 綺音(3) 「人生の寄り道」

入選賞 中島彩花(1)・廣瀨泰人(1)・中澤琴音(2)・新居愛菜(3)

佳作賞 岡田光結(1)・藤田英雄(1)・川岡春菜(2)・小坂千夏(2)・畠山志乃美(2)

    池田 葵(3)・奥野楓果(3)・森田 空(3)・安井彩菜(3)・山口龍馬(3)

ポスターの部

優秀賞  橋本咲良(3)・小出侑希(2)

入選賞 中村天音(2)・小村 麦(2)・奈良花音(3)

    池田 葵(3)・中島悠花(3)・日置ちな(3)

佳作賞 金 相賢(1)・枝根ショーン(1)・佐々木こと美(1)・田中彩音(1)

幸川瑠華(1)・橘麻衣子(2)・大野三鈴(2)・谷垣月菜(3)・谷山友香(3)

森上美乃音(3)・渡邊涼花(3)・岡田初音(3)・皆尾朱里(3)

日下部麻衣(3)・村里晴音(3)・森田空(3)・川井優(3)

 

11月の予定  ~

6日(月) 全校集会・学力調査(3年) 7日(火)~13日(月)教育相談

7日(火)・8日(水)予備懇談(3年)  9日(水)ブラッシング指導(1年)

15日(水)~17日(金)期末考査  17日(金)クラブチャレンジ

20日(月)講演会「職業人に学ぶ」  27日(月)~12/1日(金)トライやる

 

北中だより H29 10月号

 

原版はこちら(PDF形式)→H29_10.pdf


北中だより 10月号

~ あしたの北中から ちいきの北中へ ~


 

10月 品格教育  「 思いやり 」

 

ペンを借りたとき「ありがとう」を付け加えて返したよ。

・受験勉強やテスト勉強を一緒にして分からない問題を教えてあげたよ。

 

「思いやり」とはいったい何だろう。傷ついているときに優しい言葉をかけられたらみんなは「なんて思いやりのある人だ!」と感じますか?けれどその言葉が思いやりの正体だとは思いません。なぜなら優しさは偽造できるからです。自らが傷つき、悲しみの中にいるときに正面からその悲しみと向き合い、その悲しみを乗り越えることができたときに「本当の優しさ・思いやり」がその人の中に芽生えるのだと思います。みんなは悲しみを乗りこえますか?それとも見て見ぬふりをしますか?

 自らの経験に裏打ちされた本当の思いやりをたくさんの人に広げていきましょう。「情けは人のためならず、○○○…」知っていますか?

 

私学合同説明会開催

 10月11日()13時から、本校多目的室において、私立高校合同説明会を開催します。男女共学校4校・女子校2校の高校先生方に来校してもらい、各高校の特色について説明して頂きます。

 

英検・漢検にチャレンジ

 10月6日()の放課後に英語検定を行います。前回、1月期の英語検定では33名の人がチャレンジしました。今回は2級・準2級~5級までを77名の人がチャレンジします。また、10月10日()の放課後には漢字検定を17名の人がチャレンジします。そして、

11月には数学検定も行いますので、たくさんの人がチャレンジして下さい。

 

学習意欲が向上してきた全国学力学習調査報告H29.4 実施) 

[  前年度より上昇 ]                   H29年度  H28年度   

 平日学校の授業以外で2時間以上勉強している。     40.6%   26.6% 

 将来の夢や目標を持っている。                75.4%      61.7%

 自分には良いところがありますか。             62.4%      56.5% 

 難しいことでも失敗を恐れず挑戦する。           62.6%      57.2%

物事を最後までやり抜いてうれしかった。        90.5%      87.0%  

自分で計画を立てて勉強している。           53.7%      39.6% 

学級みんなでやり遂げて嬉しかったことがありますか。  75.4%      72.8%

学校の規則を守っていますか。             95.6%      93.5% 

友だちとの約束を守っています。               97.8%      91.5% 

授業では生徒間で話し合う活動がよく行われていた。  92.0%      78.6% 

話し合い活動では、相手の内容を理解して自分の考えを伝えていた。65.3%    54.6%

道徳の時間では、自分の考えを深め、グループで話し合う活動に取り組んだ。

                             79.0%     59.8% 

1日どれくらい読書をしていますか。( 30分以上 )  26.8%     18.1%  

地域社会などでボランティア活動に参加した。      66.7%      57.2%

 

[  前年度より下降  ]                   H29年度    H28年度 

家で学校の予習を行う。                22.5%    36.4%

先生はあなたの良いところを認めてくれる。       67.4%    68.8% 

いじめはどんな理由があってもいけないことと思う。   89.1%    91.5%

授業の中で目標(めあて・ねらい)が明示されていた。  75.3%    85.1%

ノートに学習の目標(めあて・ねらい)を書いていた。  61.6%    77.3% 

          

 生活実態調査では、学校生活や学習に対する考え方が良くなってきました。それに伴い、学力面においても、国語Aにおいて全国平均の誤差以内に入り、その他国語B  数学ABに置いても、誤差以内目前になってきました。

この調子で、家庭生活や学校生活をより改善して、自らを高めましょう。

 

                10月の予定  ~

2日(月) 全校集会    4日() 全市教科研 11日() GLT研修

16日(月) 合唱練習開始 19日() 合唱リハ  21日() 市内中総体

23日(月)~30日(金)オープンスクール     25日(水)合唱リハーサル

26日(木)合唱コンクール 27日() 文化発表会  30日(月)進路説明会

 

北中だより H29 9月号

原版はこちら(PDF形式)→H29_9.pdf

 北中だより 9月号
~ あしたの北中から ちいきの北中へ ~

--------------------------------------------------------------------------------

9月 品 格 教 育
敬愛 ~誰もかけがえのない存在である~

 

二学期の目標
・「なぜ」「わかった」「もっとしりたい」と考える授業に取り組む。
・友を思いやれる心を育て行動する。
・地域を大切にした行動をとる。

「自分の力で自分の心に貯金をためよう。」
(心に貯金を貯める方法)
・人に親切にする。
・あいさつをする。
・正しい行動をする。 等

(心の貯金が少ない人を助ける方法)
・話しかけてあげる。
・認めてあげる。
・褒めてあげる。 等
人のことを考え、行動することによって自分が信頼され、認められます。そして、自己肯定感が高まり、自分の心の中に自信と優しさ、そして愛情の貯金がひとつひとつ貯まっていきます。この貯金は自分が苦しくなったときや困ったときに自分を必ず助けてくれます。反対に、悪い行動をする人は心の貯金がどんどん無くなって行き、自分の心がコントロールできなくなります。自分と友達の人生を大切にするためにも、自分の心にどんどん貯金を貯めていきましょう。


 9/11(月)「あーよかったな あなたがいて」
講 師 仲島 正教 氏
3年生を対象に、「心を育てる」講演会を行います。愛情のあるお話を楽しく講演され、会場中がいつも笑顔に包まれます。地域や保護者の方も自由にご参加下さい。

 
平成29年度 尼崎市中学校総合体育大会 水泳競技大会

男女総合 優勝
男子総合 優勝
女子総合 優勝


男子 4×100m メドレーリレー・フリーリレー 第1位・第2位
袖野 椋可・岡本 稜久・宇野 陸・大野 佑太

女子 4×100m メドレーリレー・フリーリレー 第1位
梅村 理沙・板谷 紗葵・大園 珠菜・梶原 咲希

出本 陽巳
男子400m・200m 個人メドレー 第1位・第3位

中村 圭佑
男子 200m バタフライ 第3位

大園 珠菜
女子 100m・200m バタフライ 第2位・第1位


梅村 理沙
女子 200m 背泳ぎ 第3位

大野 佑太
男子 400m 個人メドレー 第2位


袖野 椋可
男子 100m・200m 背泳ぎ 第2位・第1位


宇野 陸
男子 100m・200m バタフライ 第1位


岡本 稜久
男子 100m・200m 背泳ぎ・個メドレー 第1位


板谷 紗葵
女子 200m・400m 個メドレー・自由形 第3位

井筒あずき
女子 200m 自由形 第3位


平成29年度 阪神中学校総合体育大会 水泳競技大会

男子総合 優勝

男子 4×100m メドレーリレー 第1位
袖野 椋可・岡本 稜久・宇野 陸・大野 佑太


男子 4×100m フリーリレー 第2位
岡本 稜久・出本 陽巳・袖野 椋可・大野 佑太


袖野 椋可
男子 100m・200m 背泳ぎ 第3位


宇野 陸
男子 100m・200m バタフライ 第3位


平成29年度 兵庫県中学校総合体育大会 水泳競技大会

男子総合 第3位

男子 4×100m メドレーリレー 第2位
袖野 椋可・岡本 稜久・宇野 陸・大野 佑太


剣道部
阪神総体 個人3位 鮫島 優
青少年大会 男子団体優勝 女子団体3位

吹奏楽部
東阪神大会  銅賞


~ 9月行事予定 ~
 1日(火)課題・実力テスト
11日(月)講演会(3年生)
13日(水)生徒総会
20日・21日(水・木)1年生宿泊学習
28日・29日(木・金)中間テスト

北中だより H29 7月号

 原版はこちら(PDF形式)→H29_7.pdf

 

 北中だより 7月号

~ あしたの北中から ちいきの北中へ ~

 


 

7 月 「 品 格 教 育 」

 

7月  克己  自分の弱さを乗りこえよう
 

 


「勉強は嫌いだ」けれど自分の将来のことを考えてがんばれたよ

自分を変えようとチャレンジしたよ「なりたい自分がいるからね」

部活でしんどい練習をやりきることができたよ「目標があるからね」

 

みんなは、何のために勉強しているのかな?受験のため?それとも将来のため?みんなは家でお父さんお母さんから「勉強しなさい!」「早く片付けなさい!」と言われたとき、どんな気持ちで答えるかな?「ムカつく」、それとも「ありがとう」かな?

授業や部活で達成感や挫折を体験するよね。じゃあ、その体験を通じて、いったいみんなは何を学んでいるんだろう?毎日の授業や提出物で身につくのは学力だけだろうか?部活を最後までやりぬくことで何を得るの?レギュラーじゃなきゃやっている意味なんてないのかな7

日々のさまざまな場面で。サボったり、ムカついているときのみんなの「心」は、どんな状態なんだろう・・・、自分の弱さを乗り越えるとはいったいどういうことなのか一緒に考えよう

 

~ 尼崎南警察署から生活についての注意! ~


 尼崎南警察署生活安全課少年係から中学生の生活についての指導を頂きました。

(1) 補導の対象者にならないように。

(2) 犯罪の加害者にならないように。

(3) 犯罪の被害者にならないように。

 

 

~ 個人懇談始まる(自分を見つめ直し、更なる飛躍を)~

 1学期もあと僅かになりました。11日()より、個人懇談を開催します。4月のはじめに、学校生活や勉強面で目標を立てたことは達成されましたか?達成できなかった人は、何がいけなかったのかを個人講談を通じて反省して、夏休みの生活計画をたてて頑張ってください。

 

~ 1回校内研究会を終えて ~

 授業力向上を目指し、630()5校時、32組の数学の時間に研究発表を行いました。指導には、昨年に引き続き東京大学大学院教授 藤村宣之先生に来校して頂きました。研究会当日は、愛媛県四国中央市・大阪狭山市・朝来市・西宮市を始め尼崎市内の中学校の先生方計25名に参加して頂き、生徒の学習における取り組みについて充実した研究会が行われました。本校で実践する指導方法は多くの方々の支援を得ています。先生方を信頼し、今後も授業に集中して勉学に励んで下さい。 

 

 

~ 大庄北中学校区健全育成協議会を開催 ~

 本校が日頃お世話になっている、小学校の先生・PTAをはじめ地域の保護司さん・補導員さん・民生児童委員さん・民生主任児童委員さんが集まり、地域の子どもたちのことについての話し合いが行われました。

その中で、大庄北中生の態度が年々良くなっていることや、凄く気持ちのいい挨拶が交わされていることにお褒めの言葉をたくさん頂きました。

 

 

~ 自転車安全教室開催 ~

一年生を対象に、尼崎市生活安全課と尼崎市南警察署の協力により、1年生の生徒対象に自転車安全教室を開催しました。尼崎市は平地のため自転車の使用率が高く、それに伴う事故も兵庫県内でトップクラスです。自転車は車両であることを意識して、並列走行がだめなことや、標識を守り安全運転を行いましよう。

 兵庫県では自転車保険に加入することを義務づけています。

 

 

表  彰 (尼崎市中学校総合体育大会  速 報7/1 現在 )

水泳部  男女総合優勝  男子総合優勝  女子総合優勝

剣道部  男子団体  準優勝 個人 第3位 鮫島 優

野球部  ベスト8

男子バレーボール   第5位

女子ソフトテニス   敗者復活

男子ソフトテニス   決勝トーナメント

水泳・体操・柔道・剣道・男子バレーボール  阪神大会出場

 

北中だより H29 6月号

原版はこちら(PDF形式)→H29_6.pdf


北中だより 6月号

~ あしたの北中から ちいきの北中へ ~


 
 月 「品格教育」 自 愛 

― 自分を大切にするとはどういうことだろう ―

「勉強は嫌いだ」けれど自分の将来のことを考えてがんばれたよ

悩みを友だちや先生に打ち明けたよ

自分のやってきた行動や言ってきた言動をふり返ったよ 

分からないことがたくさんあって、本を読んで考えたよ

休みの日に友だちや家族と一緒に過ごしてたくさん笑ったよ 

 

自分のやりたいことだけしかしない。嫌なことは後回し、もしくはやらない。確かに「今」は楽しいよね。けれど、みんなは大人になる。責任ある仕事をまかせられ、好き放題すれば自分のポジションを失い、人が周りから離れ、信頼を失っていく。もしかすると、家庭を持ち自分たちの子どもと向き合う日が来るかもしれない。まさしく自分で考え、選択する日が必ずくるんだよ。では、「自分を大切にする」ということはいったいどうすればいいんだろう…考えてみよう。  

 

 

~ 第57回 体育大会に向けて ~

 6月10回土)午前9時より第57回大庄北中学校体育大会を開催致します。例年に比べ真夏のような日差しの中、生徒たちは、一生懸命に練習に取り組んでいます。特に2・3年生男女は、男子が前半の最後の見せ場で、マスゲームと音楽に乗ったダンスを披露してくれます。また、女子は午後の最後に、35年前に本校で行われた演技「吉野の春」を再現します。そして、1年生も元気いっぱいの行進練習を行い、入学後初めての体育大会に向け頑張っています。

 

         ~ 第9回サンクスコンサートを開催  ~

 地域の方々や保護者の方々のご協力のお陰で、今年度も、第9回サンクスコンサートを5月28日(日)午前10時より本校体育館で開催することができました。今年度の吹奏楽部は、1年生が23名入部し、1年生にとっては1ヶ月の練習でのコンサートとなりましたが、すばらしい演奏とすてきな「恋ダンス」を披露して、会場を盛り上げてくれました。来年もご来校を心よりお持ちしております。

 

~ライントラブルについて~

 近年、中高生がスマートフォンによる犯罪で、被害者や加害者になっています。尼崎市内の小中学校でも生徒指導の原因の多くが、SNSやラインによる誹謗中傷から発生しています。学校でも、講演会を開催したり、掲示物で使用の仕方を指導していますが、各ご家庭でも、スマートフォンの使用ルールについて再度、子どもたちと話し合って頂き、点検をお願いします。

 

             ~  表  彰  ~

剣道部 市民スポーツ祭  男子団体 優 勝  男子個人 第3位  鮫島  優

水泳部 市民スポーツ祭  女子400m自由形  2位  板谷 紗葵      

男子400mMR・FR (袖野・岡本・宇野・大野) 第1位

男子200mFR (生川・上妻・水田・秦) 第2位

出本 陽巳 男子100m平泳ぎ 3位 400m個人M 1位   

袖野 椋可 男子200m背泳ぎ 1位  男子200m個人M 3位 

岡本 稜久 男子50m自由形 3位 男子100m背泳ぎ 1位 200m個人R 1位 

宇野 陸  男子200mバタフライ 3位 男子100mバタフライ 3

 

 

             ~ 6 月 中 行 事 ~

2日() 市内学力調査(3年) 眼科検診(1・2年)  6日() 全校集会 

    7日() 体育大会予行            10日(土) 第57回体育大会 

   12日() 振替休日             14日 ()  体育大会予備日 

   14日()~20日() 教育相談      19日 () 進路説明会(2・3年)

    21日()~23日() 期末考査       23日 () 避難訓練 

   24日() 公立高校説明会(アルカイック)    28日 () 自転車教室(1) 

  29日() 歯科健診(3年)           30日 () 第1回授業研究会

 

北中だより H29 5月号

 原版はこちら(PDF形式)→H29_5.pdf


北中だより 5月号

~ あしたの北中から ちいきの北中へ ~


 ~ 「みんなが行きたくなる学校を目指して」 ~

 今年度本校では、「みんなが行きたくなる学校をめざして」次の三点の研究課題に取り組みます。

 

(1授業の充実(協同的探求学習の確立)

4年前より取り組んでいるGLT(協同学習)をより深めて、個人の学力定着につながる授業が展開できるように、本年度も東京大学大学院の藤村教授にご指導していただき研究に取り組みます。

(2)道徳授業の充実

子どもたちが、自らの判断力と行動力を身に着ける、自己理解と他者理解を深めよりよい人間関係を構築するため、品格教育とSEL(社会性と情動の学習)の学習を取り入れ、毎月のテーマを決めます。そして、月ごとのテーマに対して目標と反省を行い道徳の授業を展開します。

(3)不登校生の減少

学校に登校する力が弱い生徒や力を蓄え中の生徒が、登校できるように以下の専門の先生が校内に配属されています。

SC(スクールカウンセラー)
子どもや保護者の方の悩みなどカウンセリングを行う(金曜日予約制)

SSW(スクールソウシャールワーカー)

福祉的な視点お悩みの保護者の方の相談を行う。(水)

・生徒支援員 生徒の学習面や行動面で手助けを行う。(木・金)

・自立支援室指導員 登校できにくい生徒の援助を行う(火・水・木)

 

          「品 育」

 4月 あいさつ    5月 自  律   6月 自 愛   

 7月 克 己     8月 感 謝   9月 敬 愛  

 10月 思いやり  11月 礼 儀  12月 共 生 

    1月 有 用    2月 公共心   3月 向上心

   


           

品格教育5月  『自律』

~ルールを通して自己と他者を考えよう~

・遅刻せずに登校することができたよ、遅刻を減らすことができたよ

・制服を正しく着こなすことができたよ

・学校に通うとき、帰るとき、道路に広がらず歩くことができたよ

・イライラした気持ちを抑えてその日を過ごすことができたよ

・眠気に負けず授業に取り組むことができたよ

「まあこれぐらいいいか…」、「みんなもしてるから自分もしていいか…」などなど、学校やみんなが生活している社会では、そんな考えになることがたくさんあるんじゃないかな。そんなとき、みんなはどのように選択をするかな?

自分が選択した行動が自分の人生を決めていきます。今日、君はどんな決断をしたかな?目先の楽しさに流されず少し先を想像し、考えて行動しよう。

 

~ 5 月 中 行 事  ~

1日(月)朝礼・耳鼻科検診          2日(火)内科検診(3年)

8日(月)内科検診(2年)      10日(水)~12日(金)修学旅行

16日(火)専門委員会・尿検査(再) 19日(金)もの作り体験(2年)

22日・23日(月・火)中間考査    24日(水)体育大会練習開始

25日(木)歯科検診          26日(金)眼科検診

27日(土)授業参観・育友会総会      29日(月)振り替え休日

 28日(日)サンクスコンサート【本校体育館】・・・・9時30分開場

(地域の方々のたくさんのご来場をお待ちしております)


6月2日(金)市内学力調査(3年)