生徒の活動

花色づく季節

kousyahana.png

 大庄北中学校では、3学年とも今週から本格的に授業が進んでいます。どの授業も最初が肝心なので、良いスタートを切っていきましょう!

 ふと、校舎の外を見てみると、きれいな花がたくさん咲いています。サクラの時期は終わってしまいましたが、ツツジ、ハナミヅキ、チューリップ、ローズマリー、フジなど今が見頃をむかえています。

 咲いている花のように、生徒のみなさんも華やかな学校生活を送りたいですね!

対面式

 今日は対面式が行われました。

300416taimensiki.jpg

2・3年生が、1年生に向けて「ようこそ」の気持ちをこめてメッセージと校歌を贈りました。

そして、サクラの木をかたどった掲示物を各クラスに贈りました。

このサクラには花びらのかたちをしたカードに、中学校生活を安心して過ごせるよう、様々な言葉がちりばめてあります。

 

入学してまだ間もない1年生のみなさん。なれないことも多いと思います。
でも、大丈夫です。 2・3年生の先輩が支えになってくれます。


大庄北中学校を一緒に作り上げましょう。

 

吹奏楽部のみなさん、校歌の演奏ありがとうございました。

 

第58回入学式

30nyu1.JPG

4月11日(水)第58回入学式を行いました。
天候が心配されましたが、何とか午前中は晴れ、無事に
男子81名、女子87名、合わせて168名の新入生を迎えることができました。


30nyu2.JPG

 入学式後は、提出書類を確認したり、担任の先生から『中学校生活の心得』や『こんな人に成長してほしい』などのお話を聴いたりしました。
みんなまだ緊張した様子ですが、しっかりと顔を上げて話を聴いており、「これから頑張ろう」という気持ちが表れていました。

 

30nyu3.JPG

 素晴らしい入学式を執り行うことができたのは、在校生の活躍があってこそです。
前日は、校内の掃除、新入生の教室の飾りつけ、体育館で会場づくりをしてくれました。
当日には、生徒会執行部と各クラスの代表生徒が参加し、朝から新入生のコサージュ付け、校歌の披露、式場の片付けをしてくれました。
大変だったと思いますが、2日とも快く働いてくれ、頼もしい姿に先輩としての自覚を感じました。

 明日からは3学年揃っての生活が始まります。
それぞれの学年が役割を果たして、素晴らしい大庄北中学校をつくっていきましょう。

 

学び続ける1年に

 4月9日、新年度が始まりました。

元気に「おはようございます!」と言う声があちこちから聞こえてきて、嬉しくなりました。

h30class.jpg

どきどきのクラス発表。

 

 

h30sigyo.jpg

その後、着任式がありました。新たに11人の先生が着任されました。
これからよろしくお願い致します。

始業式では、校長先生から新年度のスタートとして、3つの心構えについてお話がありました。

 「学び続ける」 「心を正す」 「学校に来づらい人への心遣い」

新3年生は受験生、新2年生は上級生になります。

新しいスタートの今日から、この3つを意識して頑張りましょう。

 

 

 

4月10日には離任式がありました。

h30rinin.jpg

感謝の気持ちをこめて花束を贈呈させていただきました。

大庄北中をよくするためにご尽力いただきありがとうございました。

 

 

気持ちを新たに、よりよい大庄北中学校を目指し頑張っていきましょう。

 

 

29syuryo.jpg

 平成29年度の修了式を行いました。

 今まで3年生が整列していた場所がぽっかりと空いて、少しさみしい体育館。
その分、ここにいる1,2年生がこれからの大庄北中学校を作っていくのだという実感が沸いてきたと思います。

 市田先生からは、「誰もが安心して安全に生活してくれることを願っている」とお話をいただきました。
その中に、「ゴールに向かって走るとき、どこを向いていますか」と問いかけがありました。
春休みの間に“よそ見”をしてしまっては、まっすぐに将来に向かって行けない・・・ですよね。

あと数日で4月。新たなスタートです。
始業式を先生たちも楽しみにしています。良い春休みを過ごしてください。

保護者の皆様、地域の皆様、本年度も本校の教育活動にご理解とご協力をいただき、ありがとうございました。

3月20日に2年生は球技大会を行いました。

2年生最後の行事。昨年度に引き続きバスケットボールをしました。

kyugi18321.jpg


昨年度よりもさらにみんながパワーアップし、白熱した試合でした。
クラスの想いがこもった応援を受けてゴールを決めたときは、クラス一丸となって喜ぶ姿が見られました。

「いまのシュートすごい!」「ナイスカットー」など、
自分のクラスの応援はもちろんのこと、他のクラスへの応援も。

普段の授業とはまた違った様子をたくさん見ることができました。

 

球技大会を行うために、企画・準備をしてくれた体育委員、当日審判を手伝ってくれたバスケットボール部・部員。

2年生みんなの協力のおかげで、すごくよい球技大会を行うことができました。

 

もうすぐ、3年生です。
春休みに力をつけて、この球技大会のように「心ひとつに」3年生も頑張りましょう。

 

line.jpg

 

 スマホは調べ物ができたり、ゲームができたり、コミュニケーションができたりして、大変便利なものです。しかし、その反面、言葉の誤解によるトラブルや、勝手な写真投稿によるトラブルなど、ルールを守らないと起こりうる問題もたくさんあります。

 そこで1年生は、3月14日(水)にLINE株式会社の中西さんをお招きして、LINEの正しい使い方やトラブルの危険性について、講演をしていただきました。友達との連絡手段として、LINEを使っている生徒は多く、身近なツールについて勉強するよい機会となりました。

 LINEの既読は、安否確認のために付けられた機能であること、コミュニケーションは、言葉・目・耳からするものであり、LINE上で表情の見えない相手と話す場合は、気を付けなければならないことなどを教えていただきました。また、コミュニケーションをキャッチボールと関連させて、投げるときは相手のことを思いやって投げなければならないが、LINEでも思いやりの気持ちを持って使用する必要があることが分かりました。中西さんが提示された、「このような場面ではどのような気持ちになりますか?」という質問や、「どんな言葉を言われたら嫌ですか?」という質問に対して、生徒自身がしっかり考える場面もたくさんあり、インターネットやLINEについて、主体的に学ぶことができました。

 大切な人とのつながりがいつまでも続くように。相手の気持ちや周りの人の気持ちを考えて、正しくスマホが使えるように気を付けていきましょう!

 

kinnjyou.jpg 学ぶとは何だろう?誰でも一度は考えたことがあるテーマについて、1年生は、3学期に全4時間を通して考える授業をしました。その中で、夜間中学校で学ぶ人に注目し、映像を見たり、先生の説明を聞いたりする中で疑問に思ったことを考えました。

 そして、3月7日(水)に尼崎市立成良中学校琴城分校から、教諭の西田先生と生徒の大永さんをお招きして、1年生が授業で考えた質問に答える形式で講演をしていただきました。1年生らしいストレートな質問も快く答えてくださいました。

 大永さんにとって、学ぶことは「生きること」、生きているからこそ学べることがたくさんあるというメッセージを語ってくださいました。だからこそ、学べるときにしっかりと学んで欲しい、今も夜間中学校で学んでおられる大永さんだからこそ表現できる強い気持ちを1年生は聞くことができました。

 今回の授業を通して、学ぶことの大切さや学校は楽しいところなど改めて考える機会となりました。1年生は残りわずかですが、2年生に向けて「今」を大切にして、学校生活をがんばりましょう!

第56回卒業証書授与式

 H29sotsu1.JPG

3月9日、第56回卒業証書授与式を行いました。
一人ずつ、壇上でしっかりとした返事をし、卒業証書を受け取る姿に、3年間の成長がうかがえました。 

 

H29sotsu2.JPG

卒業生による「ひとつの朝」と「証」の合唱では、男子の力強さと女子の美しさが合わさり、素晴らしいハーモニーが体育館中に響き渡りました。

授業
、行事、委員会やクラブ活動などで、いろいろな経験を積み重ねた卒業生の皆さん。
中学校生活3年間で培った力を、それぞれの進む道で発揮してください。
保護者の皆様、ご理解とご協力をたまわり、ありがとうございました。

 

また、立派な卒業式を無事に行うことができたのは、前日に、1・2年生が雨の中で掃除や会場設営などのさまざまな準備をしてくれたおかげです。
来年度は進級し、大庄北中をつくる中心となります。在校生の皆さん、これからも頼りにしています。

hyakuninnissyu.jpg

 

 「あきのたの~」という読み手の声と同時に、一斉に「はい!」という元気な声が体育館中に響き渡りました。

 1月31日(水)午後から1年生は百人一首大会を開催しました。冬休みの宿題で百人一首の書き取りをしたり、国語や学活の時間などで練習をした成果を発揮するときが来ました。大会の会場設営では、体育委員・文化委員・正副委員長・生徒会役員など、たくさんの生徒が協力して取りかかりました。予想していた準備時間よりも早く完了し、すぐに大会に入ることができました。もうすぐ2年生になる1年生の行動力はすばらしい!

 勝負中では、真剣に目を凝らして札を探す姿が見られました。「絶対目の前の札を取る!」という作戦や「自分の好きな句は絶対に取る!」という作戦を各々が考えたりしていました。中には、上の句が読まれた時点で札を取る生徒もおり、ハイレベルの白熱した勝負が繰り広げられていました。札を取ったときは、みんな笑顔で取れた嬉しさが伝わってきました。

 表彰では、クラス対抗部門の優勝は4組、準優勝は2組。個人部門では上位10人の生徒が表彰されました。1位の生徒は1人で55枚もの札を取っていました。ほんとにすごい!

 今回の百人一首大会では、クラスの団結力、学年の一体感を強めることができました。1年生は残り2ヶ月ですが、充実した時間を作りながら、2年生に向けて進んでいきましょう!