学校行事

koubesinnbunn.jpg

 1995年1月17日の5時46分に兵庫県南部を中心にとてつもない大地震が起こりました。阪神地区や神戸市を中心に大きな被害をもたらし、建物の倒壊や火災などで多くの命が失われました。

 23年前のことなので、今の1年生は阪神淡路大震災の実体験がありません。そこで、今月5日(火)に当時の震災時のことを知るためと、命について考えるために神戸新聞阪神総局長の金居光由さんに講演をしていただきました。

 金居さん自身も被災された中、記者という仕事を全うするために震災当日から神戸新聞を発行するために尽力をされました。現場を撮影するときは、人命救助を優先するのか、記録を残すことを優先するのかなど大きな葛藤があったようです。また、避難所生活をされている人々の様子や、遺体安置所となっている学校などの心痛む現場の様子も実際の写真も見せて頂きながらお話を聞きました。

 震災直後は震災の悲惨な現状を伝えることが中心だったようですが、徐々に被災者の方々がまた一から新しい生活を送るために頑張る姿を伝えるようになったということもお話されていました。

 今回の講演で阪神淡路大震災の様子、その中での記者の仕事、命の大切さ、今後発生すると言われている南海トラフ地震のことなど多くのことを学びました。お忙しい中、講演していただいた金居さんありがとうございました。

 命の大切さ、これからも考えていきましょう!

koyama.jpg

尼崎市の「創造力育成事業」の一環で、パティシエの 小山進(こやますすむ)さんをお招きして、お話をききました。

TVや雑誌でも紹介される有名な「小山ロール」の生みの親である小山さんは、宝塚市出身。私たちにとって大変親しみのある話し方で、あっという間の楽しい1時間でした。

お父さんがケーキ職人で、お母さんには「ケーキ屋には絶対なるな」と言われた小山さんが、パティシエの道を選んだきっかけや、
小さい頃からやってみたい仕事はたくさんあったが、それが全て今につながっていることなど
さまざまなお話をしてくださいました。

質問タイムには、小山さんは「“照れ”をなくそう」とも呼びかけてくださいました。「真面目にやるのを恥ずかしいと思ったらだめだよ」という言葉は、まさに中学生にとって大きなの課題の1つを指摘していただいたように思います。

そして、「お菓子作りの基本ってなんですか?」「役立った本はなんですか?」「進路について悩んだことはありますか?」などの質問があがり、答えだけでなくこれからの生き方・考え方のアドバイスもそえて話してくださいました。

最後に、感謝の気持ちを込めて、生徒会から花束を贈りました。
お忙しい中、本当にありがとうございました。

 

~生徒の感想より~

1年生
「自分で自分を決めつけている」という言葉が心に残りました。私はいつも人前で話すときは緊張して頭が真っ白になってしまい、声が小さくなってしまうけど、「大きな声を出せて緊張しない」と思ったらちゃんと発表できるのかなと思いました。

 自分で決めつけたら、できることもできるようにならないから、自分を決めつけないように頑張っていきたいなと思いました。
●小山さんは、「今、目の前にあることをきちんとすれば、今後へとつながっていく」という話をしていたから、僕も目の前にあることにぶつかっていこうと思いました。
 小山さんが、「照れ」はできるだけ早くなくしいた方が言いと言っていた。確かにそうだなと思ったし、チャンスを逃していたかもしれないなと思いました。

2年生
●私は日頃、宿題などを考えずに答えを見ていて、だから頭にも入ってこなくて、テストではとても悪い点です。でも今日、小山さんが「まず考えろ」と言っているのを聞いて、いつまでも答えを写しているのはダメだよなあ~と思いました。少し前、先生に「勉強はまだまだだけど、頭の回転は速い」と言われました。それを母に言うと、「回転が速いなら覚えるのも速いんじゃないの?」と言われ、少し頑張ろうと思いました。これらから、誰かの一言で勇気を持てることがあることを実感しました。

3年生
●小山さんがケーキやお菓子を作っている理由として、自分のためやお金儲けのためではなく、相手を喜ばせるためにとか、相手の気持ちを考えて、お客さんが喜んでいる姿を見ることがやりがいだとしてパティシエをしているところがすごいと思いました。だから小山さんの名前が有名になっていくんだと思いました。
 生徒の質問のときは、質問が聞こえないなら前までつれてきて、質問をちゃんと聞いて、きちんと自分の人生の体験をもとに、真剣に答えていたり、一人ひとりの質問を丁寧に答えていくところも、小山さんの素晴らしい人格なんだなと思いました。その中に、「迷うときは考える」という言葉があったので、自分も迷ったときは立ち止まって考えてみようと思いました。

10月26日に合唱コンクール、10月27日に文化発表会がありました。

bunka2017.jpg 

bunka2017-2.jpg

bunka2017-3.jpg

 

合唱コンクールの様子です。それぞれのクラスがこの日のために、文化委員、指揮者、伴奏者、そしてパートリーダーが中心となり、クラスみんなで練習してきました。クラスだけのハーモニー。
3年生で、残念ながら文化発表会に出られなかった生徒が「こんな悔しい合唱コンクールはじめてや。」と涙している様子が・・・一生懸命取り組んだからこそです。

 
文化発表会では


bunka2017-4.jpgさまざまな展示を見学。「これめっちゃうまい!」「修学旅行新聞さすが3年生やな~。」
など興味をもって観覧していました。力作ぞろいの展示でした。


そしてまちにまった舞台発表

bunka2017-5.jpgbunka2017-6.jpg


文化発表会のスローガン、イロトリドリの文化発表会~青春・赤心・碧空~

をもとに、様々は発表が行われました。

有志のステージや人権作文の朗読、スピーチ、吹奏楽部の演奏。
生徒会劇では、学校の友達の大切さを考えさせられました。
そして、さすがは3年生の合唱は迫力、声質などがとてもすばらしかったです。
盛り上がるときは盛り上がり、真剣に聞くときは聞く。
「ペットボトルはいったで!」「あ、この曲知ってる!」舞台と見ているものが一体となっていました。

エンディングでは、若者たちの歌で会場全体を巻き込み、クラス旗が大きく振られている様子がとても印象的で自分のクラスの旗を見つけ誇らしげな様子でした。

それぞれの発表が個性的で生徒の笑顔が咲くイロトリドリのあたたかい文化発表会でした。


文化発表会も終わり、期末テスト。
気持ちを切り替えて頑張りましょう。

 

shinro3.jpg

2,3年生の生徒と保護者の方を対象とした、「第2回進路説明会」を行いました。

推薦入試、特色選抜の手続きや、私立の専願・併願や出願、面接についてなど、具体的な内容についての話をききました。

また、進路担当の山崎先生からは、受験に向けてたくさんのヒントが・・・。

●未来の自分を見たければ、鏡を見てごらん!(今だらけている人の未来は・・・?)

●3年間で、自分を磨ける高校を選ぼう!(友達が行くから、近いからは、理由としてダメ)

●授業は自分からくらいつく。わかるまでやりきる。

●今日習ったことは今日のうちに復習せよ。

●わかる=かわる

●大変=大きく変わる

●自分に叱咤激励しよう。

●しんどい時は、頼ろう。

●説明会に、「足を運んで・目で見て・感じよう」

これらの言葉をしっかりと胸に留めて、今後の生活や勉強に取り組んでほしいと思います。 

 

文化発表会では、素晴らしい合唱をみんなで作り上げることができました。

次の目標は、2年生は学年の締めくくり・3年生は中学校生活の締めくくりとして、勉強を頑張ること。そして受験に向けての意識を高めていくこと。

文化発表会で得た団結力をいかして、お互いを支えあいながら、前向きに取り組みましょう!

syukuhaku1.jpg

 

 大庄北中1年生は、9月20日(水)~21日(木)の1泊2日で宿泊学習に行きました。場所はハチ高原に行きました。9月に実施する宿泊学習は今年度が初めてで、7月上旬に発足した宿泊学習実行委員の生徒を中心に夏休みの活動も入れて準備してきました。

 1日目は普段よりも少し早い7時20分に登校し、出発式では教頭先生や実行委員長の青山君の話を聞き、スローガンの「友・共・知 ~友達と共に新たな事を知ろう~」が達成できるようにみんなの意識を高めました。バスの中では、レクを行い、実行委員が考えたビンゴ大会や先生のプロフィールゲームなどで盛り上がることができました。ハチ高原に到着してすぐにお弁当を食べ、午後のオリエンテーリングに入りました。広大なハチ高原内を班でまとまって、各ポイントを通過し、山の頂上を目指しました。下山する途中では、雨に打たれてしまった班もありましたが、それでも班で励まし合い、協力しながら下山することができました。山の自然の厳しさや班内で協力することの大切さを学ぶことができました。オリエンテーリングの後は、お風呂に入り、夕食を食べました。夕食は、すき焼きでたくさんご飯をおかわりしている生徒もいました。さすが食べ盛りの中学生ですね。夕食後は、体育館で学年レクをやりました。実行委員が夏休みを使って、ルールなど1から考えて企画してくれました。フラフープ通しや似顔絵作りなどクラス対抗で大いに盛り上がり、笑い声に包まれました。実行委員の生徒たちも盛り上がるか少し不安に思っていたところもあったようですが、学年の「盛り上がろう」という気持ちが一つになり、とても良いレクになりました。1日目はたくさん活動があり、就寝ではみんな時間を守り、寝息を立てて眠りにつきました。

 syukuhaku2.jpg

 

 2日目は6時半起床でしたが、みんなきっちり時間通りに起きることができました。各部屋から元気に「おはよう!」という声も聞こえてきました。朝の清々しい高原内で、みんなでラジオ体操をして、朝食を食べました。夕食に引き続き、たくさんご飯をおかわりしている生徒もいました。部屋の片付けでは、美化係の生徒を中心に「来たときよりも美しくする」を心がけました。2日目のメインとなる体験は、飯ごう炊さんでカレー作りです。班内で「火おこし係」、「米係」、「カレー係」に分かれておいしいカレーライスを作りました。ほとんどの生徒が野外で料理をすることは初めてでしたが、スタッフの方の説明を一生懸命聞き、失敗しないように協力して作ることができました。洗い物では、鍋についたススを頑張って擦って落とす生徒の姿が見られ、スタッフの方に褒められた場面もありました。昼食を食べ終わったら、2日間お世話になったホテルの方にお礼を言い、ハチ高原を後にしました。バスの中では、2日間の頑張った疲れもあり、グッスリ眠っている生徒が多かったです。

 今回の宿泊学習では、普段の学校生活では体験できないようなことをたくさん学びました。そして、途中でリタイヤする生徒もなく無事に帰ってこれたことが1番の成果です。2日間寝食を共にすることで、友達の新たな一面や良さを発見できたと思います。みなさんは、友達と共に新たな事を知ることができたでしょうか?それぞれが学んだことを今後の生活に活かしていきましょう。また、実行委員の生徒の頑張り、保護者の方のサポート、バスの運転手さん、ホテルのスタッフさん、写真屋さんなど多くの関わりがあり、この宿泊学習をすることができました。このことに感謝し、つながりを大切にしていきましょう。

 1年生のみなさん、ほんとうにお疲れさまでした!次は合唱コンクール、文化発表会に向けて頑張りましょう!

2学期スタート、始業式!

 08252shigyou.jpg

8月25日(金)2学期始業式を行いました。

例年より早い新学期のスタートでしたが、校長先生からは「集中して話を聞くことができている」とお褒めの言葉をいただきました。

また、8月の品格教育は『感謝』について、「感謝の気持ちを素直に言葉や行動に移してみましょう」というお話もありました。 

文化委員長からは、2学期の大きな行事、文化発表会についての話がありました。
今年のスローガンは
北中生一人ひとりが、いろんな良さを出し合って、みんなで頑張ろうという思いが込められています。
今から楽しみですね。

文化発表会以外にも、2学期には多くの学校行事があります。
生徒総会、1年生の宿泊学習、2年生はトライやるウィーク。3年生はたくさんのテスト・・・

全校生徒が力を合わせて、素晴らしい2学期にしていきましょう!

宿泊学習にむけて

syukuhakujikkouiinn.jpg

 

 1年生は9月20日(水)、21日(木)に宿泊学習に行きます。より充実した宿泊学習が行えるように、7月から宿泊学習実行委員会が立ち上がりました。「みんなを引っぱっていきたい」、「学年の絆が深まるようにしたい」など強い思いをもった生徒が12人集まりました。

 実行委員会では、放課後を使ってスローガン、努力目標、持ち物、しおり作成などを考え、良い宿泊学習になるように進めています。12人全員が部活に入っており、実行委員と両立しながら頑張っています。

 1年生の階の廊下では、スローガンと努力目標が掲示してあります。

スローガンは「友・共・知 ~友達と共に新たな事を知ろう~」

努力目標は、① 自分の行動に責任を持つ

        ② 全員の仲間意識を高める

        ③ 3分前のエーデルワイスで授業準備をする

 宿泊学習では、自然と触れ合う体験や集団生活を通しての仲間とのつながりなど、普段の学校生活とは違う新たな事を学びます。それを実現できるように3つの努力目標を意識して、夏休みや2学期を過ごせるようにしていきましょう。

29syugyo1.jpg

7月20日 1学期の終業式を行いました。

校長先生のお話や、生徒会副会長から1学期の振り返りがありました。

また、今回は総体の表彰が多数ありました。
とても立派な盾とトロフィーが輝いています。
頑張りをたたえて、みんなで拍手をおくりました。
市内大会、阪神大会をみごと突破し、県大会に出場する選手もいます。
次の試合に向けて、練習頑張ってください!

終業式の後は、学級活動です。担任の先生から通知表が手渡され、中を見た瞬間、「やったー!」「うわっ」「よかった~」などなど、それぞれの気持ちがついつい声に・・・・。

 

4月には緊張してスタートしたと思いますが、1学期が終わってみてどうでしたか。
頑張ることができたら、自分に拍手。
できなかったことは反省をし、どのように夏休みの過ごすのかをよく考えて2学期に備えましょう。

始業式には元気な姿でまた会えることを楽しみにしています。

 

29dv.jpg

尼崎市立女性センタートレピエ から講師の方をお招きして、3年生を対象に『デートDV』についての講演をききました。

体の傷は治ったことが見えても、心の傷が治ったかどうかは目に見えないということや、をお話いただきました。

また、保健委員会の男女3組が“とあるカップルの会話”を再現してくれました。
1組目は、女子が男子に「男の子って、普通コーヒーに砂糖入れないんじゃないの、まずそう」と批判。
2組目は、男子が女子に「何で友だちと一緒に帰るの。好きだったら彼氏のことを優先するんじゃないのか」と怒る。

これらを例に、DVとは力の暴力だけではなく、言葉の暴力もあること。
そして、「I(アイ)メッセージ」が大切だということ教わりました。

相手を責める言い方にならないためには、「自分」を主語にして「私は~と思う」ということを伝える必要があるということです。

3組目の再現では、男子が女子に「最近一緒に帰っていないから、さみしいな。話したいこともあるし・・・」と自分の気持ちを表現しながら一緒に帰りたいことを伝えました。
それに対し、「そうだね。じゃあ、明日は一緒に帰ろうよ」と女子が提案し、お互いに納得して会話を終えることができました。

講演が終わり、教室で感想を書きました。みんな真剣な表情です。

今日感じたことを忘れずに、お互いを尊重する付き合いをしてほしいと思います。

 

~生徒の感想~

●デートDVを5人に1人も経験しているときいて、すごく多いと思いました。僕は付き合ったことが無いけれど、今日の話を聴いていたら、対策しだいでこれから10人に1人、20人に1人と減っていくんじゃないかと思いました。(男子)

●誰でも好きな人にはいちばんに思ってほしいと思うけど、その方法を間違ったらダメだとわかった。自分の嫌なことを相手に伝えるもの大切だけど、相手が自分の気持ちを言える環境を用意してあげるのも恋人としての義務なんだと思った。友だちがそういうことで困っていたら、助けてあげられる人になりたいと思う。(女子)

●今日の講演会を聴いて、DVの怖さをよく知ることができた。私は今までDVがどんなものか知らなくて、女の人が男の人に殴られるものなのかなと思っていた。でもそれは一つの例であって、女の人が男の人を殴ることもあるし、性的なものや暴言、精神的に追い詰められたりするのもDVなのだと知って、とても驚いた。劇では、会話の中身が中学生でもありそうで、決して他人事ではないなと思った。今付き合っている人たちだけでなく、私たち中学生全員がDVの存在をしっかりと知って、これからの自分自身や友だちに、もしもこういうDVに巻き込まれてしまう時があれば、相談したり相談に乗ったりしないといけないと思う。(女子)

 

jitennsya.jpg

 6月28日(水)に1年生対象の自転車教室がありました。尼崎南警察署 生活安全課から講師の方が来られ、自転車の交通ルールや尼崎の交通事情についての説明を聞きました。尼崎は自転車普及率が高い街で、みんなにとって身近で便利な乗り物ですが、その分ルールやマナーをしっかり守って乗らなければならないことが分かりました。

 講演の途中では、自転車の交通ルールに関係するテストがあり、生徒達は興味関心をもって取り組んでいました。「そうなんや」、「始めて知った」という声も聞こえてきて、良い勉強になったと思います。また、ビデオも見て、自転車は加害者にも被害者にもなること、交通事故の恐ろしさも知ることができました。

 1年生のみなさん、クラブの大会・練習試合や遊びで自転車を使用するときは安全に配慮した乗り方をするようにしましょう!